<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

St.Valentineはピンクで

1月のレッスン日最終日の今日
c0177332_2134152.jpg
c0177332_2143119.jpg
テーブルセッティングはSt.Valentine一色のピンクです!!
c0177332_2145674.jpg

欧米のSt.Valentineでは
「男性が女性に薔薇を送るのが麗しき伝統らしいわよ。」と言うと
「え~~そうしてほしい!!」  ですって。



by whitelacenonyo | 2010-01-30 21:06 | クッキングサロンで | Comments(3)

春を告げる山独活・・・

春が近づいていることを感じさせてくれる野菜が目に入りました。
ウド 山独活です。
c0177332_0494295.jpg

皮を厚く剥いてきんぴらにしましたら・・・少し苦味があり、美味。
c0177332_0501778.jpg
ウ~~ン苦み走ったいい男という感じかしら・・・
c0177332_0504677.jpg
独活は短冊に切り、蕪も短冊に切って
マヨネーズ、サワークリーム、西京味噌と和えて
ほんの少しパプリカを散らしてみましたら
これも美味。

ホッホゥ~~少しほほを染めた
少女のように真っ白で可憐な感じかしら・・



by whitelacenonyo | 2010-01-29 00:55 | 日々に思う | Comments(2)

St.Valentineはイチゴのハートで

St.・Valentine・・・
c0177332_20251887.jpg
外国では男性が女性に花をプレゼントするらしい(いいな、いいな。)
次々とめぐってくる行事に忙しい我が日本では
女性がチョコレートを
意中の男性に贈ることがいつの日から一大行事となり
世間は大騒ぎ状態。
c0177332_20262686.jpg
・・・で
今月のレッスンではデザートにバレンタインバージョンを取り入れています。

St.・Valentineと言えば❤ハートです。
あちこちハートを散りばめた~~~いと
女の子たちは思っていることでしょう

イチゴをじーと、みていてハート型にカットしてみましたら
これが可愛いのなんのって。
c0177332_21344516.jpg


早速今日のレッスンで使ってみました。
 今日のレシピは
 白菜と鶏もも肉のスープ
 蟹と蕪のトマトクリームソースのペンネ
 帆立貝の牛肉巻き柚子バターソース
 ホワイトチョコレートのババロア

あれ??デザートの写真!!撮り忘れ・・・ました。



by whitelacenonyo | 2010-01-26 20:46 | クッキングサロンで | Comments(6)

必ず 体験レッスンを

私のクッキングサロンでは
料理を習いたいとう人には
まず体験レッスンを必ずしていただきます。
c0177332_21594147.jpg


今日は一人のお嬢さんが体験レッスンにいらっしゃいました。
グループの皆さんは新しい人にとてもやさしくしてくださり
お嬢さんは大感激をしておりました。
c0177332_2201344.jpg


冬においしい“生鱈とジャガイモのローズマリー風味”は
お鍋にしか使わない鱈の使い方に新発見と喜ばれ
c0177332_221113.jpg

“牡蠣とポアロのリングイネ”
“キッシュ・ロレーヌ“
“ムース・オ・ショコラ”も
ほぼ完ぺきに出来上がり楽しいレッスンでした。





by whitelacenonyo | 2010-01-24 22:14 | クッキングサロンで | Comments(2)

牡蠣フライと感動話・・・

・・・で映画の感動を夫に詳しく話しながらの夕食は
c0177332_223592.jpg
c0177332_22355751.jpg


牡蠣フライ
ベランダ栽培のルッコラを使った
グリーンサラダパルミジアーノレジャーノチーズと共に(リンゴ入り)
ネギと豆腐のスープ
c0177332_22365214.jpg


ぺちゃくちゃおしゃべりする私ですが
夫は・・いつものことながら

寡黙です。
by whitelacenonyo | 2010-01-21 22:33 | 食卓のつぶやき | Comments(2)

今ごろですが、"リトルダンサー”

午前中フィットネスでエクササイズをしてひと汗を。
それから簡単な昼食をした後
やらなければいけないことがあるけれど
「ま、いいかぁ~」と甘い決断をする
c0177332_2149697.jpg


コーヒーを入れて、どっかりソファーに座り
映画館で上映していた時見逃していた映画
 ”リトル・ダンサー“(2000年 英)
TV「ザ・シネマ」で観た・・・

ストーリーは
自分たちにはもう夢は持てない貧しい炭鉱夫の父親と長男、
そして主人公はバレーダンサーを夢見る11歳の次男ビリーを演じるのは
ジェイミーベルは可愛い少年。

スティーブン・ダルドリー監督は
「イギリス北東部の訛りを持つダンスが得意な少年」を募集して
なんと!!2000人の中から選んだそうだ。

ビリーの夢を叶えさせるために
父と兄は社会に屈服して働く。
やがて成長したビリーはすばらしいバレーダンサーとし
て舞台に立つ晴れ姿を年を重ねて髪に白いものが目立つようになった
父と兄が客席に座る・・
家族愛に溢れる感動する映画だった。

久しぶりに映画を観て涙がポロポロ・・・の午後でした。



by whitelacenonyo | 2010-01-21 21:52 | 映画 | Comments(0)

強く生きる素敵な女性

まあ!!なんと暖かい日だったこと。
銀座は重いコートを脱ぎ捨てた人達で溢れていました。
c0177332_2222283.jpg

歌を習っていた頃の,とてもおしゃれな友人と
銀座アルマーニビル10Fにある
“リストランテ・アルマーニ”
でランチをしました。
彼女も私も大のフランス好きですが今日はなぜかイタリア料理

このリストランテ
御大、ジョルジオ・アルマーニの肝いりの
スタイリッシュでシック
大人の雰囲気が散りばめられております。

彼女は素敵ねえと喜んでくれました。
私たちは白ワインと
Antipastoの自家製カラスミに
まずはノックダウンされながら
話題はフランスはパリのことばかり・・・

一昨年、最愛のご主人を亡くされた友人は
ご主人との愛に溢れる
楽しい思い出を胸にいっぱい抱いて
見事に立ち直り
5月には数人のお友達とコンサートを開く計画を報告してくれ、
私に安心と喜びを与えてくれました。
そして5月の予定表にしっかり記入した私です。

by whitelacenonyo | 2010-01-20 22:12 | 友達 | Comments(2)

イカの塩辛は手作りが最高!!

イカの塩辛は手作りします。
寒いこの季節がベストです。
c0177332_17214177.jpg
・・・ということで一昨日作りました。
築地市場でスルメイカを手に入れ、すぐさばいて作業開始。(さあ大変。)
c0177332_1722165.jpg

c0177332_17225046.jpg
下ごしらえは手間がかかりますがおいしいものは手間暇かけましょう!!と
言い聞かせながらながら頑張ります。

自家製は塩加減の調節ができ
酒、みりんもその時の気分で多くしたり、少なくしたりと自由自在。
出来上がるとうれしいことに
日本酒を飲む楽しみが増え、炊き立てのご飯のお供に・・・
日本人でよかった!!っと 感じる瞬間です

レシピUPしますのでお試しください。

 

☆ レシピ ☆
by whitelacenonyo | 2010-01-18 17:32 | 食卓のつぶやき | Comments(6)

銀製品の手入れ


c0177332_2048755.jpg
手入れが大変だと言われている銀製品です
ハイ、全くそのとおりで
湿気の多い日本ではやはり手入れをこまめにしなければなりません。
c0177332_20473256.jpg

夫に頼みますとそれは、それは丁寧にきれいに磨いてくれます(感謝)
c0177332_20492310.jpg
アンティークのティーポットもティーストレーナーも
ピカピカ ☆ ☆ ☆
うれしくなります

さあ!!明日はレッスン、せっせと使います。
c0177332_2046564.jpg
そうそう、お気に入りの
シルバーのアクセサリーもこれにつけてさっと磨きます。

by whitelacenonyo | 2010-01-16 20:52 | アンティーク 骨董 | Comments(6)

フランス映画は大人の・・・

フランス映画
これは大人の映画だ・・・と観るたびに思う。

“赤と黒“を観た時は若き日のジュラール・フィリップは
甘さを漂わせていながら精悍であるなぁ・・と思い
あのアラン・ドロンの甘いマスクとは
異なっているところが時代を感じさせてくれる。

また、女優には若さがあるけれど大人の魅力に溢れている
これは成熟した社会背景なのだろう・・・
c0177332_19142055.jpg


昨日は
“ずっとあなたを愛してる“を
観た。
やはり大人の映画だった。

ヒロイン、 クリステン・スコット・トーマスの
目の光り方の変化は
いろいろ経験してきた大人でしか理解できないだろう・・・と思う
夕暮れの街に出ると
そこはもう、何をかいわんやの
世界でした。(悲)

家路に付く前に花を買った

by whitelacenonyo | 2010-01-15 19:18 | 映画 | Comments(6)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧