<   2013年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小さなレディーに教えることは


kimanbaさんにいただいたコメントに感謝です。
昨日書き忘れていたの(汗)
「小さなレディーのお菓子教室」は
いつものCooking Salon White Laceと同じようにした。
c0177332_2347501.jpg


子供だからと、テーブルクロスも、食器ももちろん心配はあった。
しかし、テーブルマナーを教えるいいチャンス。
テーブルマナーはナイフ,フォークを音を立てないようにと教えるだけではない。

私は小さなレディーたちに
「今日は、あなた達が素敵な大人になるために、
また将来、好きな人と一緒にお食事をするとき
その人から素敵な女性だと思われるようにお菓子作りと一緒に
ここにある食器の扱い方も教えるわね」と言った。
c0177332_23481990.jpg

シルバーのポットは100年以上前に作られたもので
磨いて手入れをして大切に使っていること。
ケーキ皿やティーカップは
これはフランス,これはイギリス,これはオーストリアetc..というと
びっくりした顔で「全部覚えているのですか?」と質問された。
c0177332_2348532.jpg

「そうよ,買った時の想い出があるし,大切に使っているから」
決して高価だからとは言わない。
c0177332_2349432.jpg

「私が気に入って大切に使っているのです」ということをはっきり伝えた。
小さなレディーたちはティーカップを眺め、ポットに目を光らせ、
食後それらを丁寧に重ねて指定の場所に運んだ。

食器類を洗わせるつもりでいたが時間が大幅に過ぎていたので
「今日は洗わなくてもいいわ」
レディーたちが帰ってから
片付いたテーブルクロスを見ると食べこぼしひとつもなく見事だった。
kimanbaさん、ご心配をいただきありがとう♫
by whitelacenonyo | 2013-03-29 23:57 | クッキングサロンで | Comments(10)

小さなレディーのお菓子教室


「ワタシ,今日は学校をお休みする。おばあちゃんと一緒にお料理教室にいくから。」と
言って困らせるのですよ。と同じマンションに住む生徒のT子さんから
聞かされたのは一年くらいまえだったかしら。
それでは「一肌脱ごう!」と私は決心した。
今日は「小さなレディーのお菓子教室」を開催した。
c0177332_21485829.jpg

「お友達を誘ってお洒落をしていらしてね。」と伝えたら、さぁ,大変!
お洒落に目覚める少女時代の9才
洋服、アクセサリーに迷っていると噂を聞いた私は“フムフム”とニンマリする。

大張り切りのHるちゃんはスカートを新調したにもかかわらず
急性胃腸炎で涙の欠席。
c0177332_2151286.jpg

子供にお菓子を教えるのは初めての私、レシピ作りに苦労する。
9才は4月から小学4年生。はてさて漢字はどの程度習っているのだろうか、、、
漢字にルビをつけてPCでレシピ作り終えてホッとした。
お持ち帰りのケーキボックスには可愛いシールを貼って準備した。
外国人二人を含む5人の小さなレディー
c0177332_21522528.jpg

それぞれに可愛いエプロンを用意している。
「あのね、これはハワイで買ったの」
「このエプロンはママが作ったの」

テーブルセッティングも本格的にセットしてテーブルマナーも教えます。
c0177332_21534138.jpg

ちょっと緊張しているレディーたちだけれど
おとなしいのは、はじめだけ♫
慣れてくるとなんとおしゃまさんたち。
学校の先生の物まねもでて、可愛いわぁ〜〜
c0177332_21541873.jpg

上手に泡だてた生クリームや包丁を上手く使ってカットしたフルーツで
デコレーションは楽しいらしく歓声が上がる。
c0177332_21575569.jpg

最後に一人一人one dayレッスンの修了証書も渡す。
c0177332_22938.jpg

「6年生になったらパスタとオードブルを教えるわね」というというと
「センセイ、その時は小さなレディじゃなくて“大きなレディーにしてね」ですって!
by whitelacenonyo | 2013-03-28 22:05 | クッキングサロンで | Comments(6)

赤は薔薇と苺のコンフィチュール


高貴な姿、形の赤い薔薇をいただいた。
(お嬢さまの会社の創立15周年記念で贈られた15本の御福分けとのこと)
c0177332_1156287.jpg

薔薇の開き具合がなんとも品のある美しさ。
c0177332_11562744.jpg

あれ?この色の赤は私の一世一代のために着用したあの赤と同じだわ!

苺の小粒を見つけると
(小粒であればいいのではなく苺の中が真っ赤でなければならないから見分けが大変)
c0177332_11565519.jpg

コンフィチュールを作るのがこの季節、私の行事カナ?

出来ました!申し分のないコンフィチュール。
c0177332_11572196.jpg

バゲットにボルディエのバターと共にたっぷり
by whitelacenonyo | 2013-03-25 11:59 | 花 花 はな・・・ | Comments(6)

桜 花尽くし


どぉ〜〜〜んと桜尽くし
c0177332_1623615.jpg

昨夜、夫の実家(岡山)へ電話すると桜はまだ固い蕾みだそう。
c0177332_167062.jpg

c0177332_16114170.jpg


東京は一足、いえ,ふた足はやい春爛漫
c0177332_1632746.jpg

(ダイニングルームの窓から)

毎年同じような写真だけれど、桜を愛でられる幸せが何よりとしみじみ思う。
c0177332_16121181.jpg

散歩の後は一服の桜茶と桜餅で
c0177332_1619567.jpg

ふぅ〜〜〜♫ 春爛漫   極楽、ご く ら く

、、、で夫は桜に酔ったか?お昼寝中、スウ、スウ
あっ,お敷の上の桜の花は桜餅と桜茶を買ったお店でいただいたのですよ。
念のため。

by whitelacenonyo | 2013-03-23 16:21 | 季節

レッスンが続いて桜は、おあずけ♫


一気に開花した桜。
そりゃぁあの暖かさだったら
びっくりして急ぎ開花支度をしたでしょう桜たち。
c0177332_14582622.jpg

イエローを使ったセッティングは生徒たち、大喜び

その間,わたくし、連続の料理レッスンのため
気は急くけれど自慢の桜並木。ゆっくり花を愛でることもままならず
すっかり出遅れている。
c0177332_1459555.jpg

上 クリームチーズとアボカドの生春巻き
下 ホタルイカと新玉葱のパスタ
c0177332_1459495.jpg

柔らかい春キャベツで包んだのはプリプリ帆立貝トマトソースを敷いて

今日は空も青空が広がり桜撮影に最適であることは充分承知しているけれど
なにさま、気温が逆戻り、寒〜〜いので写真撮影はご遠慮して
c0177332_1501217.jpg

上 新ジャガイモのギャレットスモークサーモンを添えて
下 スパイシーな海老のハーブサラダ仕立て
c0177332_1517329.jpg

丹誠込めて?栽培したバジルを使って採れたてバジルソースのコンキリエ


c0177332_1503776.jpg

上 ココナッツミルクプリン
下 クリーミーヨーグルトのダブルベリーマリネと共に
レッスンの春の料理写真を。
by whitelacenonyo | 2013-03-21 15:20 | クッキングサロンで | Comments(6)

潔く旅立つ、、、


「今朝、主人が亡くなったの、今,家に帰ってきたら想い出がいっぱいの部屋が寂しくて」
哀しみの電話をいただいたあの日の夕刻。
「今すぐ,行くから!」と飛んで行って彼女を抱きしめることしか私には出来なかった。

ご立派なご主人様は闘病中も最後のお別れも毅然として潔く
「ありがとう,ありがとう」と感謝の言葉だったそうだ。
c0177332_22323286.jpg

あの時神田通のユーモアたっぷりなご主人が案内してくださった雨の日の神田界隈。
無口な我が夫もニコニコ楽しそうだった。
それほどお元気だったのに残念でならない。
「密葬にと遺言だから静かに見送るわ」とおっしゃるのでご葬儀にはあえて伺わなかった。

それでも私は弔慰を表したい。
彼女を少しでも癒してあげられないだろうか、と考えを巡らせた。

先日、レストランに予約を入れて
「すこし落ち着いたでしょうからご一緒に夕食をしましょう。
その時はちょっとだけお洒落をして行きましょうね、ご主人さまの写真も持ってきてね」

私の申し出を快く受けてくださったY子さんは控えめに
キラリと光るレーシーなブラックのトップスとミニのスカート。
毛皮の襟が素敵なロングコートに
Alta Classeでお買い求めの私とお揃いの
c0177332_22261490.jpg

ピンクのロンググローブが華やかさを添えている。とてもエレガント。

マンダリオリエンタルホテルの38Fのレストラン
東京の夜景が美しく輝くテーブルでご主人さまへ献杯をし、ご冥福をお祈りした。
訥々と語るY子さんの想い出話から、私は様々なことをうかがい知る。
ご主人さまをどんなに大切になさり、共に歩んだ52年だったろうか。
c0177332_2233463.jpg

「あなたは本当にお幸せだったのね」私は心から言った。

彼女のその瞳に東京の夜景がキラキラ映っていた。

Y子さんが一昨日届けてくださったバームクーヘンケーキ とても美味くいただいた。
by whitelacenonyo | 2013-03-17 22:38 | 思い出 | Comments(4)

ミレニアム2巻3巻 読破!


c0177332_21423975.jpg

スエーデンの作家スティーグ・ラーソン著「ミレニアム」
2巻上下 3巻上下(3巻の下では半分位から読み終わるのが惜しくなりゆっくり読んだ)

とにもかくにも読み応えのある小説だった。
裁判の模様の息をのむ展開にはラーソンの才覚が冴えていた。と
感じたのは私だけだろうか。

3巻の下では4巻につながると想像させる。

4巻はまだ話し合いがつかないのだろうか、未だ出版されていない。
早く読みたいものだ。
by whitelacenonyo | 2013-03-14 21:54 | 本を読む | Comments(4)

蟹クリームコロッケ&ティラミス


c0177332_1023695.jpg

一昨日のレッスンではリクエストに応えてドルチェはティラミス。

久しぶりに登場の蟹クリームコロッケ&ティラミス

ベシャメルソースが滑らかにあっという間に出来る技に
生徒たちは魔法使いのおばぁさんを見るような目で私を見て感動してくれる005.gif
c0177332_1042931.jpg

「これなら、ラザニアもグラタンもすぐ出来るわぁ〜〜♫」と大喜び。

「マスカルポーネを分離させないでね」と言った私の指示を真面目に(?)守ったM子さん。
卵黄も完璧にマヨネーズ状に仕上げて皆さんから拍手066.gif003.gif
c0177332_1045427.jpg

新作のスガワラのガラスプレートに美しく盛りつけた。

今日はこれから,表参道で友人とランチ。
ブルターニュ料理のガレットを食べてパリ気分を味わおう♫
by whitelacenonyo | 2013-03-12 10:06 | クッキングサロンで | Comments(14)

桜の花も相談中?


弥生3月
ハクモクレンも満開(写真がありませんが,,,汗)
うれしいじゃぁありませんか
♫今日の暖かさ♫

桜の蕾みが相談してるんじゃないかしら、、、、
”あら、気温が上がってきたわねぇ〜♫速く支度をしなければ苦情が来るかもね。”
なぁんて桜の木々が想像したくなるようワクワクする春を思わせる今日の温かさ。

雪国はいかがだったでしょうか。
黄色にセッティングすると生徒たちは「わぁ〜〜〜黄色好きですっ」
c0177332_20222919.jpg

3月のレッスンがが始まりました♫ 
c0177332_2023369.jpg

準備を整える朝は、ワクワク
c0177332_20232964.jpg

by whitelacenonyo | 2013-03-08 21:14 | クッキングサロンで | Comments(12)

胡座をかく、レストラン


今日の記事は書こうか,書くまいか,とても迷った。
ちょっとネガティブな話しである。
c0177332_93959100.jpg

結論は書くことに決定。
(あえてここでレストランンの名は伏せることにした)
これはあくまでも私の感じた私情であるから。
胡座をかく、,という言葉がある。その胡座をかくの話しである。
胡坐をかくの意味は良い評判を得たが故に努力をしないことらしい。

小学校時代楽しく過ごした想い出を共有する友達とそのご主人と4人でお食事。
c0177332_9403771.jpg

場所は銀座。もちろん言わずと知れた?私のテリトリー(ちょっと威張る)
早速予約をいれた、とあるレストラン

コースのサラダの野菜が30種類美しく繊細な姿で
ガラスの皿に並べて出てくると一様に感嘆の声が上がり感動する。
もちろん、料理もデザートも手が込んでおいしい。いえ,美味しかった。(微妙な過去形)

今までいったいどれほどの人をご案内したり紹介したことか、、、
が、ちょっと今回は様子が違った。
予約を入れた電話の応対が???マークが頭の中に散らばった。そこはまぁ許そう。
c0177332_94122100.jpg

エレベーターを下りたらレセプションに顔見知りの女性がいた。、、、、
が、降りたのは専用のフロアーなのに顔もあげなく知らん顔、
彼女と私たちの距離は1メートル。
気配に気がつかないはず無い。しばし待つ私はここでいやな予感、その2。
名前を告げて席に案内されるまでのニコリともしない。
明るいフロアーには空席がチラホラ、、、
(あれ?いつもはマダムや若い女性やビジネスランチの人でいっぱいで賑やかなのに、、、と
またもやいやな予感、その3
空いていているにもかかわらずメニューリストも持ってこない。

まぁ,私たち、久しぶりなので話題はいっぱいあるからいいけどいやな予感、その4
やっとおしぼりがきて、また待たされやっとメニューリストがきて,,,
ワインと料理の注文完了(ホッ)
c0177332_949738.jpg

すると今度は飲み物がこない、この時間ゆう20分019.gif
友人のご主人はきっと喉がカラカラでしょうに、、、
サーブする人たちに,どの人にも笑顔がないのが不思議009.gif
「元気なフロアー担当の女性がいましたが今日はお休みですか?」と聴くと
「退職しましたっ」と切り口上のマメネージャーらしき男性。(ッがはいる返事)022.gif
やはりいいスタッフは見切りをつけてやめていくのね(フム、フム)
いやな予感その5
イエ、ここを選んでしまった失敗を確信、その1。
でもご一緒した小学時代の友達&ご主人さまははるばる別府から上京なもので
「別府にはおしゃれな雰囲気のフレンチはないわぁ〜〜」と屈託なく言ってくれるが
礼儀正しく伊達に歳はとっていない人たち、
微妙な慇懃無礼を感じていたはずだが表さない賢さに救われた私。
c0177332_9522481.jpg


料理も以前に比べて数段、質が落ちていた。確信その2
で,私が何を言いたいか、、、このレストランオープンして数年、多分3〜4年
雑誌に載ったり口コミでとにかく予約が取れなかった
料理も工夫がしてあり美味しかった前菜のブータンノワールは、絶品だった。
評判や予約殺到に胡座をかいたオーナーシェフ。
(友人たちから聴かされたオーナーシェフの傲慢な態度など)
またオーナーがスタッフを大切にしていない状況がが察しられ
私はもう二度と足を運ばない。確信その3

対極なのが
恵比寿のジョエル・ロブション。
料理はもちろん最高と私は思う。それにスタッフたちが仕事を楽しんでいる様子、
来客に対しても大切な時間を心地よく過ごしてもらうために
全員一丸となってサービスに心を込めるあの素晴らしさは
ジョエル・ロブション氏の心が伝わっているのであろう。
c0177332_9421730.jpg

一昨年の20周年パーティーから一年過ぎた、昨年の私の誕生日に予約をしたが
インフルエンザワクチンの影響で風邪気味となりやむを得ず
意を決して当日キャンセルをした007.gif
その時の電話対応、「当日ですからキャンセル料をお支払いします」と言うと
「それはいただきません。どうぞ早くお元気になられてご来店お待ち申し上げます」003.gif

元気になったけれどまだジョエル・ロブションへは行っていない。
6月の夫の誕生日に私の遅れた誕生日と合同で行きましょうと決めている。

White Laceの生徒の一人は3月結婚記念日に
ジョエル・ロブションの予約を入れたと報告があった。
素晴らしい料理とサービスを受けに行きたいから、、、ですって。
きっと満足のいく結婚記念日になることでしょう067.gif
by whitelacenonyo | 2013-03-07 09:46 | レストラン | Comments(2)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white