BVLGALIのVIPルーム・・・



30年のおつきあいの友人Y子さんは気さくで若々しくとても素敵な美人です。

ブルガリ銀座タワー4FにVIPルームがあるから行ってみませんか。・・とお誘いを受け
「行くわぁ〜」って何でも好奇心旺盛の私・・・行ってまいりました。
注・・・BVLGARIでの写真は撮影しておりません

銀座へは週2〜3回行っている私ですが
BVLGARI銀座タワーに足を踏み入れたことはありません。
(買う予定はない・・)
「ショップで11時に待ち合わせをしましょう」と約束した私たち。
「では私はビッグダイヤモンドを物色しているわ」なぁんて5分前に到着した私、
あれ??ショーウィンドーをまだ、お掃除している??
c0177332_1517136.jpg

オープンは11時!彼女と大笑い。
店頭で待ち受ける店長に迎えられて・・・
(Y子さんはブルガリの上客!!)
先ず路面のショーウィンドーを飾るゴージャスな首飾りを
「ごらんください、今秋の新作です」と誇らしく説明する店長。
はい、目がくらむ私・・・・

1Fは少し安いものだそうですが、ウ〜〜〜ン私にとっては超高価です。
c0177332_15175681.jpg

エスカレーターで2Fへ
バッグ、ネクタイ、フレグランスなどがお洒落にディスプレイされています。

3FはWhite Laceの生徒たちも訪れるブライダル用のリングが並びます。
シックな店内に目の覚めるようなイタリアンカラーの鮮やかなブルーグリーンのソファー。

土日はこのソファーにカップルが順番待ちでいっぱいになりますって!!

いよいよ、4FのVIPルームへ。
店長は何やらカチっとkeyを使って固く閉じられたドアを開けました。
c0177332_15214025.jpg

中はイタリア〜〜〜な雰囲気。
円柱があちこちに。中央にはデ〜〜〜ンと大きな大理石のテーブルが鎮座ましましています。
なんでもこのテーブルはBVLGARI家の別荘にあった国宝級なのでイタリア政府の許可をもらって日本に運んだそう、、、、
さあ、これからが大変です。
壁にはめ込まれたガラスケースの中には
サファイヤとダイアモンドのネックレス、リング、ブローチが燦然と輝きを放っています。


私たちをVIP用の個室に案内した店長さん
「・・・さま(私のこと)これとこれがお似合いだと思います。付けてみますか?」
『え???私、買いませんよ。というか買えません・・」
c0177332_15222832.jpg

Y子さん、笑いながら「買わなくてもいいわよ。滅多に『付けますか』なんて言ってくれないんだから付けてみれば?」
私はまたまた、好奇心旺盛を発揮して『じゃあ、ちょっと着けてみるわ」
一億4千万円のサファイヤのネックレスを着けて鏡を見たら
「重ーい!あら、似合わなぁ〜い」じゃあ、今度は8〜9千万円のダイヤモンドの長い3連のネックレス
「これも重い!でもしっくりなじむわぁ』なんて勝手なことを言っている私。
すると店長さん「これなどは今日のお洋服にぴったりですよ」と
ブルガリお得意の紀元前のコインをはめ込んだゴールドのネックレスを出してきて着けてくれました。
c0177332_15232394.jpg

シンプルなベージュのセータにタイトスカートの私
140万円也。「あら!安いわ」と言った自分に驚きました。
140万円が安いと思わせる1億4千万円の首飾り。 
これを買って帰ったら夫から即、離婚を言い渡されるでしょう、、からあきらめました。
(夫をあきらめるのではなくネックレスをあきらめて??)
c0177332_18164574.jpg

10Fにのレストランで”やけ酒”ならぬ、
シャンパンを飲みながらランチとおしゃべりを延々と楽しんでそれぞれの家路へ。

あ〜〜〜ブルガリ上客のY子さんの恩恵を蒙った
夢のようなゴージャス気分を味わった
残暑厳しい9月の東京銀座での一日でした。
Commented by morimaman at 2011-09-18 16:37
素敵な宝石をご覧になったのですね。
さしずめ’目の正月!’
私は素敵な宝石を見ることもなく、上野動物園のゴリラを見てまいりました。
当分いいです。。。

私も優雅に0を数えることなく、この指に重いと思うものを
してみたいものです、、、胸でもかまいません、、、
あっ、もちろん腕でも。。。(重い肉はついています。躊躇なく)
Commented by shinn-lily at 2011-09-18 20:12
ああ、よかった
貧乏性の私は、人のことでも
「ちょっと、お待ちくださいませ!」と叫びそうですよ(笑)
いやね、ゼロがたくさんは・・・。
そういうのを購入なさる方にはたくさんお買い上げいただくとして
きっとwhiteさんはそのオーラをたくさんいただいてきたことだろうと・・・。
うーん、わたしたち、ただでは終わりませんもの、
そのオーラ、わたしにも分けてください~^^
Commented by whitelacenonyo at 2011-09-18 20:26
morimamanさま
目の正月!!正月とお盆とが一緒に来た感じでした。

世の中知らない世界の人が存在することをしかと、感じた一日でした。

もちろん女性は宝石に目がありませんが、価格にもよりますよね。
Commented by whitelacenonyo at 2011-09-18 20:31
shinn-lilyさま
あのね、ここは別世界でしたが、別世界に住む人は世の中にいることを知って
この経験をただでは終わらせないわぁと考えましたよ。

さあ、なんでも要求にお応えしましょ。
ご要求にお応えするためにコネクションはつけておきましたから・・・
Commented by kanafr at 2011-09-18 22:38
スゥ~~~ッ!
フフフ、私、whiteさんの記事からこぼれ落ちるゴージャスな空気を思いっきり吸い込まさせていただきました。

1億4千万円のネックレスを買われる方は、140万円はきっと千円位の感覚なんでしょうね。whiteiさんがアラ、お安いって思ったように私も、読ませていただきながら思わず「安い!」って叫んでしまいました。

まったく私にはご縁のない世界ですが、友人に付き合ってカルチェやヴィトンのこういうお部屋に行った事があります。
ゆったりしたソファに座ってコーヒーをいただきながらゆっくり商品を見せていただく..横から見るだけでしたが..どこから見ても買わない人に見える私にも、とても丁寧な応対をしてくださって女性に生まれてよかったわぁって思いました。

こういう所って女性力上がりますよね。
whiteさんの記事カら、ゴージャスオーラが..
くたびれてヨレヨレの私もアップできたような感じがします。
有難うございます。
Commented by whitelacenonyo at 2011-09-18 23:30
Kanafrさま
パリのカルチェやヴィトンのVIPルームはさぞやゴージャスでしょうね。
高価なものを買う人はこのような雰囲気、サービス、もてなし
アフターケアの全ての心地よさを味わえるのはそれらが
価格に含まれていることを承知しているのですよね。
私も、どこからみても買わない部類の人間ですが丁寧な応対でした。

なるほどと深く納得をしたのでした。
本当の意味のブランドのすごさを。。。
Commented by uransuzu at 2011-09-19 16:25
その昔、香港のブルガリ店に夫と訪れた際、夫の強面に何か(こわい人と)勘違いしたのか、VIP扱いしていただきました。
奥の素敵な別室に通され、とても丁重に扱われました。
でも、そんな扱いに慣れていなかった私は、ドキドキして、ろくに商品を見ることもできなかったです。
思わず「一番お安い物でいいの~」とだけ叫んでおりました。
やはり、ブランドをつけるには、自分もそれなりの品格ができてからだわ、と思った次第。
whiteさまは、その品格がありますもの、たとえ買わなくても!
Commented by whitelacenonyo at 2011-09-19 21:27
uransuzuさま
宝石店やブランドはご夫婦で訪れるとやはり特別待遇をしてくれますよね。
ましてやuransuzuさんのようにマダム雰囲気たっぷりだと上客扱いでしょう。
きっとすてきな宝石をお求めになったことでしょう。
羨ましい!!
私、ブルガリの宝石は皆無です。あっカルチェも、
それにデビィアスも、ハリーウインストンも。なぁんにも持っていません。(涙)
Commented by kimanba at 2011-09-20 07:15
ブルガリのVIPルームも、、宝石も、、
whitelacenonyoさんとピッタリ過ぎて何の違和感もないですよ~。。

お会いした事はないのですが
このブログに流れる雰囲気は・・・
結構ふふふ、、な事も仰るwhitelacenonyoさんなのですが
だからこそ!の、、揺るがぬ
内面から滲み出るある雰囲気に満たされ
それが、、、今回の記事のような事柄とピッタリなのでしょうね♪
私も・・whitelacenonyoさんの後ろから
「わぁ、、ステキ」 と覗かせていただきました。

今回の一連の画像・・
ブルガリでの写真は撮影しておりませんとの事ですが
記事にピッタリで、、ステキな背景になっています。。
Commented by whitelacenonyo at 2011-09-20 09:39
kimanbaさま
ブルガリはため息のでる素敵なジュエリーでしたが、
ゴージャスな高価な宝石を付ける人はやはりイタリアンマダムの
彫りが深く少しワイルドでなきゃぁ〜〜と思いましたね。

もちろんシンプルなものはありますが・・買えません(涙)

写真は撮りたいなんて言えない雰囲気でしたので画像は
我が家にあるスタンドの一部分、置き時計を部分的に撮れば
ゴージャスに見えるだろうと苦心しました(汗)
横で夫が「Blogの写真?いろいろ苦心するんだねぇ〜」って
あきれられています。
Commented by akarino32 at 2011-09-20 13:24
こんにちは
すごいゴージャスな1日でしたね。垣間見れただけで楽しくなります。
そのころ私は地下にこもって・・・・苦しんでおりました。(*_*;

この度はご紹介していただきありがとうございました。初日から最終日の最後にも来ていただきました。
皆さん綺麗で素敵な方々、やはりwhitelaceクッキングサロンの香りが伺えました。そして師はそうあるべきを学びました。お世辞ではありませんよ、目の肥えたギャラリーオーナーもそう称えておりましたから。
きっとパーティーは蝶よ花よで盛り上がるのでしょうね。

11月ちょっとプレッシャーですが よろしくお願いいたします。

Commented by mimosahappy at 2011-09-20 15:46
ご無沙汰していました!
きゃーー!!い、いちおくよんせんまんの首飾り!!
どんな感じでしたかぁ~~~!?
でもきっと、ノンノンさんならもしかしたら買って下さるかも~?という
オーラを放っておられたのでは!?
ついつい、140万円、買っちゃいそうになったんじゃないですか?(笑)
Commented by whitelacenonyo at 2011-09-20 21:15
akarino32さま
個展のご成功おめでとうございます。

私のお気に入りブログでリンクしている花ぞ 昔の・・・の
bacchusさんも個展に行かれたそうですから、ブログをごらんになってくださいね。

生徒たちもとても楽しみにしていました。
ね。私の自慢の生徒たちです!!
Commented by whitelacenonyo at 2011-09-20 21:18
mimosahappyさま
すごく高価でサファイアがいっぱいついていました。
そして重かった!!

まさか!買える客とは思われませんでしたが興味シンシンな態度でしたから付けさせてくださったのでしょう。

そう!140万円、安く感じて
うっかり買って変えるところでした(笑)
Commented by yumiyane at 2011-09-20 22:50
高いって思わせたあと、買えそうな値段のものを持ってくる。
ああ、その手で何度買ってはいけないものを買ってしまったことか。
っていっても、私の場合、桁が全然違う話ですけどね。
ところで、2番目の姉が、そのブルガリのコインの金の鎖のついたネックレス持っていました。
何年も前ですがローマで買ったそうです。
そんなお金あったのかなって、whiteさんの記事みて思いました。

こういう空気、吸えるときは吸った方がいいですね。

Commented by whitelacenonyo at 2011-09-20 23:19
yumiyaneさま
ブルガリはコインを素敵に細工するのを一番の得意としているそうですよ。
塩野七生女史のエッセイにも
ミラノで散歩していて近くのブルガリでコレクションしていた
金貨のデザインを頼んだらとてもよいデザインに仕上がって満足した・・と読みました。

お姉さまはきっと素敵なネックレスを見つけられたのですね。
すてきだわぁ!!
Commented by yumaruna238 at 2011-09-21 08:15
^^う~~ん緊張感がたまりません^^。
読んでいてドキドキしました~~^^
1億4千万円のネックレスって~~??
Commented by whitelacenonyo at 2011-09-21 19:58
yumaruna238さま
世の中、私の知らない世界がいっぱいあるということを
この歳でまた発見でした。

高価なネックレスを買う人がいるのですね。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2011-09-18 15:44 | ファッション | Comments(18)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white