<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

日本語の美しさ、優しさを伝えたい、

久しぶりの秋晴れの心地よい一日のこと、
毎月食事会をしている仲間と現代の言葉使いが話題になった。
c0177332_22322785.jpg

kanafrさんともコメントのやりとりで最近の言葉使いを憂うこととなった
言葉が時代と共に変化し、現代の言葉使いに???を
感じている今日この頃をとりあげてみよう。
c0177332_2232541.jpg

アミダさんもお書きになっているネット社会と私が常に憂うメディア社会
これによって大きく変わったのが言葉や文章であろう。

ネット社会ではメールで新年の挨拶が
「あけましておめでとう」・・・・「あけ、おめ」
「以前の彼」・・・・・・・・・・・「元、カレ」  

これらは現代がスピードUPを良しとする傾向からうまれたのだろうか?
何事も全て急いでいることになるからだろう。

メディア社会ではNHKでさえ
ニュースの原稿を読む速度が以前より早くなった。
「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」
交通安全標語を思い出した。
c0177332_22355071.jpg

料理に携わる私としては気になる言葉
*ご馳走さま・・・「ゴチでした」
*おいしい・・・「ヤバい」
*コーヒーをテーブルに置いて言う・・・「コーヒーになります」
*「私は好きだわ」・・・「私的には好きかも」
*「私はこう思います」・・・「個人的には思います」
*「涙がでた」又は「泣いた」・・・「号泣した」

「〜〜〜でよろしかったでしょうか」
「〜〜〜だよ」男性言葉が多くなった。
まだまだあげれば数限りない。
c0177332_22332958.jpg

小津安二郎映画の古き良き昭和の時代、
家族で交わす会話、友達と楽しく話す会話に日本語独特の美しさ、優しさ
思いやりなど言葉の中に含まれていた。
今の時代にあの頃の言葉使い復活をというつもりはない。
しかし、
あまりの言葉の乱れに、ため息はつきつつも
せめて私たち世代は、誇りを持って日本語の美しさを大切にし、
機会あるごとに使い、伝えていきたい、、と思いませんか?

あら、そういえば、私も「超おいしかった」って使っていましたわ012.gif
これからは「とてもおいしいかったわ」って言います。約束します。
by whitelacenonyo | 2013-10-31 22:53 | 日々に思う | Comments(16)

心が痛む・・・


「食材が良くなければどんなに素晴らしい技術を持った料理人でも
おいしい料理は作れないのですよ」
料理レッスンの度に、私は生徒たちの耳にタコができるほど言っている。
c0177332_21455025.jpg

食材選びに神経を使う私は、思い描く食材を手にいれるため
バスや電車に乗って買いに行く。
c0177332_21461284.jpg

そうして手に入れた食材をレッスンの時に
見せて、触らせて、作らせて目に焼き付けて、
見分ける目も味わう舌をも、しっかり養う勉強する。
c0177332_21463294.jpg

TVで報道されている
有名ホテルの食材誤認、又は偽装、、うんぬんは、
腕のある料理人程、悔しい思いをしているのではないだろうか、、、
コストを下げるため、「こうしよう」と提案されて
涙をのんだ料理人もいるでしょう。
(本来ならばキッパリ断るべきであるけれど、、)

日本料理が世界無形文化遺産に選ばれそうだ、、というニュースに
喜びも半減のようで私の心は痛む。
(写真は昨年Paris滞在時に手に入れた野菜たち)
by whitelacenonyo | 2013-10-27 22:02 | こだわり | Comments(12)

10月のレッスン、秋の食材てんこ盛り・・


10月のCooking Salon White Laceのレッスンは
秋の食材満載です。

マッシュルームでしょ。
c0177332_14371874.jpg

♫*レストランのスープみたい??*♫

茸でしょ
c0177332_1438125.jpg

♫*アンチョビがアクセントで大人のマリネだわ??*♫

栗でしょ
c0177332_1438385.jpg

♫*栗の皮むきが大変だけれどおいしいから作りたいわ??*♫

柿でしょ
c0177332_1439890.jpg

♫*ヒレ肉と柿って合うのねぇ〜、リンゴも合いますよ??*♫

帆立貝にも茸を添えたでしょ
c0177332_14411912.jpg

♫*帆立貝に茸の香りと味が染みてお洒落ですね??*♫

テーブルセッティングでしょ
c0177332_14404061.jpg

 それぞれのグループはレシピも異なるから
セッティングもそれに合わせるのがWhite Lace流
by whitelacenonyo | 2013-10-24 15:02 | クッキングサロンで | Comments(12)

モンブランは秋の女王


生徒からモンブランを教えてください。・・と
リクエストがあった。
私がお菓子教室に通っていた頃はモンブランなんてなかった昔、昔のこと
c0177332_7232256.jpg

さて、教えるには試作をしなければならない。

世田谷の等々力に住んでいた頃、近くの尾山台に
シックなパティスリー、当時の呼び名はケーキ屋さん
AU BON VIEUX TEMPS(オウ・ボン・ヴュータン)へ
娘を車に乗せてよく買いに行ったものだ。
オウ・ボン・ヴュータンのモンブランはメレンゲがさくっと絶品だった。
c0177332_7234719.jpg


再現するため絶品のモンブランを買って味を確かめる。
(日本橋高島屋だけに出店している)
やっぱりおいしい。↓試作をパクッ
c0177332_7253021.jpg

舌にしっかり味を覚えさせ
メレンゲ作りはオーブンで焼く時間は1時間半かかる(フウ、フウ)
マロンクリームを絞り出すのが意外と難しく試作を重ね
試験台の夫、だんだんおいしくなってくるね、、
c0177332_7255994.jpg

晴れて完成したモンブラン。
三クラスのレッスンで教えることが出来た。
c0177332_7474384.jpg

レッスン開始時、「今日はモンブランを作ります。」
「きゃぁ〜うれしい!!」003.gif070.gif大喜びされ、
幸せな気分の私でした。
by whitelacenonyo | 2013-10-22 07:42 | お菓子 | Comments(14)

トロリなブルーのガラス器は?


あ〜〜驚いた。
すっとこさんのBlog隠れファンが日本各地に
はてまた、フランスのパリにもいらっしゃるとは、、、
c0177332_2229333.jpg

すっとこ鑑定士さん、
私の度重なるお願いにも快く応じてくださるということで
本日も鑑定第二弾。
数年前、富岡八幡宮の骨董市で買ったガラス皿。
c0177332_22294284.jpg

淡いブルーにミルクをかけたような柔らかい色と形が気に入って手に入れ
アイスクリームやヨーグルト、パンナコッタ又はイカのタラコ和えなど
料理レッスンでも日常でも度々登場するほど使っている。
c0177332_2232582.jpg

すっとこさんがコレクションしているガラス器に少し似ているかも、、と
またもや鑑定をお願いいたします、、ね、すっとこさん。
by whitelacenonyo | 2013-10-19 22:34 | アンティーク 骨董 | Comments(10)

アメリカのアンティーク


NYにお住まいでユーモア溢れる名文で
多くの仲間を楽しませてくださっている
すっとこさん

c0177332_14475638.jpg

アメリカアンティークのガラス食器や陶磁器の収集家でもあります。
それらを手にいれると、”ブツ”と称してBlogにUPして、
私はいつも垂涎状態と地団駄を踏んでいる?・・・

今日はNY駐在していた私の友人がNYのアンティークマーケットで
収集していた中のひとつをプレゼントされた
エレガントなアンティーク食器を鑑定していただくことになったのです。
c0177332_14482930.jpg

ガラス器の周りと花柄の模様は銀で美しく繊細に装飾されている。
磨かないと銀が変色する。(今日の写真のために磨いたのはだぁ〜れだ) 夫よ
中央が仕切られているのでナッツやサラミ、チーズを盛ることが多く
最もお気に入りの器である。
c0177332_14492448.jpg

すっとこさんが最近手に入れられたケンブリッジ社のそれはそれは
エレガントなガラス器

私の器と似ているから、鑑定をお願いしたのであります。

by whitelacenonyo | 2013-10-16 15:00 | アンティーク 骨董 | Comments(20)

三越本店でジロール茸


「日本橋三越で”フランスフェアー”をしていますよ。」と
貴重な情報が生徒のA恵さんからLINEに入った。
早速昨日、すたこら三越へ。

わぉぅ〜凄い人たちでごった返している。
伊勢丹で開催される”サロン・ド・ショコラ”の高齢化部門だわぁ(苦笑)
私のお目当てはこれ。
c0177332_22541861.jpg

「トリュフ・ソルト」
c0177332_22551583.jpg


昨年のParisで買ってきたけれどとっくに空っぽになっていた。
c0177332_22555021.jpg

セップ茸、ジロール茸 アーティチョークなど
フレッシュな野菜の店もあった。
あれこれ買って重い、重い
c0177332_22561110.jpg

ジロール茸で夜ごはんはパスタ。
by whitelacenonyo | 2013-10-14 22:58 | 楽しみ | Comments(4)

86才でスポーツジム通い。


フィットネスクラブを変えてから10日余り経ち、
少しづつ慣れてきたし、使い勝手もわかってきた。
ミストサウナは肌と髪にすこぶる良い!
c0177332_21363999.jpg

嬉しいのは利用者が少なく、ゆったり優雅に、エクササイズが出来る。
先日はスタジオでヨガとピラティスを混同したヨガティス、
太極拳を取り入れたバランス体操、ラクラク体操に参加した。
c0177332_23295046.jpg

カウンセリングを1時間半もかけて受け、メニュウを組んでもらったら、
「今まで10年以上やってきたことがあまり効果がなかったわ」と言うと
「そうではありませんよ。やってきたことは無駄ではないと、、、」と
言われ少しほっとしたが、

今度ののメニュウは私の望むところに効果が出そうで、
「わぉ!たのしみだわ」
余分な肉や脂肪のついた箇所が解消される日はくるのだろうか?
c0177332_2146239.jpg

そうそう、お洒落でお元気な老婦人とパウダールームでご一緒になる。

「私、86才なの、あなたは何才?あら、お若いわね、
だから髪の毛もたくさんあるのね。
私を見て、地肌が見えて、すけすけよ。
若い頃はいっぱいありすぎて梳いていたのよ。」
美しい白髪だけれど少し・・・透けている、、
ボディークリームを塗り、アイシャドウをつけながら
お化粧を仕上げていくのです。

ところが今日、仰天した005.gif
私が汗を流しているジムにその老婦人が現れた。

細めのサングラス(耳にかかる部分は赤)どうも目が少しご不自由らしい
赤いパンツ、ピンクのTシャツ、真っ赤なスニーカーで現れ、
マシーンを使って20分程トレーナーとおしゃべりをたのしみながら
トレーニングをするではありませんか!
c0177332_21463961.jpg

チラチラ、横目でみながら、私は深く心に決心しましたね。
私も86才になって、老婦人のようにジムに通えるようになっていたい。
・・・・生きていればね・・・・
by whitelacenonyo | 2013-10-12 21:52 | 思い・・・ | Comments(14)

無花果のコンフィチュールは毎年恒例


無花果の奔りは高価なため、生ハムやゴルゴンゾーラチーズと一緒に
ワインと共に楽しむ。
旬になるのを待って安くなると
コンフィチュール作りのため張り切って買てしまう。
c0177332_2055361.jpg

ザァザァ、水を流し洗う。
へたを切り落とし、手でつぶしながらルクルーゼに入れ
砂糖の帽子をかぶせ皮を剥いたレモンの輪切りと共に20〜30分置く。
さぁて火にかけましょう。

強火にしてやけどに気をつけながら焦げ付かないように混ぜること
10〜13分。
部屋中に甘い香りが立ちのぼり鍋の中はピンク色。
あっという間に無花果のコンフィチュールの出来上がりに
私はうっとりする
c0177332_20552436.jpg

煮沸した密閉容器に熱いうちに移し容器を逆さにして冷ましたら
出来上がり。
c0177332_2285142.jpg

by whitelacenonyo | 2013-10-09 22:10 | 料理 | Comments(10)

シックな秋色でレッスン


10月秋のレッスン。
テーブルも秋のセッティングよ。
c0177332_22105665.jpg

暑かった夏は築地へ行くのも避けていた。
けれど涼しくなって、
「いざ往かん築地市場」
幸運にもマグロの上物がいつもに比べて買いやすい値段070.gif001.gif
c0177332_22133128.jpg

中トロを手に入れて、リクエストされていた松茸ごはんは
マグロ丼に変更。
******
今日もレッスンに励んだ私。
c0177332_2211595.jpg

先月体験レッスンしたNewグループ。
デセールはカトルカール。
昨日作った無花果のコンフィチュールを添えて。
by whitelacenonyo | 2013-10-08 22:15 | クッキングサロンで | Comments(10)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white