私の夏休みの過ごし方 塩豚とハンバーグ


ブログ開設6年目、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

私の夏休み
映画三昧(DVD,劇場公開TV)
読書三昧、加えて遊んでくれる人、多数あり、
銀座をはじめ丸の内、日本橋、南青山、渋谷、恵比寿、新宿に出没。
本心は異国で出没したかった・・・あぁ〜Parisへ!
c0177332_2245225.jpg

その間、もちろんお勉強も怠りません。
えぇ、えぇ、料理にケーキ作りをね。
lilyさんがかなり前に塩豚のレシピを掲載していたので
塊肉を買ってきて挑戦した。
3日間たっぷりの塩をして寝かせ、コトコト煮込むこと1時間。
おぉぅ〜出来上がった。
c0177332_2255090.jpg

豚肉にはフルーツがベストマッチとピオーネを添え
(皮剥きに一手間かけて)
玉葱のドレッシングをつける。まぁ|美味しいこと003.gif
料理は手間を惜しんではいけません。
翌日はピーマンのエスニック炒めを敷いて。
*****
続いて夏バテにはお肉でしょ。
Cooking Salon White Lace特製の贅沢なハンバーグ。
c0177332_2285582.jpg

これは切り落としの牛肉でいいけれど
少し上等を張り込んで丁寧に包丁でミンチ状に切る、
決してフードプロセッサーは使わない。これも手間隙惜しまない。
ハンバーグと言えば卵やパン粉を入れますが
それらは御法度なのがWhite Lace流。

丁寧にやさしく炒めた玉葱を加えるだけのシンプルさ。
仕上げにも秘密があるのさ。
c0177332_221522100.jpg

ハンバーグと言えどもステーキに負けないゴージャスな美味しさに
サロンでレッスンすると生徒たち、
あまりの美味しさに椅子からお尻が浮きます(ウソ、ウソ)

夫はこれを食べるときいつも同じ言葉を発します。
「ステーキもいいけれどこれはまた最高だね・・」
すぐに威張る私。(威張らなきゃいいのにねぇ〜)

あっ、枝豆ごはんも。
c0177332_237414.jpg

Commented by yumiyane at 2013-08-30 00:56
切り落としの牛肉の手作りミンチで作る贅沢ハンバーグ。
是非次回来客の折には提供したく、さっそく練習することにします。

お料理の先生にレシピを提供できるなんて、lilyさんやりましたね。
Commented by ラパン at 2013-08-30 05:45 x
枝豆ご飯〜!ん〜〜!またもやノックアウトされました、、、。

料理に手間を惜しんではいけません、、ハイ。ギク、笑。
分かっているんですけれどもお、、パパッと済ませている私です。
ハンバーグも大好きなんですが、これは贅沢ですね。手間をかけているからこその美味しさ。
混ぜ物の全くないフランスのハンバーグも私は好きですね〜、特に子牛のハンバーグなんてジューシーで。
ただ、パンじゃなくて白いご飯と食べたいですね。
今、寝る前なのですが、美味しいご飯が食べたくなりました、笑。
Commented by kanafr at 2013-08-30 08:16
lilyさんが、この塩豚のレシピをアップされた時、私も紅茶豚に凝っていた時だったので、塩豚にも凄く興味を持ちました。
この牛肉ハンバーグ、肉命の№2の為に作りましたよぉ。
勿論!大喜びでした♪
あの時は、有難うございました。
豆ご飯..ラパンさん同様、私もノックアウトされました。
パンの美味しいフランスですが、やっぱりご飯じゃないと..です。
Commented by shinn-lily at 2013-08-30 08:19
送っていただいたラインの写真では盛り付けの妙まで見えませんでしたが
ここですよ、white先生のセンスが光る部分、
はい、見習わせていただいて、わたしもまた作りたくなりました。

ハンバーグ、あこれですね、牛ひき肉ではこんな風にやったことがありますが、今度はこのやり方で・・・・
でも最後のひとこと
>仕上げにも秘密があるのさ。
この企業秘密、ああ、困った、わたしには解明できそうもありません。
つくってみたいのですが。

今年は、とうもろこしごはんも枝豆ごはんも楽しみました。
夏の味は夏に味合わなくてはね。
Commented by whitelacenonyo at 2013-08-30 10:37
yumiyaneさま
上等の切り落とし牛肉ならステーキの半額以下でできますからね。
是非!
そちらに住んで3ヶ月ですか・・・
車であちこちいいですね。

lilyさんの塩豚、凄いでしょ。
Commented by whitelacenonyo at 2013-08-30 10:42
ラパンさん。
枝豆はParisにはないのでしょうか?
いちいち薄皮を剥くのは根気がいりますけれど
塩味を効かせて、ふっくらと。
あっごめんなさい。また羨ましがらせて、、
子牛のハンバーグ?美味しそうですね。
夜更かしするとお腹がすきますねぇ〜
Commented by whitelacenonyo at 2013-08-30 10:46
kanaさま
lilyさんの塩豚作り立てはなんともいえない美味しさですよ。
3日間待たされた甲斐ありです。

贅沢ハンバーグ、今はNo2くん食事療法中でしょうから
食べられるようになったら又作ってあげてくださいね。
そうです!ハンバーグはやはり熱々ごはんが最高ですよね。
Commented by whitelacenonyo at 2013-08-30 10:53
lilyさま
LINEの写真そのものをクリックすると大きい画面になりますよ。
さて、さてお手数をおかけしましたが(ブログUPの日付)
ありがとうございました。
見事に出来上がり、作り立ての美味しかったこと♫

ハンバーグはきっとお母さまも召し上がれることでしょう。
作り方のコツはしっかり空気を抜くこと。
つなぎの卵もパンもいれていませんから、大切な作業です。
もったいぶった企業秘密? ブログ上だけね。
Commented by uransuzu at 2013-08-30 16:50
夫婦二人の食事になってから、ハンバーグは食卓にあまりのぼらなくなりました。
でも、「これはまた最高だね・・・」と、私も言われた~い^^
ソースに秘密があるのかしら・・・わからない・・・
でも、こんなに上等なお肉のハンバーグなら、あっさり辛子醤油か大根おろしポン酢なんかではダメですか?
(あくまで手抜きしようとする 笑)
Commented by whitelacenonyo at 2013-08-30 20:32
uransuzuさま
我が家も同じよ。ハンバーグはめったに作らないけれど
ゴージャスハンバーグはステーキにする予算がないときに
登場するのです。

ソースに秘密?たいした秘密無しよ(笑)
Commented by juno_y-table at 2013-08-30 22:24
あ~~
このゴージャスハンバーグの記事は
子供達には、見せれない・・・・・

だって、”おかわり!”なんて、言われたら、この時ばかりは
応じれないわ~。

ママン、胃袋まで持って行かれました^^
Commented by whitelacenonyo at 2013-08-30 23:38
Juno-y-tableさま
育ち盛り、食べ盛りの子どもにはちょっと贅沢かもしれませんね。
でも、誕生日にはとてもいいと思いますよ。

ハンバーグはカレーライスと並ぶ人気料理ですものね。
Commented by 白雪姫 at 2013-08-31 00:49 x
塩豚っ!

と驚きましたのは これの焼き豚版が
我が家の定番だからなのでづ・・・。
3日間塩した豚の塊を7ミリ厚
  (1センチでは厚 く5ミリでは薄い)
に切ってじゅうじゅう焦げ目がつく位に
表裏焼くだけでづの。七人の小人達も大喜び。

今度は塩豚1時間ことこと煮るのをやって
みまづ!

特製フランス風ハンバーグもやってみまづ!

きゃーこれって料理教室通信教育でしょうか?
あ、でも秘伝の特製ソースは秘密だったんだクスン。

Commented by akicosmosA at 2013-08-31 09:11
ハンバーグ大好きな夫もこのゴージャスハンバーグにはノックダウンだと思います。婿達ふたりもお肉好きなので手の込んだ(これもゴージャス)ハンバーグ食べさせてあげるようにいたします。

lilyさんの塩豚これもいいですねえ。こちらも作ります。
ありがとうございます♪
Commented by whitelacenonyo at 2013-08-31 09:42
白雪姫さま
塩豚の焼き豚!お〜〜それも美味しそうな。
作ってみようっと決心しました。
肉の厚さに全神経を注ぐのですね。

ゴージャスハンバーグは仕上げの焼きにも秘密があり、ソースにもゴージャス秘密ありなのですよ。
これを怠ると普通のハンバーグにしかなりません。(えっへん)
ただし、カロリーが高いと尻込みしないで、豪快にね。


Commented by whitelacenonyo at 2013-08-31 09:46
コスモスさま
ハ、ハ、ハ、、、昨夜は愉快なスタンプが飛び交いましたね。

是非男性陣にご披露して
”コスモス株”を高騰させてストップ高にしてくださいませ。

歳を重ねたからさっぱりがいいわと言う人がいますが
たまには、ガッツり系のお肉を食べることが元気でいる素ですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2013-08-29 22:22 | 料理 | Comments(16)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white