おせち料理は簡素化しても作りました。

年々簡素化してしまう

我が家のおせち料理

作らないと新年を迎えた気分を味わえないので

大晦日にさっと作ってお重に詰める


c0177332_10294656.jpg


(あっ、数の子 子持ち昆布 黒豆は数日前から作りますが)


c0177332_10295611.jpg


お雑煮は白味噌仕立ての京風、これも毎年同じです。


c0177332_10122420.jpg


お庭の柚子を送ってくださった湘南マダムAさん

小さく可愛い柚子を

輪切りにして実はくり抜いて添えます。

初挑戦したカラスミは


c0177332_10131397.jpg


手間暇かけただけに美味しくできました。

こんなに美味しく出来るのなら

また作りましょうかねぇ




Commented by 大泡喰 at 2016-01-02 11:02 x
明けましておめでとうございます。
良い一年をお過ごし下さい。

カラスミ、好いですね!
いろいろな魚卵で作りましたが、実はボラでは作ったことがない...
最近は億劫になってしまってダメです。
駅ビルに期間限定で特設のスペイン食品屋が出ていて、鮭のカラスミ発見しました。
試してみようかな。
Commented by whitelacenonyo at 2016-01-02 16:00
大泡喰さま
明けましておめでとうございます。
良い一年にしたいですね。

カラスミ、こんなに上手にできるとは思いませんでした。
手間がかかりますが、美味しかったので良しとしましょう(苦笑)

イタリア食品を売っている三越のイータリーで
カラスミパウダーを買ったらマグロの卵でした。しょっぱいだけで失敗でした。
お気をつけあそばせ。
Commented by kanafr at 2016-01-03 03:41
明けましておめでとうございます。
今年もwhiteさんとご主人様にとって素晴らしい1年でありますように!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

カラスミ....やはり本物の味を知ってしまうと、あれほど手間をかけられ大変だった事も飛んでしまい、再度挑戦される事は、ほぼ決定のような...。
生徒さんにとっても、whiteさんのお手間とご苦労によって味わう事の出来た本物の味は、忘れられない味になったことでしょう。
我が家も日本食材を求めてパリに行く気にはなれず、有り合わせの材料で作ったお雑煮でしたが、日本からいらしら方がこっそり柚子を運んで来てくださったので、お蔭さまで柚子の香りでお正月らしさを味わう事ができました。
Commented by 白雪姫 at 2016-01-03 14:08 x
しゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅ。

ドッターーーーーーーーン!

うっかり「簡素化」という言葉を
信じてしまったばかりに・・・

もしもーし
カラスミを手作りして 金箔(でしょうか)
を散らしておいでなのの どーこーがー

簡素化っ。???

昏倒するしかないでしょうトホホ。

アイタタタタ。
気をとり直して「今年もよろしくお願い
申し上げまする」

素敵おせちを横目で眺めながら
では 御機嫌よう。

しゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅ。


Commented by shinn-lily at 2016-01-03 16:01
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
white家の手抜きは我が家の力を入れたものより凄いのですね。
という我が家も今年はいままでになく手抜きで、身が軽いのです。
普段から飽食ぎみ、お正月くらい、すっきりとしなくては。
Commented by whitelacenonyo at 2016-01-03 20:56
kanafrさま
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

手作りのカラスミ、食べてみるとねっとり感、もっちり感、本当に美味しかったのですよ。
手間がかかったことを忘れてまた作りたい!とつい思ってしまいました。
生徒たちからは、美味しいので来年作って欲しい・・と言われましたが自分で作りなさい!と
言いたかったのですが、レシピに起こすのも面倒なのですよ、、、(汗)
Commented by whitelacenonyo at 2016-01-03 21:05
白雪姫さま
いえ、本当に簡素化したおせちですのよ。
以前は人参も梅の形に抜いたら切り込みを入れて花びらにしたのですが型抜きしっぱなし
酢蓮も花に切らずに輪切りでおしまい、、
など、料理家としては恥ずかしいおせちです。
せめて金箔は瓶から出して箸で乗せればいいだけで
お正月らしく見せただけです。

それなのに新年早々白雪姫さま、、、またコブを作ってしまってごめんなさい。
せめて透けて見えるほど薄いカラスミ一枚、どうぞ召し上がれ、、
えっ?一枚なんていらない?厚めにきったカラスミを10枚?
そればかりはお許しくださいまし。だって銀色特命執事がカラスミ大好きなので・・
Commented by whitelacenonyo at 2016-01-03 21:09
shinn-lilyさま
明けましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願い申し上げます。
↑の返信コメントにも書きましたが本当に簡素化で大晦日に作ってお重に詰めたのです。
もう、体力気力が無くなって・・悲しいこと・・
ほっ!lilyさんちも簡素化おせち。嬉しいわ。同じ考え方の人がいて。
Commented by uransuzu at 2016-01-04 14:14
あけましておめでとうございます。
簡素化したいと思いつつ、今年も5段重ねの重箱と3段重ねの重箱を2組、登場させました。
あ、whiteさんのように美しいお料理ではなく、まさに田舎おせちです。
そして、質より量というお恥ずかしいものです。
それでも、大勢が集まって、わいわいと賑やかなことがお正月の楽しさなんだ、
作れるうちは作って喜んでもらおう、と張り切ってしまいました^^;
Commented by whitelacenonyo at 2016-01-04 21:52
uransuzuさま
あけましておめでとうございます。
やっぱりてぶくろ家はすごいおせち料理なのですね。
私なら気を失って3が日寝込んだかも、、、
年々簡素になってきました。それでも作らないとお正月を迎えた気分になりませんから、、
果たして来年は一段重?で終わりかも。
Commented by 40ansparis at 2016-01-05 04:38
明けましておめでとうございます。簡素化だなんて、、日本人の、特に女性が料理にかける時間と情熱は本当に素晴らしいです。。あれだけ女性が男性同様に仕事もこなす時代だと言うのに、、。西洋のお家ご飯に比べると、どれだけ手間と時間がかかっているのだろう、、、と賞賛の眼差しで見てしまいます。日本の伝統の味、守っていって欲しいです。旦那様、幸せですね。
Commented by madameH at 2016-01-05 17:10
whiteさま

遅ればせながら…
明けましておめでとうございます。
今年も、お二人揃って、お元気でお過ごしになられますように
お祈り致します。

簡略化とは言え、さすが!無駄なものがひとつもないって素晴らしいです。
買った事ありませんが、何万円もする有名料亭のおせちなど、余分なものだらけ…

過不足がないって、奥が深くて、一番正しい生き方ですね。
Commented by whitelacenonyo at 2016-01-05 21:42
40ansparisさま
明けましておめでとうございます。
年々簡素になってくるのですよ。昔はもっと丁寧にあれもこれもと
おめでたいと言われるおせちを作っていたのですが、、、
伝統のおせちは全く作らないのではなくて簡素化しても、
一応元旦にいただく縁起物ですから来年ももっと簡素化して作るつもりです。
褒めていただきありがとうございます。

Commented by whitelacenonyo at 2016-01-05 21:57
madameHさま
明けましておめでとうございます。
まぁ!ベトナム旅行先からコメントをいただきありがとうございます。
楽しい旅ブログ興味津々で読ませていただいています。

おせちを買う気にはならず(1ヶ月以上も前から作っている・・と聞いて怖ーーーい)
簡素にしても作ることにしています。
>無駄なものがひとつもない、、ありがとうございます。
旅行楽しんでくださいね。
Commented by kimanba at 2016-01-16 11:19
大変大変に遅ればせになってしまいましたが

あけましておめでとうございます♪今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
やはりwhitelacenonyoさんのお宅の食卓はいつもいつもとっても素敵です。
簡素化と仰っていますが
だからこその!
長年の経験からの「これは美味しい。家族に好評だ♪」という分だけを厳選していらして
密度の濃い、おせちの集大成とも言うべき品々ですね。
楽しみにしていたカラスミも、もうその見事さにびっくりです。
本場台湾をしのぐ立派なカラスミの出来上がり_さすがwhitelacenonyoさん!♪
Commented by whitelacenonyo at 2016-01-16 22:08
kimanbaさま
こちらこそご挨拶が遅くなりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
本当に簡素化したおせちなのですよ。
人参の梅花も切り込みを入れて梅の花のように作っていましたが
型に抜いただけ。たたきごぼうも省略etc,,,

カラスミ、、これはうんざりするほど手間がかかりました
(塩を振って何度も取り替える、ベランダで干す。夜は家の中に取り入れるを2〜3週間続ける)
もう二度と作らない!と思ったのですが、なんととても美味しかったので
これなら、来年も作ろうかしら、、って思ったくらい美味でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2016-01-02 10:36 | 食卓のつぶやき | Comments(16)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧