胡座をかく、レストラン


今日の記事は書こうか,書くまいか,とても迷った。
ちょっとネガティブな話しである。
c0177332_93959100.jpg

結論は書くことに決定。
(あえてここでレストランンの名は伏せることにした)
これはあくまでも私の感じた私情であるから。
胡座をかく、,という言葉がある。その胡座をかくの話しである。
胡坐をかくの意味は良い評判を得たが故に努力をしないことらしい。

小学校時代楽しく過ごした想い出を共有する友達とそのご主人と4人でお食事。
c0177332_9403771.jpg

場所は銀座。もちろん言わずと知れた?私のテリトリー(ちょっと威張る)
早速予約をいれた、とあるレストラン

コースのサラダの野菜が30種類美しく繊細な姿で
ガラスの皿に並べて出てくると一様に感嘆の声が上がり感動する。
もちろん、料理もデザートも手が込んでおいしい。いえ,美味しかった。(微妙な過去形)

今までいったいどれほどの人をご案内したり紹介したことか、、、
が、ちょっと今回は様子が違った。
予約を入れた電話の応対が???マークが頭の中に散らばった。そこはまぁ許そう。
c0177332_94122100.jpg

エレベーターを下りたらレセプションに顔見知りの女性がいた。、、、、
が、降りたのは専用のフロアーなのに顔もあげなく知らん顔、
彼女と私たちの距離は1メートル。
気配に気がつかないはず無い。しばし待つ私はここでいやな予感、その2。
名前を告げて席に案内されるまでのニコリともしない。
明るいフロアーには空席がチラホラ、、、
(あれ?いつもはマダムや若い女性やビジネスランチの人でいっぱいで賑やかなのに、、、と
またもやいやな予感、その3
空いていているにもかかわらずメニューリストも持ってこない。

まぁ,私たち、久しぶりなので話題はいっぱいあるからいいけどいやな予感、その4
やっとおしぼりがきて、また待たされやっとメニューリストがきて,,,
ワインと料理の注文完了(ホッ)
c0177332_949738.jpg

すると今度は飲み物がこない、この時間ゆう20分019.gif
友人のご主人はきっと喉がカラカラでしょうに、、、
サーブする人たちに,どの人にも笑顔がないのが不思議009.gif
「元気なフロアー担当の女性がいましたが今日はお休みですか?」と聴くと
「退職しましたっ」と切り口上のマメネージャーらしき男性。(ッがはいる返事)022.gif
やはりいいスタッフは見切りをつけてやめていくのね(フム、フム)
いやな予感その5
イエ、ここを選んでしまった失敗を確信、その1。
でもご一緒した小学時代の友達&ご主人さまははるばる別府から上京なもので
「別府にはおしゃれな雰囲気のフレンチはないわぁ〜〜」と屈託なく言ってくれるが
礼儀正しく伊達に歳はとっていない人たち、
微妙な慇懃無礼を感じていたはずだが表さない賢さに救われた私。
c0177332_9522481.jpg


料理も以前に比べて数段、質が落ちていた。確信その2
で,私が何を言いたいか、、、このレストランオープンして数年、多分3〜4年
雑誌に載ったり口コミでとにかく予約が取れなかった
料理も工夫がしてあり美味しかった前菜のブータンノワールは、絶品だった。
評判や予約殺到に胡座をかいたオーナーシェフ。
(友人たちから聴かされたオーナーシェフの傲慢な態度など)
またオーナーがスタッフを大切にしていない状況がが察しられ
私はもう二度と足を運ばない。確信その3

対極なのが
恵比寿のジョエル・ロブション。
料理はもちろん最高と私は思う。それにスタッフたちが仕事を楽しんでいる様子、
来客に対しても大切な時間を心地よく過ごしてもらうために
全員一丸となってサービスに心を込めるあの素晴らしさは
ジョエル・ロブション氏の心が伝わっているのであろう。
c0177332_9421730.jpg

一昨年の20周年パーティーから一年過ぎた、昨年の私の誕生日に予約をしたが
インフルエンザワクチンの影響で風邪気味となりやむを得ず
意を決して当日キャンセルをした007.gif
その時の電話対応、「当日ですからキャンセル料をお支払いします」と言うと
「それはいただきません。どうぞ早くお元気になられてご来店お待ち申し上げます」003.gif

元気になったけれどまだジョエル・ロブションへは行っていない。
6月の夫の誕生日に私の遅れた誕生日と合同で行きましょうと決めている。

White Laceの生徒の一人は3月結婚記念日に
ジョエル・ロブションの予約を入れたと報告があった。
素晴らしい料理とサービスを受けに行きたいから、、、ですって。
きっと満足のいく結婚記念日になることでしょう067.gif
Commented by shinn-lily at 2013-03-07 14:43
うーん、あそこですね。
前に私がお支払いのためにカードを渡したのに、他を向いて受取り「有難うございます」も言わなかったとご報告しましたよね。
なにかがぶれてしまっているのですね。
銀座という戦場で生き残るのは至難の業
常に勉強をし、研ぎ澄まされたお料理とサービスを提供しなければ
取り残される。前なら空き席があるなんて考えられない雰囲気でしたよね。

とここまで書いて、人のことを言っている場合ではないのです。
常に足元をしっかりとみつめなければなりません。
物があまっている状況、レストランも美容院もお店もなにもかも飽和状況、今わたしたちはなにをすべきか、自分を厳しくみつめなければなりません。
本日の記事、良い警告をいただきました。
見出しを見た時、胡座スタイルでいただける韓国料理かと思ってしまいました。呑気にもほどがありますね(汗)
Commented by whitelacenonyo at 2013-03-07 21:11
lilyさん
そうです。あそこです。
lilyさんからも他の人からも、少し耳に入っておりましたが
あれほどまでとは思いませんでした。
空席が物語っておりますね。
スタッフの顔ぶれがすっかり変わっていたのでハ、ハ〜〜ンと納得でした。
やっぱり鋭いlilyさん。こういったことを我が身に置き換えて身を引き締めるなんて普通では出来ませんよ。
如何に仕事を大切にしていらっしゃるかを、いえ、真心を大切にして
いえ、もっと言えばどの分野の仕事でも真摯に取り組むことが大切だとご存知ですから、ピ〜〜〜〜ンときたのですね。(脱帽)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2013-03-07 09:46 | レストラン | Comments(2)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white