ふぅ、ふぅ、アチ、チ、、、の豚汁

おせち料理も飽きて

野菜不足だったので

久しぶりに豚汁を作ることにして

買い物いっぱいしてきた。


里芋、蓮根 大根、人参 牛蒡 蒟蒻

豚肉

これらをだいたい大きさを揃えて切り、それぞれ別々に下茹でする。

素材によってアクが出て匂いもあったりで

この手間をかけるとよりおいしい豚汁ができるのです。

c0177332_22084574.jpg

下茹でしたそれらと豚肉を大きな鍋に入れて出汁とともに

くつ、くつ、煮ていきます。

牛蒡の香りがいいわぁ~

ここでもアクが出てくるので丁寧にすくいとりながら

コト、コト、コト・・弱火で煮て赤味噌と白味噌を溶かしながら加え、

香りづけに醤油をたらりとたらして出来上がり。

c0177332_22085421.jpg

お椀に盛り、三つ葉、柚子を乗せて黒七味をパラリと振りかけ

フゥ、フゥ、アチ、チッ、、、、

寒い夜にぴったりの豚汁。



Commented by 白雪姫 at 2017-01-06 03:31 x
しゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅ。

ドッターーーーーーーーーーーーーーン!

んまあ
豚汁っていろんな野菜と豚肉をざっと鍋に
ぶち込んで ああら ご免遊ばせ

もとい
投入して

火が通ったところに味噌をぶち・・・投入すれ
ば ハイ出来上がりぃ!

と思いましたら

さすがWhiteさんの豚汁は ひと味もふた味も
違うのですね❣️

今度真似させていただきますわん。
銀色特命執事様もさぞご満悦でお召し上がり
の事と推察致します。

ではまた。ごきげんよう。
しゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅ。
Commented by uransuzu at 2017-01-06 06:43
私も、全て下茹でするとは、びっくりです。
コンニャクと牛蒡くらいは下茹でしてたけど。
お煮しめの材料が残っているので、
今夜はそれで豚汁にしま〜す、white流で!
Commented by shinn-lily at 2017-01-06 08:04
だからね、white家のお食事は参考にならないのですよ。
お手間がご馳走だっていうこと、よくわかっているつもりですが
なかなかここまでは・・・・うーん・・・どうしよう、知ってしまった!
Commented by kanafr at 2017-01-06 11:09
ええ―――――っ!!!すべての野菜を下茹でなさるんですか?
牛蒡は手に入らないし、蓮根は冷凍しかないので、何とも言えないんですが、使用する野菜の中では、日本のものとちょっと違う里芋と、人参、蒟蒻は下茹でしますが、大根はやらないですね。反省しました。
キチンと手間をかけたものは、やはり一味も二味も違うんでしょうね。
ご主人様、お幸せですね。
Commented by marie_josephe at 2017-01-06 11:28
whiteさま、こんにちわ♪
おせちとお雑煮、とっても美味しそうでお洒落ですね。
さすがは、whiteさまのお正月料理といった感じでうっとりです。
暮れから、これだけのお料理をお作りになるパワーも見習いたいです。
お料理は、本当に一手間がポイントですね(^-^)v
ごぼうは下茹でするのですが、他の食材もされるのですね...(^O^)
お勉強になりますわ~、マコちゃんとカズマくんが大好きなので、
今夜は豚汁にしましょう(*^^*)

昨年暮れのフラワーアレンジメント、水仙が可愛らしくて
お部屋が春めいているようでした。

今年も、whiteさまから素敵な刺激を頂いて頑張らなくちゃ♪
Commented by whitelacenonyo at 2017-01-06 20:41
白雪姫さま
そう、そう、普通は豚汁は大鍋にすべての野菜や豚肉をぶち込んで!煮込むのですよねー
私もそうしたこともあった、、昔。
ある日、里芋は粘りがある、レンコンは色が悪くなる、、蒟蒻がえぐい、、などに
気づき、これらを別々に下ゆでしたら、あぁら、美しくできるし美味しいじゃぁありませんか、、、
豚汁といえどもぐっと高級感?(ウソウソ)があるじゃありませんか、、
それ以降この調理法でたっぷり作って大体2日間食べます。そして飽きない、、
多分、この冬後3回は作るでしょう。
Commented by whitelacenonyo at 2017-01-06 20:44
uransuzuさま
白雪姫さまへのコメント返しに書いたように
手間暇かけた分、抜群の美味しさになり、また作ろうと!という気になってそれがずっと続いている次第です。
是非作ってみてくださいね。
Commented by whitelacenonyo at 2017-01-06 20:49
shinn-lilyさま
あ、は、は、全くwhite流はもう、イヤ!!て言うほど手間をかけて、いい加減にして、、って
思いますでしょ。
それがね、、白雪姫さんへのコメント返しに書いたように
その分豚汁が奥深い味になって2〜3日食べても飽きない料理になるのですよ。
その証拠に我が家は今朝は具沢山のお味噌汁変わり、、
今夜はもう一品の役割を果たしてくれた豚汁でした。
Commented by whitelacenonyo at 2017-01-06 20:53
kanafrさま
コメントを下さった皆様、もう、いい加減にして感が漂っていますが??(苦笑)
レンコンは色が美しく、蒟蒻は臭いがなく大根のも美味しくに上がってゴボウの灰汁も取れて
本当に美味しく出来るのですよ。
一度でいいですから皆さん、試していただきたい、、と思います。
味噌も赤と白を使うとより一層深い味になります。
Commented by whitelacenonyo at 2017-01-06 21:00
marie_josepheさま
歳を重ねるとともに、いろいろなことが省略したくなりますが
おせち料理は、一年を元気に過ごす柱のように感じて
手作りしますが、それでも若い頃に比べて簡単になってきました。
しかし、完成した喜びは嬉しくてつい、写真に収めてブログアップしてしまいます。
豚汁は冬の食卓の王様かしら、、
是非下ゆでしてお出汁もしっかり引いて作ってみてくださいね。
お孫ちゃん達大喜びすることでしょう。
食育は良い子を育てる重要なことだと思っています。


Commented by arare719 at 2017-01-08 12:37
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

わたくしには、女ひとつ手で7人の子供を育てた祖母がいまして、当時お手当が良かったのでしょう、北九州の料亭の賄いで働いおりました。そこで料理人の技を盗み見みして、飢えた子供たちに少しでも美味しい物を食べさせたいと食卓を整えたと聞いております。時には、生きたままの鯛1匹持ち帰り鯛刺しを子供に振る舞うこともあったとか。おかげで7人の子供たちは貧乏な癖に口だけ肥えて成長してしまった…。
その祖母のお煮しめはやはり全て下茹で順番も引き上げるタイミングもあり、でもレシピなど無し。母も感だけが頼り見て覚えたと。だけど、味わい深く数日経っても変わらない。どうやって作るの?と聞いたら、美味しいもの食べたければ、ひと手間と愛情だけかけるだけと、そんなぁ〜〜。

waiteさんの豚汁を拝見して、ひと手間と愛情の意味を少し理解出来たような気がします。おせち料理や和食が好きでない人が多いと聞いてます。本当に美味しい手料理を食べたことがないのだと思います。残念です。
Commented by whitelacenonyo at 2017-01-08 22:02
arare719さま
今年もよろしくお願い申し上げます。

味覚は幼い頃に食べたもので育つ、、と言われます。
お祖母様から伝えられた数々の極上の食材でarareさんのお母様にに受け継がれ、
やがてそれをお孫さんのarareさんに、、、なんていいお話でしょう。
私のサロンでもメンバーに子供にはちゃんと手順を踏んだ本物の料理を食べさせなさい、、と
教えています。煮物一つ、ちょっと手を加えるだけで見違えるほどおいしくできる、、
この豚汁がそれの典型でしょう。
Cooking Salon White Laceは本物の料理を教えている、、と胸を張っているのですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2017-01-05 22:16 | 食卓のつぶやき | Comments(12)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧