<   2015年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

社会派小説の金字塔 山崎豊子展

日本橋で開催されている

「追悼 山崎豊子展」

”昭和の社会派小説の金字塔”

見ました。


c0177332_23033479.jpg


大阪船場の老舗小倉屋山本のお嬢さんとして育ち

著書は数々の社会を取り上げ、その都度話題をさらい

問題提起をする。


それらの小説を完成させるまでの

徹底した事実を取材する姿勢には新聞記者魂のなせる技でしょう。

私は ”ぼんち”に始まり”暖簾” ”女の勲章”

”白い巨塔” ”華麗なる一族” ”不毛地帯”

”大地の子” ”沈まぬ太陽”

かなり読んでいることに

自分で驚いた。

初公開の

日記に綴られた愛する人を戦地に送り出す

切なくも悲しい文章には

あの時代の男女の清廉さに私は胸打たれ

滲む涙をそっとふいたのでした。

一緒に行った夫も

資料集めがすごいね~と感銘していた。




by whitelacenonyo | 2015-09-30 23:06 | 本を読む | Comments(4)

初秋のイタリアンと和食のレッスン

9月のレッスンが昨日で終了した。


c0177332_09364766.jpg


築地ツアーから続けての三レッスンは

ちょっと体力がいりました。


c0177332_09380707.jpg


しかし

充実感と達成感を味わえることは

幸せ感もより一層濃く私の中に残してくれた。


c0177332_09383394.jpg


和食のレッスンはこれまた生徒の皆さん

盛り上がってくれます。

魚の煮付けが今ひとつ家庭では美味しくできない、、と悩むらしい。



c0177332_09443844.jpg

こっくりしたいい味に仕上がって、担当したA香さん、大喜びでした。


三色鶏そぼろ丼のちょっとした工夫で

そぼろがしっとり、しっかり味がつき、美味しくできます。

T子さん、早速夕飯に作って

ご家族においし〜〜〜いと言われた報告がありました。


by whitelacenonyo | 2015-09-30 09:53 | クッキングサロンで | Comments(6)

築地場内市場ツアーPart 2

築地場内市場ツアーの続きです。


生徒たちは膨大な大小の店の数と

多くの種類の魚や独特の雰囲気に仰天したようです。


マグロは中トロと赤身に分けて全員でお刺身に作りました。

「贅沢な料理サロンですねぇ〜〜嬉しい!」と喜んでくれます。


c0177332_21392420.jpg


飯田水産では

捌いて”さく”になったヒラメが透明な姿に変わって

美しい木箱の中に収まっている。


手で、そぉ~と触ってみた生徒は

感嘆の声をあげます。

「まだ動いているぅ!!」

それほど新鮮なのです。

「買います!」と声を上げる生徒たち。

White Laceは

しめ鯖用の

淡路島産の脂ののった鯖と

アクアパッツアに使うカワハギを買いました。

c0177332_21480468.jpg


次は場内市場一番奥にあるエビ専門の名店

亀福へ・・・

大振りの車海老はアクアパッツア用です。

生徒たちは甘エビを試食させていただき

美味しい!と買っていました。

c0177332_21393757.jpg


貝専門の店

たらこの店、

北海道産の天然紅シャケの店、

シラス、ちりめんジャコの店を案内して

皆さんの荷物も重くなります。

c0177332_21493130.jpg


場内を後にして

出汁用のおかかの専門店

お漬物の店

予約しておいた汲み上げ湯葉の店、

フォアグラや生の鴨を扱う店を案内して

一路タクシーでCooking Salon White Laceへ向かいました。


c0177332_22050581.jpg


荷ほどきをして次々料理を完成させ

収穫の食材は写真の料理に姿を変えてお腹の中に収まりました。


もちろん生徒たちも大収穫で大満足の築地場内ツアーでした。




by whitelacenonyo | 2015-09-28 22:19 | クッキングサロンで | Comments(2)

Specialレッスン、築地場内市場ツアー

本日、

Cooking Salon White Lace、Specialレッスン、

築地場内市場ツアーでした。

何年も待ってくださった、生徒たちです。

気合は充分、早朝にもかかわらず

築地4丁目交差点で集合。


c0177332_21243165.jpg


全員に場内市場地図を資料として配り、

市場のマナーをレクチャーする私も力が入ります。


c0177332_21244379.jpg


大陸の彼の国の人たちが朝早くから並ぶ、お寿司屋や

卵焼き屋の行列を横目に、

White Laceのメンバーは

ターレットや車がひしめき合う場内市場を目指します。


築地といえばマグロでしょう。

先ずは「米彦」で選ぶマグロ。

と言ってもマグロってどれを見ても同じに見える。

しかし、これはどうかしら、、というと

あ、それは少し焼けているのでやめた方がいい。

「それはどういうこと?」

「赤身がパサついている」

生徒たちもマグロに見入っているけれど

キョトンとしている。

で、マグロのエルメスと言われる?ブランドの

大間の本マグロに魅せられたけれど

3kgはある!それを買ったら私・・・

今日の買い物ができないくらい高価005.gif005.gif


c0177332_21245810.jpg


ところが米彦さん

「いいですよ、いるだけ切ってあげます。」

で、この状態。

ちょうど1kg。

築地場内市場は馴染みの店で、無理を聞いていただくには

10年はかかりますね。


c0177332_21285024.jpg



この後、飯田水産へ。

(あっ!後ろ姿の男性はWhite Laceと関係ないお客さんです)


続きは明日・・・に。



by whitelacenonyo | 2015-09-26 21:38 | クッキングサロンで | Comments(4)

Cooking Salon のテーブルセッティング

9月も後半になってしまった。

**********

9月前半のCooking Salonのテーブル。


c0177332_21522611.jpg


それぞれの料理レシピに合わせて、、、


c0177332_21524050.jpg


使う器やテーブルナプキンの折り方で

雰囲気を変えるのも楽しい仕事です。


c0177332_21525325.jpg


さぁて後半はどのようにいたしましょうかね。

あれこれ、考えるのも楽しい仕事です。




by whitelacenonyo | 2015-09-24 22:33 | クッキングサロンで | Comments(4)

ひたすらに、祈る・・・

大切な友人が病と闘っている。


タイのバンコクに住んで数十年。

彼女が日本に帰ってくるたびに

私好みのお土産を持参してくれる。


c0177332_23100552.jpg


私がバンコクへ行く度にご夫婦で大歓迎をしてくれる。

私の娘をとても可愛がってくれる。

家族ぐるみのお付き合いは数十年。


お姫さまという表現がぴったりの

少女がそのまま大人になったような

純真無垢な人。


c0177332_23094203.jpg



ご主人さまは彼女が再発を繰り返す度に

それはそれは献身的な力を発揮して

ありとあらゆる最良の方法を考え出す

素晴らしいご主人です。


今夕、電話をしたら、

「私、頑張っているのよ。」

と、彼女は言った

「祈っているから、、ね」

私にできることは、早く元気になってと

祈ることしかできない。



by whitelacenonyo | 2015-09-21 23:15 | 友達 | Comments(2)

東京フォーラムと東京フィルムセンターへ

日曜日に

レッスンも入っていないことは珍しいこと。

東京フォーラムの骨董市に行って

輪島塗のお椀が欲しいから探してみましょう。

すごい人出でした。

c0177332_23075485.jpg

なかなか気に入ったものが見つからない。

野菜の蒔絵を施したお椀に心が惹かれたけれど

傷が少しあったので却下。

まぁ、急ぐわけでもないから。


昼食は京橋の美々卯

ここは重厚な造りの店、スタッフのサービスも良い。

その上、料理はお得感が満載だと思う。

食べ終わって

すぐ近くの

東京国立近代美術館フィルムセンターで

見たいと思っていた

生誕110年映画俳優志村喬」へ



c0177332_23080890.jpg


夫人の島崎政子さんは六本木に住んでいた頃

時々お見かけした人。

展示品の中に黒澤明監督が志村喬に当てた手紙を読んで

夫は甚く感動していた。

私は志村喬が夫人に当てたエアメールに深い愛を感じて

幸せなご夫婦だったことに感動した。

大ホールで野良犬 醜聞(スキャンダル)など

上映するので日程を合わせて見に行くことにした。



by whitelacenonyo | 2015-09-20 23:12 | 文化芸術

ルルちゃんから熱烈なkissで❤️

「グループでランチ会をしますのでぜひいらしてください。」

生徒からの嬉しいお誘いをいただきました。


c0177332_08432424.jpg
(R絵さん撮影)


お住まいはタワーマンションの30階

ぬいぐるみと見紛うような可愛い

トイプードルの女の子、ルルちゃんからは

熱烈なkissの雨が降り注ぐ、大歓迎を受けました。


c0177332_08535674.jpg


「先生は座っていてください」

皆さんがテキパキ整えていきます。


c0177332_08433435.jpg

モダンにセッティングされた

テーブルの上には

美しく盛り付けられたお料理の数々が並び


c0177332_08434384.jpg


Cooking Salon White Lace歴3年

驚くほどの料理上手です。


目移りしながら

心地よくシャンパンが進みます。


c0177332_08553906.jpg


私はちゃっかり無料で

サモサの作り方を教わりました。

お料理の盛り付けはおしゃれで美しい。

サモサのペーパーナフキンが素敵でしょ。


c0177332_09092572.jpg


話題はマイナンバーから、安保法案

子供の習い事など、範囲は広く

楽しい話題は尽きなく夕方に、、

R絵さん

ご招待ありがとうございました003.gif003.gif003.gif003.gif




by whitelacenonyo | 2015-09-19 08:59 | お呼ばれ | Comments(4)

鶏そぼろ三色丼

今月の終わり頃のレッスンでは

和食のリクエストをされたグループ、

お孫ちゃんや小学生、大学生の息子さんたちに

作ってあげると喜ばれるのではないかと

鶏そぼろ三色丼をレシピの中に入れることにした。


c0177332_09355642.jpg


そういえば我が家の食卓にも久しく登場していなかったわ。

レシピはかなり前に作成したものだったので

う~~~む、

もっと美味しくできる手法があるはず。

と、

手直しをして試作をしたところ、

滋味深く、美味しく自信作が出来上がった。

(緑色は絹さやが手に入らず、きゅうりの千切りで代用)


丼といえば、サッと出来る感がありますけれど、

いえ、いえ、

少しの時間と少しの手間を惜しまなければ

極上の一品、逸品が出来上がりますのよ。




by whitelacenonyo | 2015-09-18 09:42 | 食卓のつぶやき | Comments(4)

それぞれの考え方、、しかし、私は。

月一回、食事会をしている6人のグループの

一人が脊椎狭窄症の手術をして

入院をしている.


c0177332_21472392.jpg


定例の食事会の時、

仲間の一人は

「今、お見舞い品を買ってきた。⚪️日に行くことにしている」と言う。

そこで私は、提案した。

私たち、これからは入院することもあるでしょうから、

グループで取り決めをしませんか?

若い頃ならともかく、大勢で行ったり、一人一人が行ったりでは

ご迷惑かもしれないので

病院へお見舞いに行くのは遠慮して

グループで

お見舞い品を送るようにしませんか、と。


そのうちのお一人が

「私は、入院しても来て欲しいから、お見舞いに行くわ。」


これは自由意志でしょうから、

強制するものではないでしょう。

すでにお一人はご夫婦でのお付き合いがあるので

お見舞いには行ったそう。

結局3人は病院へお見舞いに行くことになった。

私は病院へ行くのは遠慮させていただき

退院した頃お家へお見舞い品を送るわ、と

みんなに伝えた。


c0177332_21473390.jpg


入院している友人と私は娘の中学時代からのママ友。

長~~いおつきあいです。

ゆえに彼女の入院中はそっとしておいて、

退院した頃、甘いものがお好きなので、

お見舞いを送りたいと思っている。

その上、回復されご一緒できるようになった日に

快気祝いをグループ全員でしたいと思っている。


一概にどれがいいとは言えないものですね。

このような事態の時、

私は私の考えでいきたいと思ってます。





by whitelacenonyo | 2015-09-16 21:54 | 友達 | Comments(4)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧