大粒の牡蠣

Cooking Salon White LaceのHPです、
よろしければクリックしてください
おしゃれにcooking



牡蠣の季節になると
私のサロンでは
オードブルをはじめ
パスタやメインのレシピに取り入れます。
c0177332_21484376.jpg

我が家用とレッスンで使う牡蠣は
築地市場の場内に店を構える
“樋徳”さんや“て良”さんで三陸産の大粒牡蠣を購入します。

樋徳の人に「お宅はカキフライ屋さんですか?」と
聞かれるほどかなりな量の大粒牡蠣を仕入れるからです。
c0177332_2155134.jpg

・・・で今日
霜月、最初のレッスン日。

“牡蠣と長ネギのリングイネ”を作りました。
テーブルセッティング
c0177332_21494921.jpg

秋色のショコラカラーにさし色の黄色のプレイスマットがが麗しく・・・

 マッシュルームのファルシー
 牡蠣と長ネギのリングイネ
 サーモンのソテー・シチリア風
 基本のスポンジケーキ

 
Commented by shinn-lily at 2010-11-07 22:18
築地市場が近いことがあって、そちらのお住まいになさったのですか?
それとも、そういえば築地市場があったというのですか?
どちらにしても、出来過ぎた環境で、素晴らしいクッキングサロンだと
今日もため息です。
Commented by whitelacenonyo at 2010-11-07 22:53
こちらに住む前から築地に近いことは知っておりました。
築地に近いから住んだのではなく、何しろ環境がいいので・・・

大好きな銀座へも近いし・・・(笑)
Commented by kanafr at 2010-11-08 00:24
美味しいお料理の数々も気になるんですが、実はもっと気になったのが
ナプキンリング。
陶器の洋なしでしょうか?凄くカワイイですね!
Commented by こすもす at 2010-11-08 08:36 x
秋のテーブル素敵ですね。
シックなコーディネートに並ぶ牡蠣や鮭のお料理
本当に美味しそうです。
新鮮なものが手に入るルートを確保してらしゃる素材での
お料理は毎回美味しくて生徒さんもレッスン日が
待ち遠しいことでしょうね。
ほんと!ナフキンリング可愛いです!陶器かな?
Commented by whitelacenonyo at 2010-11-08 12:30
kanafrさま
二つもコメントいただき嬉しいです。
ナフキンリングは陶器でできた洋梨です。

今は日本から撤退したようで残念ですが
アメリカのキッチングッズ、”ウィリアムズ・ソノマ”のものです。このショップのキッチングッズは少し、高価ですが素敵だったので大好きでしたが残念です。
本当にかわいいナフキンリングでしょ。
Commented by whitelacenonyo at 2010-11-08 12:37
こすもすさま
この日のレシピは生徒さんからお褒めの言葉をいただきました。

テーブルコーディーネートは苦心するのですが
嬉しい準備でもあり、楽しんでいます。

料理は素材が一番大切だと信じていますのでやはりこだわってしまいますね。

kanafrさんにもお伝えしましたがナフキンリングは陶器です。
色も形もかわいいので大好きです。

ナフキンリング、コレクションのようにしていますのでいつか
ブログにUPしたいと思っています。
Commented by 40ansparis at 2010-11-09 01:44
ウィリアムズ・ソノマのだったのですね。。。私も以前購入した布物など今も使っています。日本から撤退したんですか??残念~。
↓のしめ鯖も美味しそう~~。(いつもこればっかり言っていますネ)
牡蠣はフランスでも食べられますけれど、やっぱり日本のが、大きくて実が厚くて、美味しい気がします。実家の母は、牡蠣ご飯によくしていました。牡蠣フライも私は大好きなのですが、この炊き込むご飯もかなりおいしくて、大好きな味です。
Commented by whitelacenonyo at 2010-11-10 09:07
40ansparisさま
やはりご存知、ウィリアムズ・ソノマ。
このリングの他に、苺専用のプレートを持っています。

やはり繊細な味覚をお持ちの日本人、ラパンさんです。
牡蠣は日本の奥深い味がすばらしいですよね。
今日、牡蠣ご飯をお昼に炊く予定です。
最近は夕飯にご飯を食べないことにしていますから・・・
だって、スカートのウェストが気になっている
今年の秋ですから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2010-11-07 21:59 | クッキングサロンで | Comments(8)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white