Parisの花々にうっとり・・・

パリのアパルトマンに到着すると
必ず近くのお洒落な花屋で花を買うことにしています。
c0177332_22143411.jpg


パリの花屋には必ず一種類の花が束になって売っています。

私が花を選びます。
(例えば今回は赤い符の入った真っ白の芍薬6~7本で18€)
するとフラワーアーティストが添える可愛い小さな花々と
グリーンの枝ものを選びながらブーケを作っていきます。

ブーケが出来上がるまで待っている私は期待に胸が膨らみます。
c0177332_22171090.jpg

すてきにラッピングをして
スニーカーの靴ひものようなリボンに
蜂のオブジェをラッピングペーパーに止めてくれます。
値段は最初の束の値段18€です。
添えた花々やグリーン代金は支払わなくていいのです。

 クリスチャン・トルティエのディスプレイはホワイトとグリーンでまとめられ
 大人のマダムの雰囲気でした。(写真なし)(涙)
c0177332_22183677.jpg

c0177332_22174699.jpg
 au nom de la rose・・・カラフルでマドモアゼルっぽく可愛い。 

c0177332_22191656.jpg
 ラスパイユ通りの花屋はホテルに収める花をダイナミックにアレンジ中。

 



c0177332_22355744.jpg
c0177332_2237013.jpg
フォシーズンズ ジョルジュ・サンクのロビーのフラワーアレンジメントはパリっ子たちに有名です。この日は紫陽花一種類でした。
c0177332_22373047.jpg

中庭の花は息をのむほど華麗な青紫の蘭でした。

 パリの街を散歩中に目にした花屋やホテルの花々は
  華やかで
  清楚で
  ゴージャス やはり美意識が・・・そこかしこにあふれていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2009-07-27 22:45 | Paris にて | Comments(0)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧