小さなレディーに教えることは


kimanbaさんにいただいたコメントに感謝です。
昨日書き忘れていたの(汗)
「小さなレディーのお菓子教室」は
いつものCooking Salon White Laceと同じようにした。
c0177332_2347501.jpg


子供だからと、テーブルクロスも、食器ももちろん心配はあった。
しかし、テーブルマナーを教えるいいチャンス。
テーブルマナーはナイフ,フォークを音を立てないようにと教えるだけではない。

私は小さなレディーたちに
「今日は、あなた達が素敵な大人になるために、
また将来、好きな人と一緒にお食事をするとき
その人から素敵な女性だと思われるようにお菓子作りと一緒に
ここにある食器の扱い方も教えるわね」と言った。
c0177332_23481990.jpg

シルバーのポットは100年以上前に作られたもので
磨いて手入れをして大切に使っていること。
ケーキ皿やティーカップは
これはフランス,これはイギリス,これはオーストリアetc..というと
びっくりした顔で「全部覚えているのですか?」と質問された。
c0177332_2348532.jpg

「そうよ,買った時の想い出があるし,大切に使っているから」
決して高価だからとは言わない。
c0177332_2349432.jpg

「私が気に入って大切に使っているのです」ということをはっきり伝えた。
小さなレディーたちはティーカップを眺め、ポットに目を光らせ、
食後それらを丁寧に重ねて指定の場所に運んだ。

食器類を洗わせるつもりでいたが時間が大幅に過ぎていたので
「今日は洗わなくてもいいわ」
レディーたちが帰ってから
片付いたテーブルクロスを見ると食べこぼしひとつもなく見事だった。
kimanbaさん、ご心配をいただきありがとう♫
Commented by kimanba at 2013-03-30 10:37
何度も名前を出していただいて恐縮しています。
この小さなレディーの料理教室への私の感想は
↓のコメントでもうお話しましたが
今回の記事でどんなお教室の様子だったかが よ~く解りました♪
やっぱり思った通りではありました ニコニコ
子供は大人の心を映す鏡でもありますよね。
whitelacenonyoさんの心意気と想いがしっかり通じて
一人前に扱ってもらえる喜びと誇りを忘れない子供達だったのですね。良かった~。
そして、、、、、
この小さなレディー達はこんな時期に
whitelacenonyoさんというとっても素敵な大人の女性に接する事ができて
彼女達の理想の女性になっていると思いますよ♪
私が幼い頃ホテルのダイニングで出逢った
あの毅然としたご婦人の想い出とオーバーラップしています。シミジミ
Commented by ihoko at 2013-03-30 14:33 x
前にブログに書いた事がありましたが、母は、あなたたちが大きくなってから恥をかかないように、というその言葉と共に、時々、子供には贅沢すぎるレストランや料亭につれて行ってくれました。小学校低学年の私たちをそういう場所につれて行くには、今から思ったら、金銭的な事だけでなく、勇気も要ったんだろうな。と思います。中学に入ってからは、テーブルマナーの授業が、年に4回。課外授業としてありましたけど、そういう席に赴く際の気持ちの在りようを、学んだのは、母がつれて行ってくれた場所からだったように思います。
今回、Whiteさんが、子供だからと引き算で対処されず、本物をさりげなく使われた事で、お嬢さん方の心に刻まれた事柄も違っていると確信できます。自分がそうでしたから・・。
とね。物事を金銭の秤に掛けない事が、レディの条件の一つですから、そこもちゃんとWhiteさんらしく押さえて教えられているのが、素敵。
Commented by whitelacenonyo at 2013-03-30 21:31
kimanbaさま
私こそkimanbaさんに感謝をしています。
レディーのお菓子教室の大切なことをUPしようと思っていましたから。
子供の純真な心を大人が育てなければ社会への貢献が出来たとは言えませんし、それが役目でもありますよね。

そういった意味ではkimanbaさんも受験生と接して方向を導くよいお仕事をしていますよね。拍手です。
社会貢献と言えば大層なことをしなければ、、、と思いますが
日常のちょっとしたことが大切だと思えますが、、、
Commented by whitelacenonyo at 2013-03-30 21:40
ihokoさま
お母さまは本当に素晴らしい人でしたのね。
経験を積んで堂々と振る舞えるように育てるということは
きっと、お母さま自身もお小さい頃からそのように育てられたのでしょう。
ご自分の経験から、それを引き継ぎ伝えることが大人の役目かもしれませんね。

今回の小さなレディーのお菓子教室では私自身も学んだことがたくさんありました。
大勢は連れて行けませんが、二人くらいをイタリアレストランに連れて行っていろいろ教えたい、、と、思っています。

今の世の中,お金ばかりに価値を置く傾向がありますが
そうではないこともしっかり教えるのが大人の役目でしょうね。
Commented by akicosmosA at 2013-04-01 08:58
小さなレディ達はすてきで心に残る経験をwhiteさんで
知ることが出来たのは本当にしあわせなことだと思います。
私も大切な器だからこそいつも使います。高価だからと飾りにしている方もいますが好きだから大切に使いながら楽しみます。私も小さいからという理由は成り立たないと娘とのお茶も
娘の小学生の友達にも大人と同じ様なセッティングしてもてなしていましたので今回の記事でよかったんだわとさらに嬉しい気持ちになりました。
Commented by shinn-lily at 2013-04-01 09:29
こんな素敵な企画、まあ、さすがwhiteさんだとしみじみ。
子どもたちにとっては一生の宝です。
きちんとおとなと同じ待遇を受けて学ぶということに意味があります。
子どもは吸収する力がものすごくあるのに、親がきちんと教育をしなくて
公共の場で不愉快な想いをすることがしばしばあります。
こちらのレディーたちは、わたしはきちんとお勉強をしたのだから、
「マナーを守ります」という勲章を誇らしげに掲げてゆき、
そして本物の素敵なレディーになっていくことでしょう。

でも実のところお疲れになったでしょう。子どものパワーは凄いですものね。
それとも若さをたくさんもらい、益々若返りましたか?

Commented by uransuzu at 2013-04-01 09:36
レッスンの始まる前に、きっちりと「この食器は大切な想い出のものなのよ」と伝えることが大事なポイントの一つですね。
小さなレディたちは、食器というより先生の想い出を大事にしなくては、と緊張することでしょう。
その適度な緊張が、とてもいい経験につながると思います。

私も、先日2歳の孫娘にこれまでのメラニン食器ではなく、陶器を与えました。娘は「割るかもしれない」と心配しておりましたが、「お母さんも使っていたもののよ」と教えると、孫娘は「みんな一緒(大人と同じ)」と嬉しそうに大事に扱っていました。
あ~、うちの孫娘もwhiteレッスンに参加させていただきたいです♪
Commented by whitelacenonyo at 2013-04-01 20:16
akicosmosAさま
コスモスさんのブログを拝見しますといつも素敵な器でティータイムを
たのしんでいらっしゃることをしっかり見させていただいておりますよ。
普段使いにしてこそ愛着の湧くコレクションになりますよね。
嬉しいです、同じ価値観で。
ihokoさんがよい表現をしてくださいました。
>子供だからと,引き算で対処しないで
そうですよね。子供だからと甘く見ないことですね。
Commented by whitelacenonyo at 2013-04-01 20:25
shinn-lilyさま
小さなレディーのおばあちゃまもママも一生の宝だとおっしゃってくださいました。
公共の場で子供を??りつけている親もいますがなぜか理由を説明することもなく??りつけていますよね。きっと子供の心に中ではどうして叱られるんだろうと疑問に感じているのでしょう
叱った後、携帯をしている親を見ると,暗澹たる気持ちになってしまいます。
やっぱり鋭いlilyさん。あの日はなんだか疲れて早めにベッドに入りましたよ(苦笑)
あっ!エネルギーももらったかもですよ。
Commented by whitelacenonyo at 2013-04-01 20:28
uransuzuさま
ちびこちゃんが近くでしたら(もう少し大きくなってね)是非お誘いしたいですわ。
てぶくろおばあちゃま,さすがですね。陶器の食器にチェンジなさったとは。
チビ子ちゃん,もうすぐお姉ちゃまになりますから、意識改革をなさっているのですね。すごい!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2013-03-29 23:57 | クッキングサロンで | Comments(10)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white