丸の内「たまさか」にて日本料理を学ぶ


並木道の新緑が目に染みる丸の内ブリックスクエアの土曜日。
薔薇も咲き乱れ、爽やかな午後を楽しむ人たちの笑顔に木漏れ日が揺れる。
c0177332_8534575.jpg

第一回にあみだくじに外れた生徒たちが待ちこがれていた
Cooking Salon White Lace課外授業「たまさか」において
第2回「和食の真髄を学ぶ」開催した。


White Laceの特別会員のマダムSも
日本料理を学べるということでベルギーの出張を断っての参加である。
c0177332_8562431.jpg

4種類の昆布だしを味わうことから始まる。

数々の学びたいこと
(茄子を色よく煮る、、、 青菜のお浸しのプロ並みの味付け方、etc、、、)
c0177332_8564019.jpg

料理長初めスタッフの皆さん総力で惜しげもなく日本料理の技やコツを
質問攻めにして教えていただいた。
c0177332_901567.jpg

学びの時間から懐石料理を堪能する時には
素材を吟味し、気の遠くなるほど手間をかけて作られた工程を知って
なお感慨深げに味わい、感嘆の声が上がる。

テキスト以外の野菜の飾り切りまで教えていただいた。
c0177332_904588.jpg

甘味の追加レシピを手にして生徒たちは
お腹も心も大満足のうえ、大感激の料理教室でした!!
夕闇迫る丸の内を後にしたのでした。
Commented by chez-nami at 2013-05-27 21:14
ぼんじゅ〜♪
いいですね!whiteさんのサロンでは
フレンチやイタリアンだけでなく本格的日本料理も習えるのですね
繊細な日本のお出汁はやはり「日本」ならでは
プラスしてゆくフレンチやイタリアン
マイナスして行く事を重要視する日本料理
対極でありながら神髄は一緒
羨ましいレッスンです!生徒さんは大喜びですね♡

Commented by uransuzu at 2013-05-27 21:46
大盛況の教室ですね。
皆さん、真剣な様子が写真から伝わってきます。
普通は、一流料理人さんはなかなか手の内を教えないと思うのですが、そこはwhiteさんの魅力と生徒さんたちの熱心さでしょうか^^
教える方も、楽しそうだわ♪
Commented by whitelacenonyo at 2013-05-27 22:19
chez-namiさま
ボンソワ〜
変化にとんだサロン、,,かも知れませんね
日本料理は日本人が毎日食べたい、、特に男性は和食党がおおいでしょ。
やはり勉強する必要もあると思って,懇意にしているお店に無理を承知でお願いしたのですよ。
各国の料理も極めれば奥が深いですよね、、、
Commented by whitelacenonyo at 2013-05-27 22:21
uransuzuさま
鋭い!てぶくろさん。嬉しいです。そうなんですよ
生徒たち真剣でした。
だから料理長はじめスタッフの人たちも一生懸命教えてくださったのですよ。
幸せなことだと感謝しました。
充実の一日でした。
Commented by 白雪姫 at 2013-05-27 23:22 x
まぁまぁ なんと!
whiteさんのお人柄でしょう、素晴らしい懐石料理の
板長さんが 惜しげもなく手の内をご披露くださるなんて!

いつか本帰国になったら この番外授業に参加したく
今から予約したいくらい、でづ、、、。

   ところで前回の発島エクシブにて
   とても開陳できない珍事件が露天風呂にて?
   発生した模様。
   詳しくはお尋ねしませんが
   なんと色々なお顔をお持ちのwhiteさんなのでづね!
Commented by shinn-lily at 2013-05-28 08:30
あそこですね、平日ランチに行ってみたいと願っているのに、なかなか実現できなくて・・・。

whiteさんのお人柄でどんどん広がる人脈で
生徒さんたちも幸せですね。
毎日腕と味を競っている方々の指導を受けられるなんて、そうはありませんよね。
質問ぜめということは学ぶ意欲が強いということ。
また、来年も続いたらいいですね。
Commented by whitelacenonyo at 2013-05-28 09:11
白雪姫さま
懐石料理に出てくる揚げ物の山菜のてんぷら、衣が薄くてサクッ!
本当に美味しかったわ。

?!?!?!?☆・☆・☆
え〜〜どうして露天風呂珍事件をNY在住の白雪姫さんが知っているのぉ?????????
アンテナいっぱい張り巡らしていることはしっておりまづが、、
私の秘密を仕入れているなんて。
油断ならないでづ、、、。(苦笑)ま、いいわ。本当のことだから。
改名して琴姫七変化にしようっ。(琴姫、知ってる?)
Commented by whitelacenonyo at 2013-05-28 09:18
lilyさま
是非、旬彩丼を召し上がってみてね。
松永料理長は、本社へ転勤になっていましたのに
この日はわざわざいらして、陣頭指揮をとってくれましたのよ。

質問攻めはマダムSがダントツでした。
好奇心と学ぶ意欲とチャンスを逃さない姿勢が別の意味で生徒たちや私を刺激してくれたのですよ。
寸暇を惜しんで楽しみながら生きているって素敵でした。
Commented by akicosmosA at 2013-05-28 12:17
たまさかレッスン生徒さんの真剣なお顔と教えているたまさかさんの
料理長はじめスタッフの方の丁寧に楽しげに教えられている様子が
whiteさんのお人柄とあいまってほのぼののなかに充実のいい時間だったことが伝わります。
カウンターで~なかなか行けなくて;;lilyさん*
行ってみませんかあ♪ 旬彩丼★
Commented by whitelacenonyo at 2013-05-28 21:14
akicosmocAさま
こういうことって相乗効果というのでしょね。
教えるほうも教わるほうも真剣でした。

私の役目はWhite Laceのレッスンでは味わえない刺激をあたえて
私のサロンで生徒たちが私のサロンで新たな気持ちでレッスンに励んでもらいたいと思ったのです。
カウンターでのランチ、是非お楽しみくださいね。
Commented by kanafr at 2013-05-29 07:21
日頃からお料理だけでなく、それだけを学んでいらっしゃるんじゃないんだなあ、さすがwhiteさんの生徒さん達だと思いました。
真摯な生徒さんのお気持ちが、プロの方達のお気持ちを動かしたんですね。
いい時間が流れて、きっとレシピ以上の大事なものを学ばれたんだなあと思いました。
その旬彩丼、旬のお野菜が一杯なんだとは分かりますが、どんなお味なんでしょう。
lilyさん、こすもすさん、ぜひレポートしてくださ~い。
Commented by whitelacenonyo at 2013-05-29 09:10
kanafrさま
White Laceの生徒は何事にも興味を持ち、特に料理に関することは
意欲的で「胃袋をつかむ」という私の教えをしっかり守ってくれるのですよ。だから幸せも引き寄せています。

こちらの日本料理屋はスタッフも素材もピカイチだと思っています。
liliさんとこすもすさん、きっとレポートしてくださるでしょう。

あっ、旬彩丼はひとつひとつの丼を作るたびに
目の前でお刺身を切って美しく盛りつけるのですよ。
それも1800円の価格ではじめに小鉢が出て熱々のお吸い物、丁寧に盛られたお漬け物、甘味は3種類から選べる超お勧めランチです。
Commented at 2013-05-29 13:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by whitelacenonyo at 2013-05-29 21:21
鍵コメさま
名前を記してしまってご都合が悪いとは,,,申し訳ありませんでした.
先生もブログをなさっているので深く考えず大丈夫かと、、、

エノテカのワインセレクトはとてもいいと思っています、
高価なワインは我が家では夢の夢。
テイスティングで舐めるように味わっただけですのよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2013-05-27 09:14 | クッキングサロンで | Comments(14)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white