”アマン東京” というホテル


大手町の一角に黒いビルが威風堂々と君臨している、、

初めてそのビル、、いえ、ホテルへ行ったのは

昨年の夏。

NYからプライベートジェットでいらしたご一行様を

築地市場へご案内するため

私は長靴、ジーンズのあ、あ、洒落っ気の無い

築地スタイルで

スタイリッシュなロビーにいた私でした。

c0177332_22413239.jpg

しかし、昨日はあの日のリベンジ?です。

アマンのロビー

高い高い贅沢な吹き抜けの天井と壁面は障子をイメージします。

*****

真っ赤なワンピースにポール・スミスのちょっとお洒落な

黒いカーディガンをはおり

ハイヒールを履いて33階のゆったりしたロビーの椅子に座わって

やがて現れる人と評判のブラック・アフタヌンンテーを楽しむために、、

待ち合わせです。

「お連れ様がお見えになる前にテーブルへご案内させていただきます」

気の利くサービス。

バーの前の席は天井まで届くガラス窓からは

新宿の都庁やパークハイアットなどのビル群が林立している。

お天気が良ければ

富士山も眺められることでしょう。

程なく

欲しい、、と思っていたミネラルウォーターをそっと置くスタッフ。

やがて待ち合わせのお嬢さんは息を切らせて現れ

シャンパンで乾杯!

運ばれてきたのは大人の雰囲気と

乙女心&女心を刺激させる

アフタヌーンティーのセッティグはブラックそのもの、、

c0177332_22394765.jpg
(画像はお借りしました)

パチパチ写真をとるのは我慢して

HPの写真で想像していただきましょう。

食べきれないほど、サーブされます。

シャンパンの後、

紅茶は個性的な香りや味の思考が一致する二人ですから

3種類、堪能して楽しいおしゃべりの時間が

ゆったりと流れ

極上の時間を味わいました。

c0177332_22414369.jpg


ロビーには八重桜が豪華に生けられ

琴の生演奏は

宿泊の外国人客から喜ばれていました。



Commented by kanafr at 2017-04-22 04:01
まあ、素敵な吹き抜けの和空間ありのホテル!
そして、アジア的な雰囲気さえあるアフタヌーンティー、いいですねえ。
スタッフの方の心配りも素晴らしい!!!
さすが日本のラグジュアリーホテルですね。
Commented by whitelacenonyo at 2017-04-22 22:25
kanafrさま
宿泊客は外国人が多いようですから和のテイストにしているようです。

東京では次々外資系のホテルは誕生しています。
スタッフは厳しい試験を受けて入社したのでしょうか、、
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2017-04-19 22:53 | お気に入り | Comments(2)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧