レッスン情景とチーズフォンデュセットの想い出

また、連続のレッスンだった。

レシピを組むのは神経を使う

c0177332_22364216.jpg

天候も季節も関係する。

牡蠣はまだまだ美味しく、築地場内市場の牡蠣専門店には

ぷっくり大振りな牡蠣を奥から出してくれた。

野菜たっぷり使った牡蠣のスープ仕立ては

牡蠣の旨味が際立つ一品

c0177332_22372469.jpg
(映画大統領の料理人で魅せられたスクランブルエッグをレッスン)

ちょっとゆるすぎましたね

c0177332_22370218.jpg

c0177332_22381011.jpg

チーズフォンデュは

一口、味わった生徒たち全員が

美味しい💗を連発。

フォンデュセットは年期を重ねたもの。

ハネムーンでスイスを訪れた私は

夕食にホテルで食べたチーズフォンデュの美味しかったのに

びっくり仰天

それから作りたいと思い続け、やっと手に入れたフォンデュセットは

何十年も使い、

今に至ってもこうしてテーブルに乗る。


ハネムーンの時のレートは1ドル360円

持ち出す金額も制限されていた時代でした。


夫は旅行中、毎晩、ホテルで持ち金をばらりと出して

「あと、いくらあるかなぁ~」と勘定していたことを

今も私たち夫婦の笑い話として登場する。

過ぎ去ったあの日は

旅も生きることも必死であった。思えばいい時代でした。

c0177332_22375986.jpg
(春になったら是非作りたいミモザサラダ)
c0177332_22384134.jpg
(ポークと春キャベツのハーブ蒸し煮)






Commented by akicosmosA at 2014-03-17 07:59
春色の素敵なお料理とテーブルに微笑んだとたんさらに
胸に爽やかな風が~**
ご夫妻のスイスのハネムーンの思い出。
イメージしてはわあ!素敵~♪
ダンディなご主人さまとエイジレスのwhiteさんの
若かりし頃のお写真とこのころの旅のおはなし♪
次回のテーマに入りました。
Commented by uransuzu at 2014-03-17 09:43
築地市場には、牡蠣専門店なんてあるのですね~♪
じゅるじゅる・・・牡蠣大好きです。
テーブルをいつも写真拝見していて、お料理もさることながら、いろんなクッキング・グッズがあるなぁと。
その中に新婚旅行の想い出のこもったフォンデュー鍋も!
大事にされていらっしゃるのですね、想い出もお鍋もご主人様も❤
Commented by whitelacenonyo at 2014-03-17 20:38
akicosmosAさま
食卓テーブルは春の食材が並ぶ今日この頃です。

季節に会わせたレッスンのレシピは心が弾みますね。
ハネムーンは遥か昔の話しですが、思い返せば笑っちゃうほどのエピソードがいっぱいありますよぅ〜〜
いつか、聞いてくださいね。きっとコスモスさん、笑い転げるでしょうでしょう。
Commented by whitelacenonyo at 2014-03-17 20:42
uransuzuさま
築地市場は多くはありませんが牡蠣専門、ちりめんじゃこ、シラス専門などの店があってそれはいい品質のものを売っています。
いつかご一緒しましょうね。

チーズフォンデュはチーズの種類も量も多いので
チーズグレーダー(チーズおろし器)を使うのでキッチングッズは種類が多くなります。
Commented by kanafr at 2014-03-19 10:03
>レートは1ドル360円
そういう時代ありました、ありました。
初めてのパリ出張で買ったカルティエのトリニティリング、何だかとても高い買い物をした!っていう気になったものです。
今のように色んな方が海外旅行が気軽に行く時代ではなかったですものね。
多分ハネムーンの先々で美しい花嫁のwhiteさんは、海外の方からも注目の的だったんじゃないでしょうか。
綺麗なレースがトリミングされた数々の美味しそうなお料理のお写真、あぁ春が来た!っていう感じがして素敵ですね。
Commented by whitelacenonyo at 2014-03-19 21:21
kanafrさま
1ドル360円の時代、夫に確かめましたら、
持ち出し金額も500ドルだったとのことでした。
それぽっちりですと2週間の旅は無理なので仕事柄同僚や先輩から余っているドルを買ったそうですよ。

美しい花嫁どころか、東洋の猿を見るように、
電車の中でも子供が見に来ましたよ。(泣きたい思い)
ブランド物など何も知らない、、女の子でした。あ、あ〜〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2014-03-16 22:55 | クッキングサロンで | Comments(6)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white