<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

季節はめぐる・・・

何があろうとも季節は確実に巡ってくる・・・・
昨日28日、東京の桜の開花宣言がありました・・・
c0177332_22462992.jpg

今日、夕方のニュースで
上野公園の桜が膨らみお花見の季節到来ですが、やはり自粛だそうです。 

今年は桜を愛でるのも複雑な心です。

ここ10年ほど前から私は大好きな桜を愛でる時
今年も桜を楽しめたわ
来年もつつがなく桜を観れますように・・・と祈るようになりました。
昨年もそう願って桜を愛でました・・・
ところが今年、これほどの思いがあるとは想像もできませんでした。

被災された人達は雪深い冬の寒さを耐えることからやっと解放され
柔らかな日差しの中で
毎年、春の到来を告げる桜を愛でていたことでしょう
しかし今年は桜を愛でる気持ちは持てないかもしれません。
でもでも、もし残った桜の木があったならば
どうか目にとめて
生きている喜びをしばし、味わってほしい・・・と心から願います。
by whitelacenonyo | 2011-03-29 23:03 | 日々に思う | Comments(10)

夫は五十肩・・・

現在、私は「鶴の恩返し」中です・・・
えっ?なんのこと?とお思いでしょう。
c0177332_739240.jpg

実は夫が昨年12月中旬から
夜も眠れないほど重症の五十肩になり苦しんでおります
(本当の年齢は50をとうに超しておりますがそこのところは細かいことは抜きにしてネ。)
c0177332_740352.jpg

やっと、ここ1〜2週間は少し痛さも和らぎ眠れるようになったのですが
それはそれは可哀想な状態が続いております。

私といえば痛さにとても弱く
ちょっと痛いと「痛ぁ〜い!!」と言ってしまう超甘えん坊です
・・が夫はとても我慢強くじっと耐えております。
「痛むの?」と聞くと「うん・・」という我慢強さ(脱帽)
夜中にふと、気配で目覚めると隣のベッドで起き上がってうずくまっている夫。

私が手首を骨折した時、(献身的に?)ホローしてくれた夫です。
ここで恩返ししなければいつするの?
そう、まさに「鶴の恩返し」のチャンスなのです。

湿布薬を貼るといえば、ハイ、ハイ!!ぺたっ、ぺたっ、ぺたっ..
何をしていてもすぐに貼らせていただきますです。
おまけにおまじないまですることも。
(効いているかは存じませんが、、、、、、)
c0177332_741537.jpg

セーターやカーディガン、コートの着脱には
やさしく手を貸しております。(なんと献身的な妻・・・)
1月、2月は彼にとってとてもつらい状態のようでしたでしたが、
日差しが春を思わせる最近は
喜ばしいことに痛さが和らいだようで、
献身的な妻は(????)心の中でホッとしておりまする。

・・・とここで写真がupできません。
エキサイトさぁ〜ん 早く復旧させてくださいね。
*********あっ!!復旧しました。
by whitelacenonyo | 2011-03-26 22:18 | 日々に思う | Comments(10)

元気を取り戻した日

月に一度集まって食事会をしている私の仲良しグループは
今月の幹事、Sさんが
とても迷われどうしますか?と問い合わせが1週間前にありました。
状況を判断して前日に決めましょう。
c0177332_23461361.jpg

そして。
私たちが元気を取り戻さなければ!!と
予定通り今日、一人欠席の5人で決行!!しました。

いつも、私たちの話題は
趣味のこと、お洒落のこと、本や映画の話になるのですが
今日は違っていました。

お会いしてから、又来月ね。と
それぞれ電車に乗るお別れの時まで
地震の情報交換、
計画停電の知恵の出し合い
工夫した食事作り
義援金のことなど
それぞれが自分で出来ることをいっぱい、いっぱい話しあったのです。

とても意義のある食事会でした。

ところで
今日、利用した駅はエスカレーターを一部分だけ動かし、
照明も落として薄暗くしておりました。(これがなかなか素敵!!)
今まではあまりにも無駄が多かったと思いますから・・・
by whitelacenonyo | 2011-03-22 23:47 | 友達 | Comments(16)

勇敢な男たち!!

安心材料が少しずつ増えてきています。
仮設住宅の突貫工事。

救援物資の運送が順調になりつつあり
被災者の皆さんにも温かい食事が少しずつとれるようになったことでしょう・・・

最も心配された原発
勇敢な男たちが持つ技術を最大限に駆使し
昼夜を問わず頑張ってくださったお陰で
余談は許されませんが、良い方向に向かっている様子。
c0177332_19492860.jpg

放水をして沈静化に成功した記者会見をみました。

現場に向かう直前に妻から届いた、ただ一行だけのメール。
それは万感の思いを込めた
「日本の救世主になって・・」でした。・・・
と公開した東京消防庁の隊長の目にキラリと光るものがあり
声を詰まらせる画像に
私は年のせいでしょうか
鼻水と涙が入り交じった複雑な味をあじわったものです。

どれほどの決心をして、歯を食いしばり拳を固く握りしめ命をかけたことか・・・・
「ゆっくり、眠りたい....」とおっしゃった一言が重く感じました、

ここで、時折私の頭をよぎることがあります。

戦争をすぐにしかけたりする男たちですが
どうしても、どうしても
どんなに女性が有能で頑張っても
男性に叶わないことがあるとすれば
こういうことです。
勇敢な男性と
やさしく広い母性を持つ女性とで
世の中はうまく回っているのでしょう。

何はともあれ安心材料が日々、増えていく
昨日よりも今日、そして明日
村上龍氏曰く、
日本は豊かなものは失っても、今は希望がある・・・
by whitelacenonyo | 2011-03-20 19:55 | 日々に思う | Comments(9)

家族の思い・・・

原子力発電の尋常といえない火災には胸がつぶれる思いに
日本はいったいどうなることかと
固唾をのんで過ごすここ数日。
c0177332_2148071.jpg

怒り狂う原発を沈めるために昼夜を問わず闘っている
たくましい人達に向けられる世界の目・・・

命をかけて現場で仕事をしている人達には
私たちと同じに愛する家族がいる・・・

危険と紙一重の任務を遂行すべく現場に向かう
夫や父親、息子を
その家族が張り裂けんばかりの思いで 送り出していると思うと
とても複雑な気持ちになります。

彼らを信じ日本を信じてみようと私は思います。

萎縮するのではなく罪悪感を持つのではなく
普通の生活を出来ることに感謝をしたいと
思っているところで
この方のブログにUPされていました。
ストレス対処法
そうなんですよ私たちにもストレスがかなりあるのです。

【APA(米心理学協会)の提案する災害時ストレス対処法】

1.ニュースを見続けない:
際限なく災害のニュースを見続けることはストレスをより悪化させかねません。
もし大切な方々が被害にあっていて情報をアップデートし続けていたいと思って
いても、途中で休憩を挟み心身の負担を減らしてください。

2.出来ることをやっていく:
仕事や学校に行ったり食事を作るなど、普段どおりの生活をおこなっていくこと
。そうした日常生活をやり続けることは、地震について常に考え続けることを中
断するのに役立ちます。

3.健康的な行動をする:
バランスの取れた食事を取り、普段のエクササイズをし、しっかりとした休養を
とること。身体の健康を強化することは、あなたの精神的健康維持にも役立ち、
また、こうした問題を対処する際の能力を高めます。

4.事実を正しく捉えておく:
地震で恐ろしいほどの困難と損失を被るとしても、あなたの人生における良いこ
とに意識を向け続けることを忘れないでください。困難に屈せず、先にあるさま
ざまな困難に立ち向かえる自身の能力を信じてください。

5.(可能ならば)有効的に援助する方法を見つける:
多くの機関がさまざまな方法で被害者を援助する方法を提供しています。そうし
たものに貢献したりボランティアをすることはあなたが何かをすることを助ける
前向きな行為となります。


これらの方法をとることで多くの人々は現在の問題を乗り越えられるかもしれま
せんが、人によっては強いストレス反応が出るかもかもしれません。日常生活に
支障を起こすような場合は専門家の助けを得て、前に進み続けられるようにして
ください。



長期戦です。ストレス解消法も大切ですよね・・・
by whitelacenonyo | 2011-03-19 21:50 | 日々に思う | Comments(10)

クッキングサロンのお休み

被災地の皆さま、今夜からの冷え込みに胸が痛みます。
問題山積ですが、きっと良い方向に向かうことを信じて、
元気を出してくださいますように。

サロンの生徒さんへ。

クッキングサロンのレッスンも諸事情を考慮して
3月いっぱい、お休みいたします。
c0177332_1641997.jpg


4月に、お会いしましょう。
by whitelacenonyo | 2011-03-16 16:08 | クッキングサロンで | Comments(6)

心に栄養を・・・

心温まる人のやさしさの
Twitter
この方のブログで紹介されていましたから
ご覧ください。
c0177332_1433498.jpg

そして少し気分を和ませて心に栄養を与えてみましょう

ね、人間のやさしさや温かさが伝わりますでしょ
by whitelacenonyo | 2011-03-15 14:06 | 日々に思う

一人じめしないで・・・

水がない、ミルクがない、ガソリンがない。・・・
なんていうことでしょう。
買い占めはやめましょうよ。
今、現在必要なものだけにとどめてみんなで分かち合いましょうよ。
c0177332_21553489.jpg

ガソリンも満タンにする必要があるのですか。
水もそんなに普段からガブガブ飲むのですか、
幸せなことに東京は水道水がそのまま飲めるのですよ

おばあさんや若い家族がスーパーで抱えきれないほどの食品を買っている姿を見かけます。
おばあさん、そんなに食欲旺盛ですか?・・・
家族の食を支える奥様、工夫してお料理をなさっては・・・

自分だけが満足すればいいのでしょうか・・・

被災した人達が苦しい思いをして
たった一個のおにぎりを3人で分かち合って食べていることを
満足な食を得られていないことを思えば
抱えきれないほど買い占めをする必要があるのですか・・・

節電をといえば電鉄会社も企業ももちろん心ある個人も
即、実行して、東京電力をたじたじさせる力を発揮させてしまう
あっぱれさ

それなのに、それなのに
自分だけが満足するなんて・・・
不測の事態の今はみんなで助け合いましょうよ、

人間の真価が問われる振る舞いをしようではありませんか・・・
by whitelacenonyo | 2011-03-14 21:59 | 日々に思う

すぐ出来ること・・・

日に日に深刻さを増す地震です。

今すぐ私たちに出来ること。
電力が足りなくなる・・・では私たちは電気の使用量を必要最小限に押さえましょう。

電話が通じない・・・なら、無駄な電話は控えて回線を空けましょう。

c0177332_1734640.jpg

一人でも多くの人が電気を消せば、より必要とするところで電気が使えます。
電話使用を控えることを実行するだけで不明の家族と連絡が取り合えるのです。

今はこれくらいしか私には出来ませんが
多くの人が心がけることで、より大きな力となるでしょう
by whitelacenonyo | 2011-03-13 17:06 | 日々に思う

地震の報告

被害多大な地震 私は無事です。
亡くなられた方のご冥福と
被害に遭われた方へのお見舞いを心から申し上げます。

昨日2時26分、私は友人と銀座でランチの後
松屋のデパートでエレベーターを待っていました。
あれ?揺れている?と思ったら
バカラのショップのシャンデリアが大きく揺れ始め
天井が落ちると怖いので出口に行きました、歩けないくらい揺れます。

みんな一斉に外に出ようと押し掛け、友人はドアを持って座り込みました。
不安をあおる話し声が聞こえてきます。

私は友人に
「T子さん、私たちは運が強いから絶対大丈夫よ」と手を握り合いながらいいました。
T子さんも答えます。
「そうよ、強運はこういう時に使うのよね」と声を震わせながら・・・
揺れはかなり長く続きました。
銀座の歩道、車道は人で溢れます。揺れが少し落ち着いてから二人でとにかく家に帰りましょう。
友人は世田谷の駒沢公園近くに住んでいます。
「地下鉄は止まっているからJRとバスで帰るわ。」
「気をつけて」と私は目の前に止まっているタクシーに乗ってわかれました。
自宅には銀座から10分で到着。
44階建てのマンションンのロビーは人がいっぱい溢れています。
エレベーターは止まっており、9階まで歩いて上り、
はぁはぁ、息が切れ口も喉もカラカラ・・・(ペットボトルは絶対バッグに必携)死ぬ思い・・・

家の中は地震補強器具を取り付けている食器棚を懸命に押さえていた夫のお陰で全て無事。何はともあれ無事で良かった!!
・・・と安心しますが友人のことが気になります。
(我が家が近いから一緒にお連れすれば良かったと心から悔いる私)
とにかく電話は携帯ももちろん固定電話も通じません、

やっと友人から連絡があり、家に帰り着いたのは21時45分!!だったそうです。
銀座で別れたのが15時過ぎです。なんと6時間45分もかかったのです。
(電車なら30分で帰るところなのです)途中から歩いたそうです。

TVの報道では被害状況の拡大が報じられ心が痛みます。
c0177332_12255023.jpg

今朝、心配した親戚、友人から電話がかかるようになり
ブログでお知り合いになった方々からもご心配いただき心から感謝申し上げます。

明日は料理レッスンでしたが、お休みにしました。
by whitelacenonyo | 2011-03-12 12:29 | 街の情景 | Comments(11)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white