<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キラキラゼリーとフルーツのデセール

6月最後の日!

困った,困ったって、いったい何が???

速すぎるのです。一年が過ぎるのが。

この分だとすぐにお正月かしらぁ~

なお、困った!

c0177332_22260070.jpg

本日は6月最後のレッスンでした。

いろいろフルーツの上にキラキラ輝く冷たいゼリーをトッピング。

夏本番のデセールに最適です。

c0177332_22295104.jpg

ウェルカムドリンクは今年も作った、紫蘇ジュース

グラスはDaumのフェアリー。

プレースマットと同じ色🎶 って喜ばれました。






by whitelacenonyo | 2014-06-30 22:33 | クッキングサロンで | Comments(2)

天然真鯛のカルパッチョと刺身包丁

Cooking Salon White Laceのメンバーのほとんどが

遠くから通ってきてくださっている。


ひとグループだけは、ご近所さんのグループです。

c0177332_09405447.jpg

築地場内市場の飯田水産で買った

天然の真鯛でカルパッチョ。

ご覧ください鯛の身が透き通っているでしょう。

c0177332_09431638.jpg

刺身を切るときの包丁使いを教える。

レッスンでは担当者がひとつの料理を作り上げるのですが

魚を切るときは全員に切ってもらう。

見るとやるでは大きく違いますからね。

「あら!薄く切れない!」「わぁ!モロモロ状態・・・」

それはそれは賑やかなこと。

使う刺身包丁は母が使っていた物(銅巻き)

c0177332_09434619.jpg

16年前の私の誕生日に夫がプレゼントしてくれたもの。

(母の包丁のほうが未だによく切れる)


ソースはレモンとEXVオリーブオイルで爽やかに

ポアブルを散らして美しくお洒落に盛りつけました。



by whitelacenonyo | 2014-06-27 09:49 | クッキングサロンで | Comments(6)

料理に合わせての食器選びは心がはずむ。

Cooking Salon White Laceのレッスン

いつもは皆さんがいらっしゃる前にテーブルセッティングを調えておきます。


比較的新しいグループの6月、7月レッスンでは

c0177332_17221245.jpg

テーブルセッティングも勉強していただくことにしました。

*****

c0177332_17252721.jpg

メニューを見てお好きな食器を選びます。

ヴィシソワーズはやっぱりクリアーなガラス

メインにはウェッジウッドがいいそうです。

パスタにはタラコクリームソースのピンクが映える

白いベルナルド

c0177332_20103717.jpg

デザートにはスガハラガラスなどを

あれこれ、迷いながらたのしそうにセレクト。

カトラリーの並べ方にも気を使いましょう。と

やり直しを命じました。

c0177332_20220569.jpg

私はことあるごとに生徒たちにいいます。

レストランや日本料理屋さんへ行って

すぐにパクパク食べるんじゃありませんよ。

店の設えや照明、器の使い方、

カトラリーや箸の置き方をじっくり観察すること

それにスタッフの立ち居振る舞いや清潔感など、

よい店は必ずや学ぶところがありますから・・と




by whitelacenonyo | 2014-06-24 20:23 | クッキングサロンで | Comments(10)

キッシュやタルトはパート・ブリゼやパート・シュクレで味が決まる。

料理サロンまでちょっと空いた日々

ミニトマトのハーブマリネ

タイムはいい仕事しますよ。

c0177332_08590483.jpg

あれこれ作って楽しんだり,気が乗らずに面倒だったり、、

大事に育てた豊作のバジルでジェノベーゼ作り

c0177332_09005593.jpg

出来上がって食べてみると

おいしい!と笑顔になったり、

c0177332_09221489.jpg

プラムのコンフィチュール

c0177332_09012756.jpg
甘酢に漬けた茗荷で混ぜごはんは失敗作

ぎゃ!これは駄目だ~~だったり


久しぶりに作ったキッシュは

パート・ブリゼの配合を変えてみたら

まぁ!!!美味しかった🎶

c0177332_09021478.jpg
ベーコンとズッキーニ、玉葱
生クリームもチーズも残り物で

キッシュやタルトはパート・ブリゼで大きく味が変化する。

美味しさはパート・ブリゼやパート・シュクレがポイントです。


あ、あ〜〜サムライジャパン、頑張ったけれど、、

この試練を乗り越えて!!

次につなげよう!





by whitelacenonyo | 2014-06-20 09:13 | 食卓のつぶやき | Comments(8)

求めやすい食材で料理レッスンしています

6月はもう,半分経過。

Cooking Salon White Laceのレッスンは後半に立て込んでおりますが

先日の少子化貢献グループのレッスン

Antipastoは

ベストママッチと言われる鴨のスモークとオレンジをサラダ仕立てに

c0177332_10091520.jpg
スガハラガラスのプレートで涼しげに盛りつけ。

Cooking Salon White Laceは

c0177332_18380455.jpg

フランスとイタリアの家庭料理を教えていますからね。

スモークする鴨は家庭ではちょっと無理なのでこのような時は

出来上がった鴨のスモークを買ってくることを勧めます。

c0177332_10110525.jpg

お勧めはButzの合鴨のスモーク

Primo piatto

コンキリエをモッツアレラチーズで

c0177332_10121396.jpg

secondoはPesce

c0177332_10130432.jpg

魚介のクリーム煮

アサリのスープを使って

深い味に仕上がり感動してくださった。

Dessert

ミルクティーのタピオカ

(タピオカが沈んでしまって)

c0177332_10150171.jpg
071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif

昨日の燃えて、燃えて、残念無念のワールドカップサムライジャパン。

ギリシャ戦では勝ちましょう!!



by whitelacenonyo | 2014-06-16 10:31 | クッキングサロンで | Comments(6)

ガストロノミー・ジョエル・ロブションPart3

ガストロノミー・ジョエル・ロブション

c0177332_22014628.jpg

    (雲丹 甲殻類のジュレになめらかなカリフラワーのクレームキャビア添え)

ダイニングルームではスッタッフたちが

キビキビと楽しそうに絶妙なタイミングでサービスに努めている。

「天下のロブションで働けるのですものね、、、」と,私

「社員教育が大変なのですよ。若い世代はゆとり教育世代ですから、、」

「それ、うちの生徒たちも35,6才の生徒たちが新入社員がゆとり世代だから

難しい、、すぐに,泣く、心が折れて休む、、って聞いたことがありますよ」

c0177332_22023986.jpg

(夫の選んだ肉料理ハーブ豚 ゆっくりとグリエし、万願寺唐辛子とチョリソーのジュと共に)

「彼らは、厳しさに耐えて楽しく働いているのを見ると厳しく指導してよかった思いますね。」

等,ここではあかせないお話も伺い。デセールも美味しくいただきワインも進んで

エスプレッソが喉に心地よく落ちていく。

12時半から16時過ぎまで充実の時間を過ごしました。

夫ポツリといいました。

「このレストランはやっぱり,満足させてくれるね」

夫の笑顔をしみじみ見つめながら「来年も来ましょうね」

料理の写真は、主義として写しませんのでこれだけです。

私の選んだメインは 

ブルターニュ産パンタード 2種の調理法で セップ風味のフォアグラとアーティチョークバリグール

パンタードって????ほろほろ鳥です。これは食べたい!

選んで正解でした。異なる調理法とセップの粉末を振りかけたフォアグラ!美味しゅうございました🎶


ワインは私から,夫へのお祝いなのですが、サンセールと決めていたのです。

ところがワインリストを見たら予算オーバー!!でしたので

ソムリエの薦めるサンセールに似た白ワインにしました。

サンセールに負けない美味しさでしたわ。





by whitelacenonyo | 2014-06-14 22:31 | レストラン | Comments(10)

ガストロノミー・ジョエル・ロブションPart2

さてさてガストロノミー・ジョエル・ロブション

ゴージャスなインテリアは

c0177332_23233332.jpg

インテリデザイナー森田恭通氏(大地真央の夫)。

ゴールドの壁面にキラキラ輝くスワロフスキーがはめ込まれ

バカラの豪華なシャンデリアが一段と存在感を示している。

絨毯もテーブルクロスも黒一色は、

ムッシュゥロブションのたってのこだわりだと言う。


螺旋階段下のお花や、ダイニングルームのゴールドとブラックの

コントラストに一段と映え、 華やかで品がよい。

c0177332_23253542.jpg

「 週3回の活け変えやメンテナンスや季節にあった色など難しい注文を伝えるため、やっとここに来て5軒目でよい花屋にめぐり逢えて落ち着いています。

私,「ある業者から聞いたことがあるのですが

ロブションへは一番良い食材を持っていくと言っていました。」

「はい、欲しいと思う食材を値切ることは一切しません。

そのため、これっといったよい食材が手に入りお客様にご提供できます。」

什器に関してもお話を伺った。

全てのテーブルのランプと一輪挿しはバカラ

c0177332_09242548.jpg

天の声が(オーナーが)降りてきて揃えました、、と

ユーモアたっぷりにおっしゃる。

「ランプの側に散らせているスワロフスキーのビーズ

季節によって色を変えます。今はブルーですが春はピンク色なのですよ」


「Cooking Salon White Lace20周年パーティーでメインの肉料理が盛りつけられたプレートは

リモージュの名窯ベルナルドのエキュムゴールドプレートでしたね

c0177332_09221422.jpg
               (パーティーのメイン肉料理です)

一枚6万円以上しますね。それを50枚も出してくださったのですね。」というと

食器を揃える場合最低60枚~80枚、本当は100枚欲しいのですよ。

欠けたり割ったりしますからね。

これも天からの声で揃えるのですが100枚は無理のときもあり

80枚くらいで我慢しています。」

控えめに話す。

このような会話を交わしながら、美味しい料理は進みます。


想像を遥かに超えた資金力、それに日々の努力と全員の結束力が実を結ぶ

三ツ星レストランと評価される所以は

PartⅢに続きます。



by whitelacenonyo | 2014-06-13 09:50 | レストラン | Comments(6)

ガストロノミー・ジョエル・ロブションは健在なり

6月10日

夫の誕生日だった。

高齢の、あっと、もとい、

恒例のガストロノミー・ジョエル・ロブションでのお祝いランチ

レストラン、満席です。

c0177332_09143326.jpg

今年も元気に迎えられ喜びは一入

夫へのお祝いカードは今年はポップな、これ、

青山スパイラルマーケットで買った。

c0177332_09145901.jpg

照れながらもやっぱりうれしそうに。

c0177332_09164906.jpg

来るたびに大満足のジョエルロ・ブションは今年も健在なり、、

料理の幕開けは

鮎の魚醤をスポイトで一滴、ローストしたアーモンドにたらして始まるうれしさなり。


一段とダンディーさを増した山地総支配人。

インテリアから什器にスタッフの教育などに関する

一流と言われる所以のお話をため息まじりに伺った。

c0177332_09155639.jpg


とても興味深いお話ですよ

ガストロノミー・ジョエル・ロブションPartⅡとして

後日に綴ります。





by whitelacenonyo | 2014-06-11 09:29 | レストラン | Comments(14)

Cooking Salon White Laceの生徒は少子化問題に貢献中


政府は少子化対策をあれこれ考え中らしい、

「私、二人目が11月に産まれます!」

昨日のレッスンでうれしい報告してくれたのは、Aiさん。

c0177332_15540569.jpg

「わぁ!おめでとう!」

とサロンのレッスンではおめでたい報告が続々。

何年も妊娠の兆候がなかったR枝さんは6月出産予定で

今月からお休み

E里さんも6月予定日。産まれたかしら、,,


c0177332_15545738.jpg

一人目出産後サロン復帰の生徒さんたち数えきれません。

二人目出産後復帰第一号はY子さんです。

現在、3人の生徒たちは二人目も出産されて数ヶ月

『早く復帰したいで~~す」と

LINEにベビーちゃんの写真を送ってくださり、私はうれしさ倍増。

c0177332_15551718.jpg

政府は少子化問題に取り組んでいますが

Cooking Salon White Laceにおいては生徒の皆さん、

一人目はもちろんのこと

二人目をサラッと産んで社会貢献を果たし、

なおかつ料理サロン復帰を果たしている余裕です。

その余裕は簡単ではないはず。


ご主人さまの愛情と思いやり。

c0177332_15562591.jpg

義母さまやお母さまのご協力なくしては実現出来ないことです

ご協力くださる周りの皆さまに私も心から感謝いたします。

c0177332_15553084.jpg

そして何より一番努力をしているのは

生徒の皆さんです。

イラストは全て無料イラストを使用させていただきました(感謝)

by whitelacenonyo | 2014-06-08 16:22 | クッキングサロンで | Comments(6)

三都物語 お墓を持つか持たないか?

三都物語「初夏篇」です。

わたくし、テーマの当番です。

バトンタッチ形式ですので

whiteフィレンツェのアミダさんParisのラパンさん繋ぎます。

c0177332_22371328.jpg

当番役は意外と頭を悩ます。

でもね、頭を悩ます日々から遠ざかっているため

あがく日があるのも悪くないわ。

で、あがいた結果、今回のお題は

「お墓」

そこのあなた!ギョッとしないでくださいナ

人間、産まれた以上必ず死が訪れるのは

お約束でしょ。

と、ここまで書いて思い出したのは

前回のラパンさんから

「海辺の墓に眠るポール・ヴァレリーの詩から」

という趣のあるテーマでした。

c0177332_22210077.jpg

折にふれ

「お墓はいらない、お骨はセーヌ川に流して..」と

私は冗談とも,本気とものように、言っていた。

(最近は本気である)


夫の実家は岡山、先祖代々の墓はある。

夫は末っ子、その墓に入らない。

(入りたいと言えば入れてくれるだろうが)


私の実家のお墓は福岡県八女市にあった(過去形)

父は長男で代々の墓が延々と継がれてきたが

親戚縁者との交遊も途絶えがちのため、

今から35年ほど前、京都の寺へ移した。

(墓を移すことは大変な手続きと労力とお金がかかる)

c0177332_22221035.jpg

私の子供は娘一人だけ。

結婚している娘はその夫の墓に入るだろう。

そうなれば私たちは墓を持っても、いずれは無縁仏となるであろうから

お墓を持たない。という夫唱婦随ならず、婦唱夫随という結論になっている。

(三都物語を書くにあたって再度、夫婦で確認済み)


私たちがこの世に存在した証は娘がおり、孫がおり、これからも何らかの形で

引き継がれるだろうし、

もし,途絶えたならそれはそれで良しと考えている。

時折

生きていることは、さまざまがとても重い・・と思う。

それゆえにこの世に別れを告げたあとは軽くありたいと私は願う。

墓を持たないということも軽く,軽く、、、、

今を精一杯生きて、死しては消え入るのみ・・・

これって人生究極の断捨離といえましょうかねぇ。


c0177332_22294398.jpg

アミダさんはイタリア在住

ラパンさんはフランス在住です。

はてさて、お二人はお墓のことはどのように考えているのでしょうか

まだ若いお二人ですからお墓なんてまだ、まだ考えたことはないわと

おっしゃるかもしれませんが、、、

この際、お聞かせいただきたい。









by whitelacenonyo | 2014-06-05 00:01 | 三都物語 | Comments(12)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧