ジョエル・ロブションは完璧だった


ようやくリベンジを果たした!(これをリベンジっていうかしら?)

その相手は?愛して、やまないガストロノミ ジョエル・ロブション
昨年の11月私の誕生日、インフルエンザ予防注射の後遺症で
風邪気味となった私やむなくキャンセルした007.gif   

再予約し、指折り数えて待ちに待った夫の誕生日。
スキップしたいほど、胸おどるジョエル・ロブションへの道
(おおげさねぇ〜)

完璧と言える雰囲気、料理、サービスを提供するジョエル・ロブションは
受けて立つ戦闘態勢を調えて私たちを待っていてくれた。
c0177332_2137449.jpg

一昨年のCooking Salon White Lace20周年パーティーの時と同じ
バカラの豪華シャンデリアといつもの白い花が凛とした美しい姿で
微笑みをたたえていた。

わぁ〜全てのテーブルが埋まっている、、、
アベノミクス効果でしょう?フム,フム。
c0177332_2138283.jpg

「二人で元気でいましょうね。」と乾杯!
毎年恒例のバースデーカードを夫に手渡す(パリで買ったゴールドよ。)
c0177332_2149030.jpg

アミューズから始まったフルコース美しく、おいしく,品良く素晴らしい

気の遠くなる程の手間をかけて作ったであろうなめらかでとろけそうな
コーンスープ、金箔が気分を盛り上げる。

お皿の絵は洗えば消えてしまう一回きりの手書きペインティングだそう。
c0177332_214115.jpg

肉料理に相性が良いと夫には赤ワイン私には白ワインを
c0177332_2213276.jpg

ソムリエからのHappy Birthdayプレゼントされ気分は最高潮に。
c0177332_9263987.jpg

今回のジョエル・ロブションはスポイトがブームのよう。
たった1滴の魚醤をアーモンドの上にたらしたり、
肉料理にはソースの入ったスポイトが添えら実験のようにタラリとかける

どこまで楽しませてくれるのでしょう。
c0177332_21522452.jpg

テーブルアクセサリーもいつもおしゃれ。

ムッシュウ・ロブションは
1年に4回厨房でシェフたちを指導するため来日。

味の点検をして納得のいくまで監視して、また世界に飛び立つと言う。
確実にロブションワールドの味を再現出来る

渡辺エクゼクティブシェフはオリジナリティーをも認められて
全幅の信頼をムッシュウ・ロブションから得ている凄腕だった。
Commented by ihoko at 2013-06-14 01:37 x
このコーンスープ。これだけでいいです。ぜひ味見したい。写真だけでも、なんだか、奥の深さが伝わる感じ・・。

日本料理の椀物と同じく、私、西洋の料理でもスープがね、大事でして・・。メインなど実はどうでもいいタイプなんです。

魚醤をスポイトで、ですか?・・。う~ん。しゃれた演出。こういうのが、いいですねぇ~。
今、特に、私のマイブームが、魚醤(自分で作ったナンプラーなので)特にここに惹かれました。
Commented by uransuzu at 2013-06-14 09:34
極上のひとときでしたね、おめでとうございます♪
スポイト!意表をつかれました、楽しい遊び心ですね~。

六本木ヒルズのラトリエ・ロブションは時々お邪魔しますが、
ぜひ恵比寿にも伺ってみたいです。
whiteさ~ん、私の誕生日は来月です^^
Commented by akicosmosA at 2013-06-14 13:43
ご主人様お誕生日おめでとうございます。
ジュエルロブションはwhite様のサロンのお祝いの時と昨年のお昼にうかがっただけですがあのホスピタリティ忘れません。
すばらしいお料理とスタッフのお気遣い♪
素敵なご夫妻ですものさらにのおもてなしだったのではないでしょうか?
いつまでも輝くご夫婦でいてくださいませ。
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-14 21:31
ihokoさま
コーンのポタージュスープ,今まで食べた中で一番でした。
なめらかさと濃さと温度といい、究極の味でした。
いったいどれほどの手間をかけたのかしら,,と思えるほど。
ロブションは付け合わせのマッシュポテトでも7回漉すというそうですから、コーンスープは如何に、、です。

魚醤を作るのですかぁ〜〜〜すごいですね。
どうぞ小さなスポイトで香ばしく煎ったアーモンドに一滴のせてみて、、
アーモンドを噛むと口の中に魚醤の香りが、、、素敵でした。

夫の肉料理には肉醤か添えられていましたよ。
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-14 21:34
uransuzuさま
ヒルズのラトリエ・ジョエル・ロブションは、カウンターでスタッフたちの動きを見ながら楽しく食べられますよね。
しタッフたちもキビキビ、若々しくって。
大好きな場所です。

来月お誕生日!それでは恵比寿でバッカスさんにごちそうしていただきましょうか、、

Commented by whitelacenonyo at 2013-06-14 21:40
akicosmosさま
ありがとうございます。しかと,夫に伝えますね。

ジョエル・ロブションはいつ行っても変わらぬ、いえ、以前よりも進化しているように思えます。
美味しいけれど対価もかなりですから、度々は行けなくて何かの記念日に大切にとっております。
全てに満足する所はそんなにありませんから、いわば私のとっておきの場所ですね。
Commented by kanafr at 2013-06-15 06:51
>やむなくキャンセルした
繊細な味を堪能される為にも、やはり体調がよくないと美味しさも半減してしまいますね。
せっかくのお祝いですから体調も万全でないと..ですよね。
すっかり体調も良くなられたwhiteさん、ワインも美味しく楽しまれた事でしょう。
モンラッシェは飲んだ事あるんですが(実は、あの独特のは蜂蜜の香りが苦手)ムルソーはまだなんです。アア羨ましい。
ご主人様はシャトーヌフ・デュ・パプですね。ボルドーになさらないところがお洒落だわ。
極上の時間をお二人で分けあう...素敵ですね。
お二人にとっても素晴らしい1年でありますように。
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-15 09:40
kanafrさま
そうなんですよ、せっかくのチャンスと美味しく食べたいがために
万全を期して行きたいと思ったものでキャンセルしました。

kanaさんはワインが詳しいのですね。さすがだわぁ〜♫
私はムルソーの喉を通り越したら少し,苦みが残ってそれが好きでした。
もちろん初めて飲みました。
夫の赤ワインは又深く味わいがあり、牛肉の赤ワインソースとマッチして喜んでいましたらグラスに継ぎ足してくださり,本当に気前のよいサービスでした。
そう、そう、昨年の今日,ちょうど今頃降りしきる雨のシャルル・ドゴール空港に到着した時間です♫
一年経つのは早いですね。
Commented by aix-en-provence at 2013-06-15 11:29
素晴らしい場所での素敵なお二人のお祝いの席、
ものすごく絵になるのだろうなって想像しております。
緻密な行程で仕上げられているお料理はもちろんのこと、
それを引き立てる器の数々にも目を奪われました。

切り絵のゴールドのカード、素敵ですね。
どのようなメッセージを書かれたのでしょうか。
(もちろん秘密ですよね♡♡)
ひばり
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-15 21:17
aix-en-provenceさま
記念日の食事しか行きませんがロブションはそれに値するサービスと料理だろうと思います。

絵にはなりませんが私たち夫婦で平均年齢を上げているのは確実です。
盛りつける皿も毎回異なるおしゃれなものが出されてほしい〜〜!と思ってしまうのですよ。

カードのメッセージ、毎年代わり映えがしませんのよ(苦笑)
Commented by micci at 2013-06-16 00:23 x
素敵なバースデー・ディナーだったのですね~
ご主人さま、お誕生日、おめでとうございます、、、

whiteさまのお誕生日も一緒に祝われたのかしら?
素敵なディナー、、、目にも美しいですね♪
素敵なおふたり、注目のまとだったのでは??

私も、このコーンスープは絶対飲んでみたいです、、、(^-^)
Commented by shinn-lily at 2013-06-16 11:49
ロブションにお招きいただいた日を思い出しながら、記事を見させていただきました。
こうして素敵な場所でお祝いが出来る、なんと素晴らしいことでしょう。
お二人の粋な会話、
今回はどんなお話だったのでしょう?
Commented by ラパン at 2013-06-16 13:38 x
whiteさんご夫婦のようなカップルこそ、このレストランに相応しいのです。
クリスマスイヴに若いカップルでどこも埋め尽くされるような日本のレストラン、、
普段からこんな風に二人の時間を楽しむおふたりは、サービスして
いらした方々にも喜びの時となっていたと思いますよ。
私の元後輩が転職した先がここでして、、もう10年も前の話ですが、、、
舞台裏はそれはそれで、そのサービスのクオリティを保つための
大変さ、ストレスがあり、、、でも本当に素敵な、品のある方をサービスするのはとてもサービスしがいがあって喜びだと彼女は言っていました。

どんどんおふたりでお出かけになって、大人が素敵な日本に少しでも変わるように、おふたりで変えてください〜。
Commented by rico at 2013-06-16 18:36 x
ご主人さまお誕生日おめでとうございます。
ご主人さまとの大事な時間を最高のおもてなしを受けてゆったりと時が過ぎて行ったのではないでしょうか。

ロブションでのお食事はお味はもちろん、接客の素晴らしさが有名ですよね。
私にとってはまだまだ憧れのレストラン!いつかもう少しエレガントな女性になれたら行きたいと思っています。
やっぱりいつか夫婦の大事な日に~!
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-16 21:03
micciさま~~??♫
お久しぶりです。
夫へのお祝い、ありがとうございます。
そしてmicciさんもお誕生日おめでとうございます。
ロブション、ディナーじゃなくてランチでしたのよ。

ゴージャスな雰囲気の中での食事はより一層楽しめて
記念日にはなかなかいいですね。
micciさんのブログをいつも読ませていただいています。

Commented by whitelacenonyo at 2013-06-16 21:10
lilyさま
あれからもう一年半が過ぎましたね。

夫との会話は弾まないため、話題提供のポケットを用意して行ったのですが、わすれて、、、(汗)
ロブションは適度な合間にマネージャーがテーブルにきていろいろ話をしてくれるので、何とか座持ちがしました。
lilyさんも、歌舞伎を楽しんでいらっしゃいますね。
助六、観たいわぁ~
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-16 21:24
ラパンさま
この日のロブションは満席でしたが、やはり若い女性が多かったわ。
それにランチということもあって中年の女性グループ、若いカップルでした。

私たち夫婦の年齢は皆無でしたね。
ヨーロッパのようにカップル社会が成立していないので
高級レストランでも女性だけで
ワイ、ワイ,ガヤ、ガヤ、服装もおしゃれとはほど遠く
運動靴を履いている中年女性が3人、連れ立ってトイレへ行っている姿を見た時、愕然としました。
え、え、私はせっかくおしゃれが出来るチャンスでしたので、デコルテの開いたトップスで
お洒落をしてバルセロナから取り寄せた大振りのイヤリングをしました。

きめ細かいサービスはやはり大変なストレスを感じながら、、
感慨深いお話をありがとうございます。
ホント,もっと日本は変わらなければ、、中△人を笑っていられませんよね。
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-16 21:29
ricoさま
夫へのお祝いをありがとうございます。
ロブションへ1時30分に入って4時15分頃までゆっくり食事ができました。
あら、ricoさんは充分にエレガントですよ。
いっぱいお洒落をしておでかけくださいな。
きっとロブションのスタッフたち、大歓迎してくれることでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2013-06-13 22:18 | レストラン | Comments(18)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white