世田谷、呑川緑道の桜

世田谷の等々力に住んでいた頃すぐ近くに

桜の老木が見事な呑川緑道があった。

c0177332_22073974.jpg


夫の会社の同僚を20人ほど我が家にお招きして

食後に呑川緑道の桜見物をした楽しい思い出がある。

今朝

「行ってみましょうよ!」


c0177332_22072245.jpg


あ、あ、あれから数十年の経過。

貫禄を増した多くの桜の老木


花びら舞い散らせながら、花の絨毯となって

優しく老夫婦を迎えてくれた。


足を止めて感慨深く老木の木肌を撫でる夫。


c0177332_22110053.jpg

企業戦士だったあの頃の夫は

今日のようにゆったり呑川緑道の桜を楽しんではいなかっただろう。

ハラハラ舞い散る花びらが

夫の白い髪と肩に降りかかる・・・・





Commented by sogno_sonyo at 2016-04-10 00:10
忙しく走ってこられた今までの道を
ゆっくり振り返るお二人の余裕の時間ですね。
懐かしくて美しい桜。まるでお二人のようです。
老木なんて老夫婦なんておっしゃらないで下さい~。
まだまだひと花もふた花も咲かせるおつもりでしょう?


Commented by whitelacenonyo at 2016-04-10 20:32
sogno_sonyoさま
リタイヤ後の夫の顔は柔和になりました。
それほど会社勤めというのは大変なことがいっぱいあったのでしょうね。

今は、会社のことなど忘れて穏やかで健康に過ごせることが幸せのようですよ。
こうして懐かしい場所を訪ねるのもまたいいものです。
桜の木も同じにとを重ねていい味を出していました。
Commented by kanafr at 2016-04-11 04:49
偶然、私もwhiteさんと同じ様に昔行った懐かしい場所への旅を記事にしましたけど、本当に長い年月が経ってもその場所に立つと、昨日のように鮮明に色んな事が蘇ってくるものですね。
思い出は決して過去の中に眠る為だけのものではないんだと実感しました。
ご主人様が、桜の木を撫ぜられた時のお気持ち、きっと色んな思いがあったでしょうね。
今は、こうやってお二人の時間を楽しまれるなんて素敵ですね。
Commented by whitelacenonyo at 2016-04-11 21:36
kanafrさま
懐かしい場所を再訪するのは、意義深いと思います。
kanaさんもロワール川の思い出の地を再訪でしたのね。
>思い出は決して過去の中に眠るだけのものではない、、、

そうです。そうです。一瞬のうちに鮮明に思い出がよみがえります。
世田谷等々力は夫の会社も大変なことがあり、まさに企業戦士として働きに働いた時期でしたので、きっといろいろなことが思いだしていたんじゃないかと思います。
今現在はゆったりのんびりの生活を楽しんでいるのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2016-04-08 22:19 | 思い出 | Comments(4)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧