入院友達と15年ぶりの再会


今から25年前、手術のため済生会中央病院に入院していた

ジュンコさんと私。

入院中の食事は歩ける人は食堂で食べるのが患者の規則。

私は一人で食事をしていましたら

こちらでご一緒しませんか、、と

穏やかに優しくかけてくださった声の美しい人は

NYから手術のために帰国していた

ジュンコさんでした。

c0177332_23061996.jpg

元気になったら絶対NYに来てね。

指切りげんまんをして私たちは退院。

その後、私は家族3人でNYを訪れ

ストレッチリムジンに乗って夜のマンハッタンをドライブ

セントラルパークのガラス張りのレストラン

タバーン・オン・ザ・グリーンで食事など

思い出いっぱいの

楽しい旅をすることができました。

c0177332_23063115.jpg

ジュンコさんは駐在のNYからから帰国後、群馬に住み

Cooking Salon White Laceに

新幹線でお友達とレッスンに通って下さった。

c0177332_23064218.jpg

最後にお会いしたのは15年前我が家にいらした時

アメリカンアンティークのこれをくださったのです。

今でも

毎年私の誕生日には達筆のカードを

届けてくださっています。

そして今日

プレゼントををいっぱい抱えてきてくださった東京駅で

15年ぶりにお会いした。

三菱一号館美術館で

「拝啓ルノワール先生」を案内し、

多分喜ばれるだろうと銀座の

南蛮銀圜亭を案内しましたら、シェフが最初に開いた

レストラン胡椒亭に行ったことがあるとジュンコさんはいう。

焼き加減の美味しいラムステーキをいだだきながらおしゃべりの花が満開。

夕刻、新幹線の改札口までお見送りしました。



Commented by akicosmosA at 2016-11-12 08:50
出会いは病院でもお二人ともお元気に素敵な日々を重ねられて15年ぶりの再会を
果たされてその想いに私までうれしい気持ちになっています。
これからもいい時間が紡がれますように。
和光のハンカチは素敵ですね。
素敵なアンテークのお皿にため息ついたのを思い出しました。
いつか実物を拝見できたらうれしいです。
Commented by kanafr at 2016-11-12 09:39
「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや」の日だったんですね。
あの銀色のレースのような花々がちりばめられたガラス器をプレゼントしてくださった方ですよね。
私も、ブログのお写真を拝見しながら、その美しさにウットリさせていただいたのを思い出しました。
15年ぶりの再会という事ですが、心の通い合った方との出会いは、いつでも新鮮で月日の長さなど関係なく、昨日からの続きのように楽しい時間を再び重ねる事ができますものね。
芸術の秋、そして美食の秋をご一緒だけでなく、楽しいおしゃべりができる方との時間は、至福のお時間だったでしょうね。
Commented by whitelacenonyo at 2016-11-12 20:19
akicosmosAさま
入院していて、その後も何十年も親しくお付き合い、、って珍しいとは思いますが
どんな情景にしろ仲良くなるのはその条件?がありますよね。
だってコスモスさんとも同じですよね。
アメリカンアンティーク、本当に素敵なのですう。ぜひ今度みてくださいね。
Commented by whitelacenonyo at 2016-11-12 20:26
kanafrさま
東京駅、大丸で待ち合わせしまして目を合わせた時、二人とも涙ぐんでしまったほどです。

そして、「こうしして元気で会えることが何より、幸せなのよね〜」と何度も言い合いました。
彼女は穏やかで優しくて私にないものをいっぱい持っていまして、映画、本、絵画、手芸と話が合うので月日に関係なく合えばすっと昔に戻れるのですよ。
Commented by uransuzu at 2016-11-12 20:32
入院友達は、どちらかが退院してしまえば段々疎遠になりそうですが、、、
よほど気が合ったのでしょうか、お互いに惹かれるものがあったのでしょう。
共通の話題があって刺激を受ける人、自分にないものを持っていて尊敬できる人、
などとの友情は長く続きますね。
Commented by whitelacenonyo at 2016-11-12 22:58
uransuzuさま
退院したらハイ、さよなら、、が普通ですが、
入院友達、この人と、もう一人いまして、ずっとお付き合いが続いています。

友達からはいっぱい学ぶことがあって嬉しい!!
もちろんspiceの会もよ。

Commented by 白雪姫 at 2016-11-13 07:35 x
しゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅ。

ドッターーーーーーーーン!

なんですって?
済生会中央病院⁉︎ 三田の⁉︎

世間には内緒で
白雪姫には表向き 子供はおりませんが

実は

今を去ることン十年前に チビ姫を極秘出産
しましたのが

なんという事でしょう、済生会中央病院で
ございましたの。 懐かしや。

そしてそこで出会われたのが あのアンティーク
ガラスのお話につながる 当時NY駐在の方だった
のですね!

出会いを大切になさるWhiteさんのストーリー、
ご友人の素敵なお土産も 写真掲載で眼福の
お裾分けに預かりました。

感激しながら ではまた ごきげんよう。

しゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅ。
Commented by whitelacenonyo at 2016-11-13 21:40
白雪姫さま
えっ、え〜〜〜〜白雪姫さん、済生会中央病院で姫をご出産!!
きっとその頃は古い古い病室でしたでしょ?
whiteが入院したのも産婦人科。出産ではないのですが別の病気で、、
今現在も定期的に診断に通っていますが病院は同じ場所にでぇ〜〜〜んと
近代的に建て替えられ、設備も一流ですよ。

あら、そういえばジュンコさんもその時は二度目のNY駐在でした。
お土産にいただいた、ターシャ・チューダーの絵本はとても素敵な水彩画とシェークスピアや
ワーズワース、エマーソンなどの言葉が添えられて夢のようないい絵本のお土産でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2016-11-11 23:38 | 友達 | Comments(8)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white