クラシックレシピをコルドン・ブルーで


一昨日はコルドン・ブルー、デヴューレッスンの日。
レシピはフランス料理クラシックスタイル
「鶏肉のコンフィ・ジャガイモのガトー サルサ風」
c0177332_2146286.jpg

鴨のコンフィが一般的だけれど今日はフランス産の鶏もも肉を使って
一晩マリネした肉をGraisse de canard (鴨の脂)で
80℃の温度で1時間半じっくり煮る、時間のかかる料理だ。
煮ている間にガルニチュール(付け合わせ)を作る。
c0177332_2130535.jpg

ジャガイモも切り方で美味しくなるし、おしゃれになるし、
そこには手間をかける心意気がある。
鴨のコンフィは
Parisや京橋のペリイニヨンで食べて忘れられない味だったから
勉強出来て本当よかった!

ご一緒した人たちは料理を教えている人が数人いた。
中には新潟からコルドン・ブルーのために上京している人もいた。
Commented by shinn-lily at 2013-09-17 21:23
うーん、奥深いお料理
見た目のきどりがない、うふ、こんな人間になりたい!
Commented by whitelacenonyo at 2013-09-17 21:42
shinn-lilyさま
トロ、トロ80℃の温度を保って鴨の脂で煮る・・・
それなのに出来上がったら脂っこくなくて奥深い味なのですよ。

私たちもこれから奥深い味のある気取りのない人間になるように
刺激し合いましょうね。
Commented by chez-nami at 2013-09-20 08:40
頑張って居るんですね
フランス産の鶏、、ブレスの鶏だったのかしら?贅沢な食材ですよね
ワタシも山鳩にファルスをしてからコンフィにする
と言うのをやりました
コンフィ、なかなかGraisse de canard が手に入らないから難しいですよね
フランスではカモを料理した時に自分で取っておいて貯めおきましたが、、
日本ではそれも難しいですよね
家庭でできるコンフィを、、一緒に考えましょうか〜?
美味しい物を追求、、楽しい時間ですよね
Commented by whitelacenonyo at 2013-09-20 09:49
chez-namiさま
コンフィは鴨が定番ですけれどフランス産の鶏でした。

時間のかかるレシピですが是非作りたいので
Graisse de canardを売っている情報も教えていただいたのですよ。
おいしい鴨肉を売っている店は知っているので作るのが楽しみです。
Commented by rico at 2013-09-23 19:08 x
whiteさん~プロでいらっしゃるのに、また学びなおす姿勢が素敵です。
こういうお姿に本当に憧れます!
私の普段のお料理・・・嫌いではないのですが、完全にマンネリです。
いつか教わりたいです~♪♪
Commented by whitelacenonyo at 2013-09-23 21:24
ricoさま
プロは得てして
マンネリ化してしまい、自信を持ちすぎてしまうとそこで足が止まってしまうのではないでしょうか、、。
忘れてしまっていることを学び直すことは大切ですよね。

ricoさんもParisで刺激的なレッスンを受けられ、きっと目から鱗が・・を感じられたことでしょう。
>いつか教わりたいです〜♪♪
いつか 是非!♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2013-09-15 21:41 | 料理 | Comments(6)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white