レッスン料理、いろいろ


6月中旬の料理レッスンをまとめて、、
c0177332_21552016.jpg

あるグループにはイワシを使うレシピ。
築地市場でとびきり新鮮なイワシが手に入った。
c0177332_2153136.jpg

新鮮なフルーツトマトも箱買い。
c0177332_21522153.jpg


オレンジのリゾット
c0177332_2233055.jpg

生徒のひとりが「このリゾットは甘いのですか?」と不安そう、
「甘くは仕上がりませんよ、そのためにパルミジアーノレッジャーノを
たっぷりすりおろしてね。」(チーズの塩味がオレンジとベストマッチ)

別のグループにはフレッシュなバジルで作ったソースを教えたいため
c0177332_21555865.jpg

大切に育てたバジルを収穫。
松の実、ニンニク、EXVオリーブオイル、パルミジアーノレッジャーノを
フードプロセッサーでガァア〜〜。
c0177332_221171.jpg

たちまち濃厚な芳醇な香りのジェノベーゼソースの出来上がり。
ショートパスタのヴェスビオでパスタ・ジェノヴェーゼの出来上がり!
「フレッシュなジェノベーゼ初めてです!」
新鮮な車海老と帆立貝を使って、海の幸のゼリー寄せ
c0177332_21594221.jpg

 「ゼリー寄せが家で出来るなんて!」と、まぁ賑やかなこと。
「そう!Cooking Salon White Laceの料理は奥が深いのよ」(笑)
デザートはさくらんぼのクラフティ
c0177332_22174494.jpg

c0177332_22493516.jpg


そうそう先日空豆が、黄色だったと築地の八百屋山伝さんへ伝えると
「ちょうど端境期だったため、黄色い豆が混ざっていたのでしょう」と
お詫びを言われ、おまけをしてくれました。
やはり信用出来る店だった。
Commented by uransuzu at 2013-06-17 04:37
>Cooking Salon White Laceの料理は奥が深いのよ

ホント、その通りだと思います♪♪
これも、white先生の経験や知識の引き出しがたくさんあって、季節や生徒さんに合わせてメニューを考えられるからでしょう。
バジル、日当たりのよい室内一等地で大切に育てられているんですね。
お腹すいた・・・
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-17 09:36
uransuzuさま
奥が深い・・・ははっきり言って自慢しています(笑)
だから、てぶくろさん、ありがとうございます、感謝です。

仕事ですから苦労があるのは当然ですよね。
レシピの産みの苦しみの折は、夫も、どうしたの?と心配することもあるのですが、、
ない知恵を絞って出来上がったときは狂喜乱舞(大袈裟ねぇ)
したい程です。
お腹空いた? 
早朝コメントですもの。今朝はいっぱい召し上がったかしら?
Commented by 白雪姫 at 2013-06-17 11:52 x
うふん。
どこまでもきっぱりと純白のテーブルセッティング!
テーブルフラワーも白の紫陽花。ピンクからブルー、
パープルまである紫陽花の色。他の色には見向きも
なさらず白をチョイスで。心憎し。

そして
メニュー紹介の文字は 一転
遊び心いっぱいの色がそれぞれに選んである!

色を操る素敵な魔法使いさんでしょうかwhiteさんって!!

Commented by chez-nami at 2013-06-17 21:26
ボンジュ♪
まぁ、whiteさんもレシピは苦労されていらっしゃるのですね
いっぱいレシピをお持ちですから、苦労はないかと思っていました
ワタシはまだ駆け出しなので。。
大さじ1にするか半分にするか、、そんな所から(笑)
柔らかくするかちょっと歯ごたえを残す方がよいか?
本当に試行錯誤です〜〜
ソースはそのときで味が変わってしまうから本当、苦労
できあがったら本当に嬉しくなりますよね
ん、わかります〜〜!
同じソサイエティに立てて嬉しいです
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-17 21:51
白雪姫さま
うふん。気がつきました?
白にこだわり紫陽花までも白!、プレイスマットも白
魔法使いwhiteは馬鹿がつく程、白にこだわり、
周囲から白い目で見られておりまづ、、。(苦笑)
ついでにハックショ〜〜ン。

色文字を使うのは、これ支離滅裂なり、、ネ
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-17 22:03
chez-namiさま
↑の返信コメントから一変。姿勢を正して?

レシピはそのものはたくさん持っていますが
それらを季節毎、グループ毎、はたまた通ってきてくださる年数、
初心者用、に区分けされ、組み合わせに頭を悩ませるのであります。
これは何年経っても同じ苦しみですね。
もちろん試作段階のレシピは何度書き換えるかしら、、、
それでも生徒たちが一口食べておいしい!と言ってくださると苦労も報われ、ニコ、ニコです。
namiさんはパリ仕込みのもうベテランの部類ですから苦労も少ないでしょう。
Commented by 白雪姫 at 2013-06-18 07:16 x
ハック (白)ショ~~~ンて・・・・。

ご存知でしょうか、
こーゆーの世間では”親父ギャグ”と
呼んでいるのでづ、、、よ。

爆笑しました!!!!!!!!!!
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-18 10:43
オヤジギャグ???
なぁるほどねぇ。

で、最近のワタクシ、どうも男性化している傾向があるかもしれないでづ、、、。(汗)
気をつけよぅっと。
Commented by kanafr at 2013-06-20 05:16
最近のフランスは、ずっと肌寒い気候が続くと思ったら、いきなりの真夏日となり、一向に頭と体がついていけない状況ですが、ここに伺うと「初夏」っていう感じがして、お写真拝見するだけでも爽やかな風が吹いてくる感じがします。
オレンジのリゾット...香り、味を想像して生唾を飲み込んでおります。
色鮮やかなゼリー寄せは、ヴィタミンカラ―満載で見ているだけでも元気になれそうですよ~♪

>>最近のワタクシ、どうも男性化している傾向があるかもしれない
まあ、whiteさん、それを言うなら、ますますハンサムウーマンになっているっておっしゃって~
決して決してwhiteさんに限って、オヤジウーマンにはならないと思いますもの。
Commented by whitelacenonyo at 2013-06-20 20:09
kanafrさま
昨年の今頃、私はパリでしたがやはり寒かったし、雨も多かったですね。今年もですかぁ〜〜。
オレンジのリゾットは色も香りも爽やかですよ。是非作ってみてください。

親父ギャグよ。って言われて、そうだ!って納得することもあったりしたものですから、、
私は一生女性であることを捨てたくないので、ちょっとギョッとしたわけで、気を引き締め直して
、女子道をまっしぐらでkanaさんもご一緒にいかがでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2013-06-16 22:18 | クッキングサロンで | Comments(10)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white