グレース・ケリー展は松屋銀座で・・

夫が、「君、これを知っているのか?」

新聞記事を示した

”グレース・ケリー展”


c0177332_09325449.jpg
(画像はお借りしました)


「キャァ!!知っていたけれど忘れていたわ!

行ってくるわ~」

松屋銀座の会場へ一目散。

混み合っていました。

写真も多々あり、

しみじみ見ると

品も備えた麗しい顔、

女優と公妃になるべくして生まれてきたとしか考えられない。


c0177332_09331933.jpg


数々の恵まれた映画出演から一転

モナコ公国のレニエ大公のもとに嫁ぎ

永遠のエレガンスと言われたドレスや宝石、

身の回りのロイヤルコレクションと微笑ましい家族写真や

アカデミー賞受賞のオスカーも飾られている。

中でも

肌を見せないデザインのウェディングドレス

繊細なレースに真珠が200個散りばめられた

気品溢れるウェディングドレスは圧巻であった。

c0177332_09413371.jpg
(画像はお借りしました)


幸せだけではなかったであろう52年の生涯

麗しいグレース公妃の

生きた日々に思いを馳せた。



Commented by kanafr at 2016-09-16 10:24
綺麗な女優さんは、たくさんいますが、品も備わった女優さんは、グレースケリーだけなんじゃないかと思っています。
結婚式の時のウエディングドレスも素敵でした。お子さんができてから、少しふっくらされましたが、それはそれでまた美しく、きれいな方は永遠に綺麗なんだと思ったものです。グレース王妃が作った日本庭園、まだ行っていないんですよ。機会があれば行きたいわあ。
Commented by marie_josephe at 2016-09-16 14:40
whiteさま、こんにちわ♪
ご主人様のひとことで、素敵なひとときをお過ごしに
なられましたね。
それに、銀座はwhiteさまのお庭のようなものですから、
そのタイミングで行けちゃうんですね♪

じつは、私、半年ほど前に、映画チャンネルで、
グレース・ケリー"を観ましたの!
もちろん、女優さんが演じていたのですが、グレース王妃の
実際の映像も時々流れていました。
とても悲しいストーリーを美しすぎる容姿が盛り上げて
いました。
Commented by whitelacenonyo at 2016-09-16 21:13
kanafrさま
グレース公妃の美しさは並外れていますね。
整った顔立ち、スタイルの良さ、もう、うっとりでした。

歳を重ねて、ふっくらしたグレース公妃もそれはそれとして貫禄も出ていいですよね。
花を愛し、日本庭園もTVで放送されていました。
Commented by whitelacenonyo at 2016-09-16 21:17
marie_josepheさま
>銀座はお庭のよう、、
家から15分くらいで行けますので思いたったらさっと行ってきます。
マムちゃまがご覧になって映画は私も見ました。
ニコール・キッドマンが美しく演じていましたよね。

どんない美しい女優があ演じてもグレース公妃にはかなわないかしら、、ね
Commented by uransuzu at 2016-09-16 23:19
キャア、私も行きたいわぁ〜〜♪
彼女は、美しい手袋の使い方も示してくれました。
あのエレガンス、見習いたいですね!
Commented by whitelacenonyo at 2016-09-17 20:46
uransuzuさま

東京出張の折、ぜひ!手袋も展示していましたよ。
気品とエレガス。生まれながらのものなんでしょうね、、、
Commented by akicosmosA at 2016-09-19 13:36
わたしも横浜でだいぶ前に開催されたのを見ました。余りにも上品でエレガントな展示品に
溜息を何度もつきました。52年の生涯御苦労も多かったと思いますがお子様たちと集う日々は幸せだったと思いたいです。そう!手ぶくろ素敵でしたよ!手ぶくろ様〜。まだあちらにいます。
Commented by whitelacenonyo at 2016-09-19 21:43
akicosmosAさま
まぁ!!!楽しんでいらっしゃるパリからコメントをありがとうございます。
グレース・ケリーは気品と美しさときっと賢い考え方の人でしたのでしょう。

しかしおっしゃるように」幸せばかりではなかった、、のではと思いますが
それも人生。わずか52年の生涯は短かったでしょうが、
濃厚な人生を全うされたのだと思いますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2016-09-15 09:49 | お気に入り | Comments(8)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white