<   2017年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

またもや美術館へGo!



損保ジャパン日本興亜美術館で開催の

c0177332_22444051.jpg

フランス絵画の宝庫ランス美術館展

夫がIPhoneを見ながら道案内してくれてたどり着く。

その前に腹ごしらえ。隣ビルの地下でタイ料理、

夫は蟹チャーハン(抜群の美味しさで1000円)

私はグリーンカレー(美味しかった980円)

簡単ランチが終わって

美術館へ

チケットを友人から頂いていたので

ランス美術館展なら是非!是非!見なければなるまい

c0177332_22445022.jpg

パリ郊外のランスの街へは2度、訪れている。

シャンパーニュの産地で

レストランで美味しいシャーパーニュを楽しんだことを思い出し

ゴシック建築のノートルダム大聖堂は見事でした。

それより何より

レオナール・フジタの教会に訪れることが旅の目的でしたから。

c0177332_22372600.jpg
(画像お借りしました)

町外れに佇む小さなフジタの教会の中は見学者がいなくて

夫と二人だけの教会には静謐な空気が流れていた・・

漆喰に描かれたフジタの絵に見入り

夫人と暮らした晩年のフジタに思いを馳せた時間は貴重な思い出です。

君代夫人が亡くなり

多くの、フジタの絵や素描、下絵などランス美術館に寄贈され

今回多くが展示されていた。


フジタの描く絵画は清潔感溢れているように思える。

損保ジャパン日本興亜美術館には

c0177332_22413249.jpg
(画像はお借りしました)

ゴッホの”ひまわり”を55億円で買い評判になった。

出口付近に

ひときわ異彩を放つ”ひまわり”は展示されており

ゴッホの力みなぎる筆つかいは圧巻でした。

これを見られたことも嬉しかったわ。



by whitelacenonyo | 2017-04-29 22:49 | 文化芸術 | Comments(2)

White Laceそれぞれの卒業後


卒業後でもOG会をしたり、

未だに嬉しいコミュニケーションのあるグループ。

卒業後の

それぞれに生活が変化しているようです。

c0177332_09043870.jpg

代表委員に選ばれるなどたくましく育っている

M美さんちのカイトくん。

ママのお友達を招待してお食事会では

White Laceのレシピでいろいろな料理を作って振る舞ったところ

カイトくん

「なんだぁ、、、いつもと違って美味しいじゃないかぁ

White Laceのレシピで作ってよ~」

って言われたので

普段もWhite Laceのレシピで作るように心がけます。

早速イワシのパン粉焼きと唐揚げを作ったら

カイトくんから大絶賛だったそうです。

N子さんは

c0177332_09134251.jpg

ホタルイカのパスタを作るため

目やクチバシを取る下処理中につまみ食いしていたら

パスタ完成後は、ホタルイカが半分に減っていました、、


A子さんからは

「友だちとのランチ会には

必ずWhite Laceのレシピで作ります。

『料理上手ね』誤解を受けています!」

そういえば、A子さん、

サロンメンバーとなったあ頃、

c0177332_09004140.jpg

”これで料理作り大丈夫かしら、、”

私を一瞬不安させたお嬢さんでしたのですが

10年間の永きに渡って私の

叱咤激励に耐えて、応えて、努力して

今や立派に料理を振る舞う料理上手。

ママ友たちから絶賛を浴びているのです。

c0177332_09042830.jpg

みなさん立派に育って巣立って

嬉しいわぁ~~


(水森亜土さんの無料イラストをお借りしました)



by whitelacenonyo | 2017-04-28 09:42 | 日々に思う | Comments(4)

国立西洋美術館で・・


松方コレクションのロダン彫刻”地獄の門”が

国立西洋美術館入り口で出迎えてくれる。

c0177332_09564480.jpg

そう、ここは

松方コレクションが数多く展示されています。

c0177332_09584005.jpg

常設展は松方氏から寄贈された数多くの絵画などが

ルノワール、ゴッホ、モネ、、

.展示されており、

個人蔵も寄贈されておりました。

c0177332_09561792.jpg

藤田画伯の絵もやはり目を惹きます。
c0177332_09560730.jpg

この絵、、

c0177332_09563258.jpg


「え?え〜〜〜どこが美しい尾の牝牛なの??」

愉快でしたわ〜〜

心いくまで楽しみました



その後は、、

”スケーエン デンマークの芸術村”を

鑑賞した。


興味を引いたのは

私の好きな映画のトップにあたる、

”バベットの晩餐会”を彷彿とさせる

舞台となったユトランド半島

漁師の絵の数々、、

難破した船の救助に向かう村民たち。

助け合って暮らす寒村の風景画は

素朴で、、


感動しました。





by whitelacenonyo | 2017-04-27 10:07 | 文化芸術 | Comments(6)

六本木のマダムS宅でのディナー

4月のWhite Laceのレッスンが終わる日、

マダムSから「ディナーにいらっしゃいませんか?」

とお誘いを受けました。

「それともレッスンの後はお疲れ?」

「イエ、イエ、まだまだ元気な70代です!」と

駆けつけました。

私が以前住んでいた六本木の懐かしいマンションに

マダムはお住いです。

ゲストは

c0177332_22255790.jpg

藤田嗣治画伯のフランスの自宅で数枚を修復された

80歳過ぎながら意気軒昂な絵画修復家

来日中のフランス人の女性画家や

タイ人の若いイラストレーター

いつもながらインターナショナルな芸術家の顔ぶれと

3歳の頃から知っている逞ましく成長されたマダムの次男坊くん。

京都から届いた筍料理や築地市場で仕入れた鰆のオーブン焼き

葉山の新鮮な若芽を使った若竹汁や酢の物、、

全てマダムお手製のお料理が次々並びます。

c0177332_22254078.jpg
写真の竹筒の中はうかい亭東京タワー店のお豆腐です。

フランス人も私たちも喜んでいいただきました。

盛り付けられた和食器は

品の良い絵付けの古九谷などの骨董品。

画家のフランス人女性は手にとってしみじみ眺めておりました。

超がつくほど多忙なマダムSのホスピタリティーに感心させられます。

フィリピン人のお手伝いさんに写真撮影を頼んで

全員でハイポーズ!

話題は尽きなく夜が更けていきました。

(ところが、、)

翌日マダムSからメッセージが入りました。

今、機中から、、です。

フランスの友人が人生の幕を下ろしたお知らせで

葬儀出席のため

機中2泊、現地0泊の弾丸旅です、、って!


友情のあつさ、、みなぎるマダムSです。







by whitelacenonyo | 2017-04-25 22:45 | 友達 | Comments(6)

Cooking Salon White Laceのレッスンとスズランの花

Cooking Salon White Lace

今日のグループが4月の最後でした。

レッスン前に大好きなお花

スズランが大量に届き

わぁ!!嬉しい。

R子さん本当にありがとうございます。

梱包に苦労したそうでみずみずしいスズランです。

c0177332_17562197.jpg

食べ物の悪阻があったY梨さんは治まり

食欲も出てきた、、と嬉しそう。

c0177332_17565314.jpg

春の食材を使ったレシピには

喜んでいただきました。


c0177332_17571660.jpg

レッスン後メンバーにスズランのお福分けしましたら

感激されました。


c0177332_17574285.jpg

5月のレッスンまで少し間が空くので

さぁて、、何をして過ごしましょうか、、、

懐かしい友人と会ったり

予定はいろいろ。

今夜はマダムSの自宅にお呼ばれです。

またいろいろな分野の人とのお話をできること

楽しみだわ。



by whitelacenonyo | 2017-04-23 18:08 | クッキングサロンで | Comments(4)

Cooking Salon White Laceのレッスン風景

4月のサロンレッスンは

この時期おいしいグリーンアスパラガスを使います。

入会間もないメンバーには必ずレッスンするのが

グリーンアスパラガスの豚肉巻きパルミジアーノレッジャーノ風味

c0177332_22105691.jpg

太めのアスパラを探すのは難しい時があります、、が

見つけた時は嬉しい!

しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉は高島屋の今半が美味しいです。

丁寧に巻き終わったら

パルミジアーノレッジャーノチーズをすりおろして

肉にまぶしてソテーするとチーズの香りが

おいしさを一層際立たせます。

レモンの飾り切りや

c0177332_22323677.jpg

グレープフルーツをくし型にカットするテクニックも

絶望とまぁまぁ成功の声が入りみだれ、賑やかなこと

c0177332_22143451.jpg


大騒ぎのCooking Salon White Laceのレッスン風景です。



by whitelacenonyo | 2017-04-20 22:18 | クッキングサロンで | Comments(8)

”アマン東京” というホテル


大手町の一角に黒いビルが威風堂々と君臨している、、

初めてそのビル、、いえ、ホテルへ行ったのは

昨年の夏。

NYからプライベートジェットでいらしたご一行様を

築地市場へご案内するため

私は長靴、ジーンズのあ、あ、洒落っ気の無い

築地スタイルで

スタイリッシュなロビーにいた私でした。

c0177332_22413239.jpg

しかし、昨日はあの日のリベンジ?です。

アマンのロビー

高い高い贅沢な吹き抜けの天井と壁面は障子をイメージします。

*****

真っ赤なワンピースにポール・スミスのちょっとお洒落な

黒いカーディガンをはおり

ハイヒールを履いて33階のゆったりしたロビーの椅子に座わって

やがて現れる人と評判のブラック・アフタヌンンテーを楽しむために、、

待ち合わせです。

「お連れ様がお見えになる前にテーブルへご案内させていただきます」

気の利くサービス。

バーの前の席は天井まで届くガラス窓からは

新宿の都庁やパークハイアットなどのビル群が林立している。

お天気が良ければ

富士山も眺められることでしょう。

程なく

欲しい、、と思っていたミネラルウォーターをそっと置くスタッフ。

やがて待ち合わせのお嬢さんは息を切らせて現れ

シャンパンで乾杯!

運ばれてきたのは大人の雰囲気と

乙女心&女心を刺激させる

アフタヌーンティーのセッティグはブラックそのもの、、

c0177332_22394765.jpg
(画像はお借りしました)

パチパチ写真をとるのは我慢して

HPの写真で想像していただきましょう。

食べきれないほど、サーブされます。

シャンパンの後、

紅茶は個性的な香りや味の思考が一致する二人ですから

3種類、堪能して楽しいおしゃべりの時間が

ゆったりと流れ

極上の時間を味わいました。

c0177332_22414369.jpg


ロビーには八重桜が豪華に生けられ

琴の生演奏は

宿泊の外国人客から喜ばれていました。



by whitelacenonyo | 2017-04-19 22:53 | お気に入り | Comments(2)

名残の桜を楽しむ



日曜日、レッスンがないので寝坊をして

「まだ起きないの??」と夫から起こされたのが

8時30分

春は眠いのです(夜更かしもしますし、、ね)


眩しい光が注ぐ窓、

朝食は外で、、しましょうよ。

すぐ近くのナチュラル・ローソンで

カフェ・オ・レとクロワッサンを買って

私の指定席の

秘密の花園で紫外線を気にしながら、、の朝食。


その後、今年最後の桜を楽しむ朝の散歩。

しだれ桜は少し濃いピンクの花が咲き誇り

c0177332_21464244.jpg

その向こうに、スカイツリーが、ちらっと見えます。


少し歩くと桜の花の絨毯が見事に敷き詰められて

c0177332_21423305.jpg

あ、あ~~今年の桜ともお別れね、、

c0177332_21434103.jpg
船が・・・



散る桜、残る桜も、散る桜




by whitelacenonyo | 2017-04-16 21:51 | 花 花 はな・・・

春に作りたくなるデザート

なめらかでwhiteのカラーが何とも優しく感じる
ヨーグルトのババロア・ブルーベリーソースが
今日のレッスンのデザートです。
が、、普通のヨーグルトは使いませんのよ、、
だから美味しさも別格。

c0177332_22102764.jpg

サロンのメンバーになってまだ日の浅いグループは
それはそれは、何をしても目新しいことばかり、、、
型から抜く時も、息を詰めて私の手元を見ています。

型から抜いて、現れた花の模様にも歓声が上がります。。
飾り終えるとわぁぁ❗️と拍手です。

c0177332_22285191.jpg


その上、食べてからの嬉しそうな表情に
感動をして素直にそれを表現できるって、
幸せで素敵なことだ、、と
しみじみ思いました。
c0177332_22483120.jpg

by whitelacenonyo | 2017-04-15 22:39 | クッキングサロンで | Comments(8)

春には作りたくなるオードブル

昨日のレッスンです。

みなさん熱心にブログを読んでくださって

嬉しく思います。

チェストの上は四つ葉のクローバーにテントウムシのキャンドル

ひとしきり話題になります。

c0177332_09210806.jpg


オードブルは春に作りたくなる

フルーツトマトとヤリイカ、グリーンアスパラです。

ビネグレットソースにはシャンパンビネガーよりも

レモン汁がぴったり合います。

c0177332_09213183.jpg

慎重に作るS子さん、

ヤリイカをしばらくヴィネットでマリネしたので

ほ、ほぅ~~美味しくできました。

タイミングよく

c0177332_09223782.jpg

珍しいフルーツ玉葱をペーストにしてソースに使い

鯵のハーブソテーが一層美味しくできました。

c0177332_09220350.jpg



by whitelacenonyo | 2017-04-14 09:27 | クッキングサロンで | Comments(4)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧