<   2015年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ほっとする時間


〜♫ ♫〜

すべてのグループの1ヶ月間のレッスンが終わると、

まずは安全にできた感謝と安心感をしみじみ味わう。

次にレシピの組み合わせが喜ばれたであろうか、、

作ってみようと!と思えたレシピであっただろうか・・と

頭をめぐらせます。

c0177332_22495939.jpg

使った食器類を元の位置に収納し

使いやすいように出していた調味料や

キッチングッズを引き出しや戸棚に全てしまいこみます。

レッスンのない時はキッチンはスッキリさせて

ほとんど物を出していないのです。


この状態は次のレッスンのための私がリフレッシュできる

唯一の儀式のようなものです。

ほっとする時間です。


5月の料理サロン終了の日は

5月ももう、最後の日、

早すぎて困っっている私。



by whitelacenonyo | 2015-05-31 23:00 | クッキングサロンで | Comments(4)

帚木蓬生 山本一力 宮部みゆきの世界へ

作家、帚木蓬生の著書に夢中。

「安楽病棟」を読み始めたけれど、

私の年齢には暗い気持ちになるのがぬぐえず

途中で放り出した。

c0177332_18151963.jpg
(今年の秘密の花園)

次に

「アフリカの蹄」と「アフリカの瞳」を読破。


「アフリカの蹄」は

撲滅したはずの天然痘と戦うストーリー

c0177332_18070254.jpg


白人支配の南アフリカ

劣悪な環境でしか生活できない褐色の肌

過酷な運命の中で

人間として生きたい、生きなければと願う人々たち。


「アフリカの瞳」は

蔓延していくエイズと戦う

c0177332_18072848.jpg


日本人医師と意識の高い褐色の肌の人々が

難関を乗り越えるスリリングな中に勝利を得る。

心に沁みる。


「神様は何故に白い肌と、褐色の肌と黄色肌の人間を作ったの、、」

と、呟く賢いパメラ。


ますます帚木蓬生氏の著書にのめりこみそう。


山本一力著「梅咲きぬ」

c0177332_18074328.jpg

江戸時代の老舗料亭の跡取り娘が周囲の大人に教えを請いながら

聡明に成長していく姿に

心和んだ物語だった。


もう一つ

c0177332_18075103.jpg

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの

宮部みゆき著

「日暮らし」

楽しく面白い展開の長編。

よくも登場人物をこれほどバラエティーに取り揃えたものだと

関心しきり。




by whitelacenonyo | 2015-05-30 18:22 | 本を読む | Comments(0)

伊勢丹で見つけたパラソル

パラソルを買った。


和光、バーニーズ・ニューヨーク、銀座のデパートに

イメージするものは見つからない。


そうだ!京都へ行こう、じゃなくて伊勢丹へ行こう。

傘売り場に1本だけ私を呼んでいるパラソルが!

ほら。

c0177332_07255613.jpg
c0177332_07264086.jpg

リニューアルされた伊勢丹リビングフロアーで

室内履きも

ほら。

c0177332_07271509.jpg



〜〜〜伊勢丹では〜〜〜


今日も、ファッションはさりげなく上質な人を見かけました。

グレイッシュなヘアースタイルの二人のマダムが印象的でした。

(私もグレイッシュヘア〜なので)

そのうちの一人は室内履きコーナーで。

真っ白な綿のブラウスに濃紺のゆるいフレアースカート。


お肉売り場で

私の買ったニュージーランド産の骨つきラムを

「同じラムを頂くわ」と笑顔を交わした

マダムは

真紅のルージュがグレイッシュヘアーにベストマッチ

いっぱいの食料品が入ったカートを押して

クロコダイルの黒いミニケリーバッグを品良く腕にかけられ

そこには生きてきたオーラがキラリ072.gif072.gif



by whitelacenonyo | 2015-05-28 07:38 | ファッション | Comments(6)

レモンの木に実がついた。オリーブの木にも花が、ハーブも元気

5月初めの頃だった。

ベランダにいた夫が、

「お~~い、見ろよ、レモンの木に花が咲いているよ。」

走って行った私、

走るほどの距離ではないけれど


c0177332_11082684.jpg


かなりあちこちに咲いているかわいい白と黄色の花。

↓今朝の状況です。


c0177332_11043304.jpg


それから4~5日して、またベランダから私を呼ぶ夫。

また走って行った私。

オリーブの木にも花が。

****

嬉しい。今年は実が豊作ね。


c0177332_11254346.jpg

ハーブも健やかです。


c0177332_11240762.jpg


レッスン日のウェルカムドリンクは

ミントが主体のハーブティーを飲んでいただいています。




by whitelacenonyo | 2015-05-27 11:32 | 季節 | Comments(4)

生クリームと無塩バターの料理

5月の料理レッスンは

空豆が大活躍。

空豆と新玉ねぎのクリームソースのパスタ

c0177332_13432168.jpg

ひとりの生徒が「お店で食べるクリームソースパスタは

ベシャベシャでおいしくない・・牛乳を混ぜているのでしょうか」

小さな声で言いました。

「そういうこともあるかもしれませんね」


このパスタには生クリームをたっぷり入れます。

この時は乳脂肪分36%の生クリームがベストです。

ポタージュスープなども乳脂肪分36%で。


泡立ててお菓子に使う時などは乳脂肪分45%の生クリーム

使い分けると良いですよとアドバイスします。

c0177332_13442689.jpg

豚ロース肉のオレンジソース


White Laceの料理は無塩バターもたっぷり使います。

生徒たち「えっ!!そんなに入れるのですかぁ~」と怖がる?

「この量を一人で食べるのではなくて4人なり5人で食べます。

そうするとびっくりするほどの量ではないでしょ」

全員が納得します。


オレンジソースにもブールマニエとして

コクと、香りとトロミをつけるために

無塩バターを使っています。

生クリームや無塩バターをたっぷり使った料理は

一層おいしくなりますねぇ。



by whitelacenonyo | 2015-05-26 13:55 | クッキングサロンで | Comments(0)

Parisのバターをお洒落に変身。

5月のレッスンでは、全グループに

マダムSからいただいたParisのバターを


c0177332_01121199.jpg


バゲットに塗るのではなく、たっぷりのせて

召し上がれ。

みなさん大喜びしてくれます。


c0177332_01122465.jpg


バターもお洒落にカットします。


c0177332_01123626.jpg

この部分を使いました。

数十年前ドイツの旅で見つけたカッターは

チーズもバターもおしゃれに変身です。



by whitelacenonyo | 2015-05-25 01:25 | クッキングサロンで | Comments(4)

明るい湘南にはゆうゆう時間が流れている

🎵湘南にいらっしゃいませんか🎵

いつも誘ってくださり前回はこちらでした。

今日、五月晴れの眩しい太陽の下、

lilyさんと新緑に目を染めながら、

コスモスさんとノエルちゃんの出迎え受けました。

淡いグリーンの瀟洒な、コスモス邸。

c0177332_23000258.jpg

エントランスでは薄紫のアジサイが出迎えてくれます。

素敵なインテリアの

リビングルームとダイニングテーブルに

なぜかリラックス出来るのは、どうしてだろう・・

そうだ!コスモスさんのブログに登場する

写真で見慣れていたからでしょう。

「whiteさんがお料理の先生だから緊張したわ」と仰りながら

c0177332_23002498.jpg

次々供されるお料理の盛り付けと美味しさに

私は目を見張りました。

なぁに、コスモスさん、ご謙遜を。

だってポトフの美味しかったこと。


c0177332_23001414.jpg

鮮やかなグリーンサラダのピクルスドレッシング。

グッドアイデア&ベストマッチですわぁ~~

white、脱帽です。


私たち集まるといつものことですが

しっかり完食しながらおしゃべりも完璧にこなし、

とにもかくにも元気で食欲があるって幸せなシニア世代よね~~


c0177332_23020219.jpg

お腹がもういっぱいとは、いいつつ、

デザートのケーキもペロリ

リクエストしたエスプレッソも極上でした。

「ブログ友達って、なんていいんでしょ。」

と結論に達したのでした。




by whitelacenonyo | 2015-05-21 23:14 | 友達 | Comments(10)

Cooking Salon White Laceでは抜き打ちテストも

5月の料理レッスンが続いています。

最初のレッスンは

White Laceではもう直ぐ1年になるグループでした。


「今日は抜き打ちテストをします。」というと

震え上がっていました。

抜き打ちテストでは基本中の基本。

c0177332_14575293.jpg

例えば

トマトソース

ヴィネグレットソース

マヨネーズソース

ベシャメルソース

キャラメルソース

などのソース類、

年月を重ねて通ってくださるグループは料理も範疇に入ります。

c0177332_14595107.jpg

クッキングサロンといえども甘くはありません。

c0177332_15000292.jpg

決して安くはない月謝を払って習っているのですから

習った料理は一品でも必ず作って成功、失敗を報告するように。

成功には拍手。

失敗にはどこが問題をだったかなどを話します。


習ったもの全部とは言いませんが

何度か作って経験を積めば、

そのうち、レシピを見なくても出来るようになります。

得意料理が、何品かあればもう、鬼に金棒。

多くの人から尊敬されます。

と言うと、納得して深く頷く生徒たちです。



by whitelacenonyo | 2015-05-20 15:10 | クッキングサロンで | Comments(0)

Cooking Salon White Laceの決まりごと

今日はレッスンありがとうございました。

ガラスの器を割ってしまい申し訳ありません。

今後はきちんと気をつけてお皿を扱うようにいたします。

****

昨日レッスンが終わって生徒たちがお帰りになった後

しばらくして一人の生徒から上記のメールをいただきました。


c0177332_15520675.jpg



私の料理サロンWhite Laceでは

体験レッスンが終わり正式にメンバーとなった初めてのレッスン日に

包丁や熱いものが通る時は、大きな声をかけるなど

諸々の決まりごとを伝えます。

食器についても話します。

私の持っている食器は

料理を盛り付けると、きっと、食欲をそそるであろう器

旅先で買ったり思い出深いもの、廃盤となり今では手に入らないものなど

さまざま、揃えていますので

丁寧に取り扱ってください。

しかし、形のあるものは壊れます。

皆さんが丁寧にに扱った上で、破損させてしまうこともあるでしょうが

White Laceでは弁償していただくことはありません。


c0177332_15521425.jpg


今年で24年になろうとするサロン。

長きにわたりますが

生徒たちは食器を大切に扱います。

割ってしまうことももちろんありましたが、それは本当に稀です。


メールをくださった生徒の礼儀正しさと心くばりを嬉しく思い

「良い大人の女性に育っていますね。」と

返信しました。






by whitelacenonyo | 2015-05-18 15:55 | クッキングサロンで | Comments(10)

男友達の作った空豆とグリンピース



緑色が美しい空豆の冷製ポタージュスープ
c0177332_21422918.jpg


一週間ほど前

どさっと届いたのは空豆とグリンピース。


私が東京を案内した男友達の一人が

趣味の域を超えた自慢の作物を収穫して送ってくれたのです。

c0177332_21415080.jpg


みずみずしく、うっとりするほど美しい緑色、と、いうか翡翠色

東京の八百屋さんで手にするものとは大きく異なる手触りと色。

食べると甘く、香りも良い。

彼は試行錯誤を繰り返してやっと到達したという。

c0177332_21421445.jpg

早速作りました。


大地の恵みと太陽をふんだんに吸収したお豆さん。

おいしかったわぁ~~

私があまりに喜ぶので

「また、送るけんね、、、」って。



by whitelacenonyo | 2015-05-16 21:55 | 友達 | Comments(2)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧