宮尾登美子さん逝く・・・・


今夜7時のNHKニュースで

宮尾登美子さんが先月30日老衰のため亡くなっていたことが放送された。

c0177332_23261425.jpg
(画像はお借りしました)

向田邦子さんと並んで好きな女流作家だった。

作品はたくさん読んだ

なんども読み返した本も数冊ある。

読み返すたびに私の年齢は増え

その分、知識や、人生経験も増え、

主人公の心の動きが理解できるようになり、

なお深い読後感を持つ自分に少し優しくなれる時があった。

c0177332_23293724.jpg

「序の舞」の上村松園、「きのね」の団十郎夫人の最後を読んだ時

涙で本のページが縮んだ事も思い出した。


今、どれほどの作品をよんだかしら、、と検索してみたら

自分でも驚くほど読んでいた。

挙げればきりのない。


「資料を集め読み、調べたらその小説は7~8分出来たも同然」と

何かのインタビューに控えめに答えていた宮尾さんは資料集めに力を注ぎ、

歴史上の人物を大切に描くことで有名だったそうだ。

その時代に生きた女性を書かせれば天下一品。

心からお礼とご冥福をお祈りします。



Commented by kanafr at 2015-01-08 07:20
私も以前whiteさんのように、同じ記事を2つアップしてしまった事があります。
どちらもコメントをされてしまうと、片方が消去できませんでしょ?
まだ片方の方は、誰方もコメントされていらっしゃらないので急いで書きますね。
皆様、こちらにコメ残して下さいませね。
宮尾登美子さん、私も鬼龍院花子はじめ、いくつか読んでいますが、ご自身の事を書かれた「朱夏」も好きでした。
ご冥福をお祈りいたします。合掌
Commented by chez-nami at 2015-01-08 08:22
今頃、、ご挨拶遅れてごめんなさい<(_ _)>
今年も宜しくお願いいたします
学生時代、読みました宮尾登美子さん、、序の舞から入ったのですが
その後、宮尾登美子さんばかり芋づる式に読み続けたのを覚えています
序の舞はパリにも持って行き読み返しました、、好きな本です
もう読めないのかと思うと寂しいですね
少しずつ、、好きな作家が居なくなる、、年なのでしょうが
寂しい限りです

こちらでごめんなさい
ジノリの「スカラ」素晴しいですね
確か廃盤になったと聞きましたが、手に入れられたのですね
廃盤なので今ある物を大切に♡
いっその事頑張ってフルセットで揃う様に集められたら〜?
スカラ座の品のある模様
whiteさんのレッスンにぴったりだと思います
生徒様も喜んでいられるでしょう♡
Commented by whitelacenonyo at 2015-01-08 15:09
kanafrさま
ダブってブログをアップしていました(汗)
教えてくださってありがとうございます。
すぐに消去しました。皆様にもアナウンスしてくださってありがとうございました。
全く最近はこのようなことがあって少し落ち込んでいますが
すぐに立ち直ります。こういうところが私らしいなんて
呑気なことを言っております。
宮尾登美子さん、私も「朱夏」読みましたが良かったですね。
宮尾ファンはきっと多いと思います。
Commented by whitelacenonyo at 2015-01-08 15:17
chez-namiさま
ご無沙汰しており、こちらこそ遅くなりました。
今年もよろしくおねがいいたします。
やはり宮尾登美子さんのファンでしたか。
序の舞、画壇世界と、当時の女性が絵を描くという芯の強さ、凄さに、のめり込んで読みました。

ジノリの「スカラ」見れば見るほど魅せられています。
フルセットはこのほかに何を加えるのでしょうか、、
一応大きなオーバルトレイ3枚もありますので
フルセットだと思ったのですが、教えてくださいますか?
あっ、全てを揃える財力が私にはないのですけれど・・・
Commented by morimaman at 2015-01-08 15:34
宮尾さんはここ数年体調を崩しがちでいらしたと、風の噂では聞いておりました。
私も宮尾さんの本をよく読んでおりました。
書かれている女主人公の弱そうでいて、凛とした姿を持つ力強さに
きっと宮尾さんもこういう方なのかもしれないと、思っておりました。
それとは別に、お着物に造詣が深く、素敵に京刺繍をされたお着物や、やんごとなき方からご自分のお着物の宝尽くしの柄を褒められたという、ちょっとしたエッセイも魅力的でした。
本当に自分が読むことができる作家さんが少なくなっていることは、寂しいことです。
Commented by whitelacenonyo at 2015-01-08 20:15
morimamanさま
小説に全精力を注ぎ、命まで削ったような気がしないでもありません。
今日の新聞にも特集や同郷の山本一力さんが姉御、舎弟と呼び合った仲で、負い目から逃げない強い女性だったと書いていました。
確かに私たち世代は宮尾さんの描く主人公に共鳴、共感する世代ですよね。
だから私たちは良い世代なんだと思いましょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2015-01-07 23:35 | 本を読む | Comments(6)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white