<   2015年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2年もウェイティングしてくださった!

11月も楽しく有意義にサロンレッスンができたことは

何より、何より、、と自画自賛しております。

c0177332_22235676.jpg


2年もウェイティングしてくださった人は

体験レッスンもスムーズにできて

12月からCooking Salon White Laceの正式メンバーになります。

c0177332_22240494.jpg

明日から12月!

スペシャルレッスンが始まり

1年で一番、緊張、多忙の月です。

まずは健康管理で万全を整えます。



by whitelacenonyo | 2015-11-30 22:30 | クッキングサロンで | Comments(6)

潔よさの真髄 ・原節子さん


原節子さんが、スクリーンで活躍した時代

当時の女性は

京人形や博多人形のように

目は糸を引いたよう。

口はおちょぼ口・・が日本的美人だったらしい。

私が原節子出演作を見たのはいつ頃だっただろうか、、

それは

テレビで放映される。映画やビデオであった。


スクリーンに現れた女優原節子は

c0177332_22122128.jpg


手足が長く、背も高い。

目力のある大きな瞳、

鼻筋は通り

唇は薄くない。笑顔は華が開いたよう。

美しい日本語で優しく話すその声さえも艶がある。

日本人離れした美しい女性に驚いた人も多いでしょう。


9月25日に肺炎で天国へ召されたという報道は11月27日

ある程度落ち着いた時期には発表というのもうなずける。


新聞に

大きく取り上げられている記事をくまなく読んだ。

作家 長部日出雄氏は

原節子は華やかな気品に満ちだ表情で登場し

微笑を絶やさずに凛とした姿勢を最後まで崩さない。

戦後民主主義を体現して開いた大輪の華のように感じられた。

昭和38年(1963年)小津安二郎監督が世を去った時

通夜に駆けつけて号泣した43歳の原節子は

葬儀の記帳を本名の合田昌江で行い

これが事実上の引退宣言となって、以後世間から完全に姿を消し、

映画史の伝説となった。

と、記している。


それぞれの評論家が

原節子という稀有な女優、女性を

表している言葉に私はいちいち頷く。

評論家川本三郎氏

「潔かった。どの時代の女優たちも高齢になるまで演じ続けたのに対し

綺麗なうちにやめた。引き際の美しさで神話になったのではないか


読売新聞文化部次長 近藤孝氏は

「女優としてだけでなく、昭和の人間としての矜持を最後まで失う

ことはなかった。

c0177332_22124550.jpg


東京物語は

2012年、英国映画協会発行の専門誌

「サイト・アンド・サウンド」が10年に一度発表する

「世界映画史上ベスト作品」で

世界中の映画監督358人による

監督選出部門の第1位に選ばれたという。

小津監督の作風と

紀子=原節子の人間像がいかに多くの監督の共感を集めたかが

解る。ヒロイン紀子の稀有の美しさが一層輝きを増す。

c0177332_22123479.jpg

私はブログ友達のコスモスさんに案内された

「旅館茅ヶ崎館」を訪れた日を思い出した。

女将さんの案内で

小津監督がこの旅館に篭って映画の脚本を書いたという。

日本的な旅館で出演者たちが小津監督とすき焼きを楽しんだ中に

原節子さんもいた、、、という。

(写真は全て読売新聞掲載分から.)




by whitelacenonyo | 2015-11-29 22:28 | 映画 | Comments(6)

お祝いLINEに・・・・


誕生日に予約が取れず、

昨夜

シャングリラホテルの「なだ万」で

懐石料理ディナー。


c0177332_09232925.jpg


玄関のお花は

大人気のフラワーアーチスト

ニコライ・バーグマン


シャンパンで乾杯した後

「さっき、君の電話が、なっていたよ」

と夫が言う・・・


c0177332_09234060.jpg


「えっ?後でいいわ」

「見た方がいいよ」


c0177332_09234997.jpg


これでした!!!

夫からのお祝いLINE

嬉しくて

感激とで

少し涙ぐむ私。

「まぁ!!!ありがとう、うれしいわぁ~~」


c0177332_09235749.jpg


ホテルからも・・

料理は食材の良さと(特に蟹が)盛り付けが美しく、おいしい料理でした。





by whitelacenonyo | 2015-11-24 09:31 | 思い出 | Comments(14)

一気に、UP!!とカラスミ作り途中経過

一気にUP!


大変!

今日はもう11月23日。

今月になって全く料理ブログを怠って

小旅行や美術館etc・・・ばかりでした。

これではジャンルの料理家がどうしたの?ってなるでしょ。

c0177332_09234000.jpg


11月のWhite Lace サロン

順調に行っております。


c0177332_09235817.jpg

c0177332_09241114.jpg

c0177332_09241847.jpg


c0177332_09301468.jpg


季節感を取り入れた食材


c0177332_09253522.jpg


テーブルセッティングにもウッディーなナプキンリングで

季節感を出してみました。


c0177332_09395263.jpg


カラスミ作りの途中をみなさんに見せると

「きゃぁ~~!本当にカラスミができるのですね。」

まだまだ完成ではありません。



by whitelacenonyo | 2015-11-23 09:27 | クッキングサロンで | Comments(6)

花は桜、魚は鯛 谷崎潤一郎の素顔を知った

誕生日の数日前、

中央区主催のオープンカレッジ・シンポジュウム

「谷崎潤一郎の素顔を語る」に夫と参加した。



c0177332_22000654.jpg


講師は谷崎研究の第一人者の

早稲田大学教授千葉俊二氏

パネリストは

孫の

高橋 百百子さん

孫の

渡辺たをりさん

谷崎の親友の孫の

笹沼 東一氏

小さい頃から谷崎家と笹沼家は

家族ぐるみの親密なつきあいがあった

東一氏の話がとても率直で

素顔の谷崎を面白おかしく会場大笑い。



c0177332_22001808.jpg



(写真のプロフィールをごらんください面白いですよ)


全くややこしい家系図をひもときながら

メモをしながら

話を聞く。


c0177332_22002763.jpg


笹沼家の家系図

c0177332_22003790.jpg


素顔の谷崎はとにかく女好き、それも美しい女性に限る。

ことのほか美味しい食べ物が好き。


百百子さんが中学の京都修学旅行では

辻留から仕出しをとって、おいしい料理を食べた。

高校の修学旅行では

友人3人とお茶屋さんへ連れて行ってもらって

おいしい食事と舞妓さんの踊りを見せてもらった

などなど

素顔はやさしいおじいちゃま、

また、

笹沼一家にとっては

ユーモアのある谷崎のおじさまと

みんなに慕われた・・・


興味ふかく面白く、充実した時間だった。










by whitelacenonyo | 2015-11-21 22:15 | 文化芸術 | Comments(11)

やっぱり嬉しい誕生日

11月19日

誕生日なんですよ。私の。


”なんですよ”って書くと

誕生日がイヤなの?って疑問をお持ちの人もいるかしら、、、


早々と素敵でお洒落なプレゼントもいただきました。

c0177332_09400913.jpg


決してイヤではないのです。

何より健康で迎えられたことが嬉しいです。003.gif



c0177332_09403333.jpg


”なんですよ”の理由は

一年が超スピードで巡ってくるから。


でも、やっぱり嬉しい誕生日。

朝一にお祝いLINE、

マメな男友達からもメッセージが届きました。


*********

夫からのダイアモンドの約束が未だに実行されません。

「あなた、ダイアモンドはどうなっているの?」

「そうだ、電話してみよう!!」

ですって。



by whitelacenonyo | 2015-11-19 09:54 | 思い・・・ | Comments(24)

頑張れ、Paris


これまでに私は、何度Parisを訪れただろうか、、、



初めてのParisは1969年のハネムーンだった。

このときカルチャーショック(その当時この言葉はなかった)を

受けたParisでした。

こんな世界があるんだ!!!!

c0177332_22342132.jpg

街は石造りの建物の色がベージュで統一され

見上げた先には黒い鉄が模様を作る

窓やバルコニーは洗練されている


c0177332_22344907.jpg

シャンゼリゼのカフェでは

外にテーブルと椅子が並び

老若男女が小さなカップでコーヒーを飲みながら

(当時はエクスプレスという言葉さえ知らなかった私。)

楽しそうな笑い声が聞こえて来る。


c0177332_22353185.jpg

凱旋門の大きさに圧倒され、

ナポレオンってすごいなぁ~~と夫が、ため息ついた。


c0177332_22360244.jpg


その時からパリという街に魅了され

どの国の街より一番多く訪れたパリです。

しかし、、、

パリが同時テロで多くの人たちが犠牲となった、、、



かるぺ・でぃえむというブログ名でパリに住む

kanaさんが綴るここ数日のパリの様子は

街は静まり

理屈とおしゃべりと時々皮肉をいうことが好きな

パリジャン、パリジェンヌたちから

笑顔が消えているという。


私を含め、多くの旅人を魅了してやまないParisが

やり場のない悲しみと憤りとに陥っている。

しかし、しかし、

フランス、Parisというところは

あのフランス革命の力があったでしょう。

悲しい2015年11月13日から立ち直って


c0177332_22383763.jpg


リュクサンブール公園で楽しい休日を過ごせるように

また訪れたいと願っている私を

素敵な街並みと笑顔で待っていてね。


頑張って!Parisの人たち。

(写真は全て私のParis旅行から)






by whitelacenonyo | 2015-11-17 22:47 | 思い・・・ | Comments(2)

失われた尊い命に心から誓おう。

パリで起こったテロによって

失われた多くの尊い命。

c0177332_21571394.jpg


各国が哀悼の意を表している。

スカイツリーも。

フランス国旗の色で

冥福を祈っている。


宇宙から見る地球は

水色をしている美しい球体だそうだ。

美しい地球のどこかで繰り返される戦争。

人類は戦争をなくさない限り真の幸せは望めない。

戦争やテロによって

命を落とした多くの人たちのために

ご冥福を心から祈り

そして

今、誓おう。

戦争をしない、テロをしない

と。




by whitelacenonyo | 2015-11-15 22:04 | 思い・・・

ボラの卵でカラスミ作りに初めて挑戦

明日は11月初めての」レッスンです。


「牡蠣のオイル漬けを作りたいので築地で買って来ていただけますか~~」

控えめに、恐る恐る?言う。

可愛い生徒たち、、

「ハイハイ、買って来ましょう!」

今朝、寒いので、今年初めてのダウンジャケットを着て

いざ、築地へ。


c0177332_19315564.jpg

カラスミを作る、ボラの卵があちこちに並んでいます。

毎年作りたい・・と、思いながら見送っていたカラスミ。

今年は挑戦してみましょう。

信用できる店で買います。

もちろん飯田水産で。

築地っていうと安い!というイメージがありますが、

non、nonですよ。

極上の物はかなりな価格です。


あっ!ボラの身を切り離してしまったバカな私。

それでも血管を丁寧に取り除く下拵えをしました。

c0177332_21334935.jpg

数回氷水を取り替えます。

さぁて、オレンジ色のカラスミが出来るのでしょうか、、

不安、ふあん・・・


牡蠣はいつもの店で「極上が入っているよ」


c0177332_19313730.jpg

氷をたっぷり入れて

発泡スチロールの箱で保管です。





by whitelacenonyo | 2015-11-13 21:44 | 料理 | Comments(7)

最終還暦旅行は熱海伊豆山東急ハーベスト&ヴィラ

アニスの会と称して

グループを結成して何年になるかしら・・・

メンバーの還暦記念旅行

11月9日~10日で最終でした。

c0177332_10584348.jpg


ちなみに今までの旅先は

トップバッターの私の時は

伊勢志摩 志摩観光ホテル泊


2番バッター

箱根 桜庵


3番バッター

伊豆下田 TBS保養所


4番バッター

エクシブ蓼科


5番バッター

伊豆高原 オーベルジュ・ル・タン


6番アンカーバッター

熱海伊豆山東急ハーベスト&ヴィラ


熱海で全員集合


先ずMOA美術館で芸術の秋を堪能し

宿の部屋から

打ち寄せる波の音も心地よい

部屋割りはいつものようにあみだくじで決め、

部屋付きの露天風呂に入る。


c0177332_10585313.jpg


疲れを知らないおしゃべりはフレンチレストランから

お部屋に戻って

夜中まで続きました。


全員一致の最終結論

6人の11年間を振り返り


何よりも夫たちが元気であり

負けずとも劣らない、活発、わがままな妻を

日頃から自由にさせてくれ、旅行もさせてくれる

やさしく包容力のある夫に有難いわねぇ〜〜

心から感謝をしました056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif





by whitelacenonyo | 2015-11-11 11:10 | 友達 | Comments(8)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧