ブランドの威力シリーズpart3 エルメス


ケリーバッグの修理が出来上がってきた。

22年前のものですので

c0177332_10452208.jpg

取っ手が千切れた部分は、カーフと同じ色はなくて

少し濃いめの皮を使うしかなかったそうです。

クリーニングで色むらもあり

私にしては多少不満でしたので

もう一度やり替えて欲しいと依頼した。


丸の内エルメスのベテランスタッフから

その後、連絡があり丸の内店へ、、

c0177332_10454026.jpg

工房長のお話を伺って私の心境は、変化しました。

ここから工房長(フランス人)のつぶやき,,

「お~~制作は20年以上前だね。

皮の味が古色の趣をじっくり出して

これがエルメスが誇りとする年月の経過の所以だ

それに大切に使い込んでいるから

嬉しいねぇ、、

手の脂や年月が皮の良さを多分に引き出して

クリーニングしたら色むらが出ていることもご不満のようだが

これもそのうち馴染んでくるから何の心配もないよ、、」

私・・・

(確かに先日見たより馴染み、取っ手の皮も少し濃い色がしっくりきている)

素人の目は不確か、、だと自覚と共に納得して

受け取りました。

取っ手の金具は二重のショルダー紐がつけやすいものにした。


c0177332_11113819.jpg

世界に君臨する

エルメスのブランドの威力、

益々強固です。



Commented by kanafr at 2017-09-20 07:45
まあ、やはりさすがエルメスですよね。
ブランド品は、名前だけが先行しがちで、それを持つ事でステイタス気分を味わえるからという事で購入される方も多いんですが、ブランドの良さや素晴らしさは、こういう風に何十年経っても、大事に扱ってくださるお客様の為にちゃんと応えて、キチンと修理してくださるところだと思います。
そして、そういう技術を持った職人さんを大事に育てている事だと思います。
以前、友人がこちらのオークションで、1930年代のカルティエの時計を競り落としタンですが、そんな昔の物もちゃんと動くように修理されました。
あの時も、その年代のロウ付けが分かるようになっているとかの話に感動しましたが、今回のwhiteさんがお願いしたバッグに対してのエルメスの対応にも感動しました。
このバッグを丁寧に大事になさって来たwhiteさんに応えようとなさった職人さんの熱い気持ちが一杯詰まったこのバッグ、まさに世界に一つだけのwhiteさんのバッグですね。
Commented by whitelacenonyo at 2017-09-20 20:43
kanafrさま
ブランドのアフターケア、、やはりそこはすごいと思いました。
だけどこのようなサービスを知ってブランド品を買っている人はどれほどいるでしょうか、、

例えばエルメスのいいろいろな種類のバッグを持っている人たち、、
持っていることに喜びを感じているだけのような感じがします。
私はケリーバッグ一つだけですが使った後は丁寧に拭き、手入れをしていますと
買ってくれた夫は大事に使うんだね〜と嬉しそうです。
そんなに多くのブランドバッグを持っているわけではありませんがそれぞれの思い出を大切にしています。
職人さんたちの育成やサービスなど一流と言われるブランドは日々努力を重ねて
生き残っているのでしょうね、、
工房長の話には感動した私でしたし、それを伝えるベテランスタッフにも感動しました。
Commented by uransuzu at 2017-09-21 10:10
さすが!ですね。
皮革製品は、確かに経年による趣が魅力の一つです。
なかなかそこまで丁寧に長く使ってくださる方って少ないでしょうから、
工房長さんも嬉しかったのではないでしょうか。
プレゼントされた(?)ご主人様も嬉しいでしょうね♥
Commented by akicosmosA at 2017-09-21 10:42
私も感動しました。エルメスも他のブランドもも持っていませんが、エルメスのよさをわかり、エルメスを信頼するお気持ちを持ち贈ってくださったご主人のお気持ちも大切になさる。
それこそ、whiteさんの人生そのものの姿勢と今迄で何度も感じる想いに繋がりました。
私も持ちたいですしそういうバッグを持つときには最初で最後と思い
気持ちもバッグも大切にしたいです。
Commented by whitelacenonyo at 2017-09-22 09:19
uransuzuさま
トップブランドエルメスですね〜〜

スタッフの対応も良く、私の話にじっくり耳を傾け
決して否定的なことを言わず、できる限りのことをしようとする
態度に私も納得しました。
ベテランスタッフ曰く、工房長はフランス人ですから
Nさまのケリーバッグを見たとき、感慨深くポエムのような表現をされたのですよ、、
話してくださったのをメモでもしておけばよかった、、と後悔するほど、、でした。
Commented by whitelacenonyo at 2017-09-22 09:24
akicosmosAさま
いえ、いえ、私の人生など、、何者でもない平凡な人生ですが
思い出のあるものは大切に長く使う、、それはバッグに限らず
食器や万年筆、ボールペン拡大鏡、、など様々。

コスモスさんも思い出のつまった素敵な食器や様々いっぱいお持ちになっていますよね〜〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2017-09-19 11:06 | お気に入り | Comments(6)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧