<   2017年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

山崎豊子著「約束の海」

外国へ旅するときには、少し難しい本を買って、旅立つ


飛行機の中で読んだり滞在先のベッドで読むのは

少し難しい本がよろしい、、(眠くなる、、)


c0177332_22525838.jpg

山崎豊子の『約束の海』を選んところ


う、、ん、海上自衛隊?ちょっと硬かったかしら、、

c0177332_23040089.jpg

機内で、ワインを飲みながら

読み始めたら、難しいが面白い、、


眠いどころかのめり込む、、


日本の海上を守ってくれているのは海上自衛隊ね、、

感心、感心なんてのんきなことを思っておれない

緊迫する場面、、

山崎豊子氏の筆は資料を精密に調べているので

潜水艦内は私には難しい、、が

興味を引く、、

パリ滞在中には全部を読み終えなくて

帰国後数日で読み終えて

仰天した!

c0177332_23050996.jpg

この本は

山崎豊子氏の絶筆だった!


読み進むうちに興味を引いたのは

主人公の父親だった。

実在の人物で

真珠湾攻撃で捕虜一号となった男が

”約束の海”の主人公の父親だ。


山崎氏は二部で

父親をモデルに

壮絶な捕虜生活を始め彼の人生を描くはずだったが

とうとう病には勝てず、、絶筆となった

が、、

山崎氏の優秀な秘書の野上孝子氏と

新潮社が立ち上げた

山崎プロジェクト編集室とで

主要参考文献、資料を

「約束の海」その後として

52ページに及び

未完に終わった秀作を解説している。

山崎文学はこうして、私を虜にする。












by whitelacenonyo | 2017-08-30 23:13 | 本を読む | Comments(4)

Parisで楽しい買い物は、、

Parisの楽しい買い物は

カードも買いました。

c0177332_11463932.jpg

カードはコレクションにしているくらい好きです。

素敵で珍しい、カードを見つけると

買わずにいられません。

c0177332_11475383.jpg


kanafrさんとの待ち合わせ場所は

ボン・マルシェデパート

カード売り場です

c0177332_11480961.jpg
ブルーのこのカードははkanafrさんからのプレゼントです。


c0177332_11502851.jpg

切り絵カードはParisの人の日常を描いて、、

じっと見るとなお楽しい、、、わ。

c0177332_11580459.jpg

これらをチェストに飾って

Parisの思い出に浸ります。

c0177332_11512568.jpg


カードはすべて折りたたみで

封筒に入っています。






by whitelacenonyo | 2017-08-29 12:03 | Paris にて | Comments(6)

真夏のスパイスの会・南青山に集合

ブログで知り合ってスパイスの会と名付けて

年に数回お会いして

美味しい食事と楽しい会話を楽しんでいる私たち、

c0177332_17123878.jpg
(画像はお借りしました)

出雲から上京していた編み物の先生

名文のブログで多くの読者を魅了させるこの方

和やかなムードメーカーの天才、この方

そして私、

あっ

このかたはヨーロッパの旅を満喫のため欠席


昨日、私、お勧めの

南青山のサービスも味も雰囲気も太鼓判の

c0177332_17122245.jpg
(画像はお借りしました)

レストラン、CILQ

話す、食べる、飲む、笑う

至福の時間を延々ご一緒して

真夏の暑さを吹き飛ばした快適な時間でした。



by whitelacenonyo | 2017-08-26 17:17 | 友達 | Comments(10)

エスプレッソマシーン

コーヒーが大好きな夫と私、、それも濃いコーヒーをブラックで飲みます。

サイフォンでゆっくり淹れて楽しんでいました。

が、

パリで飲む

『エスプレッソが美味しかったぁ~」というと

c0177332_20324279.jpg

じゃぁマシーンを買おう。

銀座松屋にひとっ走り。

c0177332_20365913.jpg

ネスプレッソ

決心するほどでもなく

価格もびっくりするほど安いマシーン

私の大好きなジョージ・クルーニーが

コマーシャルに出ているから

尚、惹かれました。


毎日2~3回淹れて楽しんでいます。

c0177332_20321652.jpg

好みの豆は現在模索中です。

やはり苦味の強いのが二人の好みです。


c0177332_20580274.jpg




コーヒーサイフォンはいつの間にか戸棚の奥に、、


c0177332_20503370.jpg

でもまたきっと復活することでしょう。

コーヒーサイフォン。



by whitelacenonyo | 2017-08-24 20:54 | お気に入り | Comments(10)

バジルで夏のスープ、ズッキーニで揚げ物

ヴェランダにはバジルが豊作。

夫が「刈りとる?」

と何度も言う、、

c0177332_09273681.jpg

けれどバジルペーストは保存容器に

オリーブオイル覆った幕を貼ったまま

少し残っている、、


なら冷製スープを作りましょう、、

c0177332_09265898.jpg

豆腐と一緒にミキサーでガッガァ~~~

お、お、香りが良くて

さっぱりして口当たりも良くて

c0177332_09283349.jpg

夏のスープでした。

c0177332_09294971.jpg

ズッキーニが安く売っています。

揚げてパクパク・・・



by whitelacenonyo | 2017-08-23 09:33 | 季節 | Comments(4)

今もって歌唱力抜群の安奈淳さん

近所に住む安奈淳さんから

「銀座ヤマハホールのコンサートのDVDができたんだけれど

もらってくださる?」と電話があった

「わぁ!!是非、是非」

チケットは完売で私は買えなかったのです。

DVDを見てステージがどれほど素敵だったことか、、、

c0177332_21554626.jpg

オープニングは宝塚歌劇の財産とも言える

”ベルサイユの薔薇”から

オスカル役の安奈淳さんが多くのファンを魅了した

”愛あればこそ”で幕を開けた。

c0177332_22143610.jpg

エレガントなグレイの総レースのドレスをまとった

安奈淳さん

古希には見えません。


二部は真っ白なパンツスーツ。

シンプルなダイヤモンドの

ペンダントとブレスレット

c0177332_22111265.jpg

一層歌唱力も増して

(日頃の努力を私は知っている、、)

c0177332_23140754.jpg

シャンソンの人生を歌うにふさわしい

大人の女性としての貫禄です。

c0177332_21592647.jpg

現在彼女は私のグレイッシュヘヤーに刺激されて

少しずつ白い色が出てきたヘヤーと素敵な素顔を

私に見せてくれます。



by whitelacenonyo | 2017-08-20 22:02 | 友達 | Comments(14)

Parisで、私のための買い物はストールだけ・・

パリ滞在ブログ、、

延々とアップしまして

皆さまも飽き飽きしましたでしょ。

c0177332_09212583.jpg

もう、いい加減に、、と自分にも言い聞かせました・・

最後に私のために買った、只一つです。


今までParisでソルドに出会うと嬉しくて、、

あの店、この店、、見ましたが

今回は、横目で見て素通りです。

ソルドで惹かれるものはない~~

177.png

177.png

前から素敵なブティックと惹かれていた

サンジェルマンデュプレのカシミヤ専門店


162.png新作のストールに出会いましたわ162.png

甘い色が私のグレイッシュヘアーに合うでしょうか

(ストール、スカーフマニアです)

色と肌触りと薄さとサイズが気に入り

買いました。


c0177332_09213756.jpg

リヨンでは、プレイスマットを買っただけ。

物欲、、無くなった、、証し?

ご多忙にもかかわらずご一緒してくださった

kanafrさん Lさん、心から感謝申し上げます。

その上、見知らぬ人たちからも

親切にしていただきました。

ありがとうございました。


楽しく思い出深く有意義な2017年のParisの旅でした!!





by whitelacenonyo | 2017-08-19 09:55 | Paris にて | Comments(14)

Parisの日常 明と暗・・・

Parisの日常は幸せに満ちた人々だけではなかった・・・

私は

毎朝、カフェで

簡単朝食をするため近所に出かける、

Jacob通りには、車道を挟んで左右に狭い歩道がある。

c0177332_21325097.jpg
(Jacob通り)

通勤の人たち、散歩をする人、観光客などが歩いている。

アパルトマンを出て左に歩くと

歩道には物乞いする、夫婦と3~4才位の男の子の家族三人が

座り込んでいます。


「ボンジュール、マダム」と手を差し出す母親。

ちらっと見ると夫はやせ細り、絶望した哀しみの表情、

妻はいつからお風呂もシャンプーもしていないだろうと

思われる絡みつき固まった伸び放題の髪の毛。

衣服も破れ褪せた色、

c0177332_21340350.jpg
(妻はお花屋さんに目を留めることがあるのでしょうか、、、)

どこの国から、、と私の乏しい記憶から判断してみた、

シリアかしら、、

一日目は私は戸惑って素通りしてしまった。

c0177332_21332600.jpg

二日目、通りに出ると昨日の場所の反対側の歩道に家族で物憂げに座っている。

僅かばかりのお金を取り出し、

私は多分強張った顔で

「ボンジュール、、」と言いながら、ぎこちなく彼女の手に、、渡した。

「メルシー、、マダム」と母親が言う。


その翌日、私の姿を見つけた男の子が、駆け寄ってきた。

アパルトマンを出るとき手に用意していた、わずかのユーロを渡した。

c0177332_21334578.jpg
(あの男の子はこの店を見ることがあるのでしょうか、、)

その後、私は毎日出かけますが、

通りに出て、行き先が右もあれば左もある、、


右に数メートル歩いて、気がつき振り返ると

男の子は母親の膝で寝転んでいた、、

Parisでは

いろいろな場所で物乞いする人々や

着古した服で道路にうずくまっている姿をあちこちで目にした。

テレビで報道される祖国を逃れ苦難の末にやっと辿り着いた

難民でしょうか、

駆け寄ってきた男の子に未来はあるのでしょうか?



Parisの日常は明と暗が隣り合わせ、、、です。









by whitelacenonyo | 2017-08-16 21:32 | Paris にて | Comments(4)

Parisで見かけた日常風景


カフェ、公園、バス停、レストランで、

見かけた

パリジャンやエトランゼたち。

c0177332_20473187.jpg

コートの色と、着こなしと寄りかかる姿が素敵!


c0177332_20303996.jpg

シガーがお似合いの二人は

サン・ジェルマン・デュプレ

c0177332_20352603.jpg

レ・ドゥ・マゴウで、道行く人を眺めながら、、、


別の日、アパルトマンからブラブラ

ひとり歩き

五分も歩かないうちに

パリ芸術大学です。

c0177332_20433757.jpg
(画像お借りしました))

エコール・デ・ボザール

ここでモネやシスレー多くの画家や彫刻家が学んだという。

c0177332_20342564.jpg

学士院と芸術橋

ポン・デザール(芸術橋)の欄干に

愛の約束?の南京錠は取り払われておりましたが

見上げた先の照明灯に南京錠が!

c0177332_20274009.jpg

どのようにして取り付けたのかかしら、、

ブキニストを、のぞきながら

c0177332_20364247.jpg

ポン・ヌフを歩き、目指すは静かな

DAUPHINE広場


五年前、Lさんが

イヴモンタンを偲ぶ、、と

案内してくださった三角形広場

c0177332_20315512.jpg

パリジャンが

静かに読書したり家族で寛いでいた。

c0177332_20330863.jpg


昔、船長だったのかしら?

c0177332_20323523.jpg

帽子と髭がお似合いのムッシュゥは

数人と

真剣にペタンクを楽しんでいました。

その後ブラブラ歩いて

シテ島のノートルダム大聖堂へ。

c0177332_20380932.jpg

テロがあったにもかかわらず、大勢の観光客

民衆の力はテロに屈しない、光景でした。

サンルイ島まで脚を伸ばすつもりが、

疲れて、、

アパルトマンに戻りました。

パリの日常、明と暗、、、は明日に続きます。



by whitelacenonyo | 2017-08-15 20:28 | Paris にて | Comments(6)

バースデープレゼントを用意して、、

マダムSのお誕生日は7月25日

アパルトマンには、

私の出発と入れ違いに

時間差で26日到着です。


マダムSは

ティーンエイジャーの頃からエルヴィス・プレスリーの大ファン

c0177332_13012559.jpg

(画像はお借りしました)


車に乗せていただくとエルヴィスの歌が流れます。

アパルトマンにもCDがいっぱい、積んであります。

超がつくほど多忙なビジネスをこなした後に

耳を傾けると癒されるのは

エルヴィスの歌声、、だそうです。


ご厚意で毎回アパルトマンを使わせていただくのですから

果たして私の感謝の気持ちを

どのように伝えられることができるのでしょうか、、

c0177332_13024525.jpg

東京出発まで、考えに考えました。

そうだ!

1日遅れだけれど

*

*

*


バースデープレゼントだわ!

東京を発つ前、

新しいエルビスの写真集を

蔦屋で見つけていました❣️

バースデーカードは

いつも10cmのピンヒールを履いているマダムSにぴったりの

カラフルなハイヒールの絵柄を見つけて

添えました。

(写真撮り忘れ、、)

Facebook へお誕生日メッセージを送信。

「アパルトマンではエルヴィスがお待ちかねですよ」って

マダムS、

「???、、」と思ったそうです。

チェストの上に置いているプレゼントを見つけた嬉しさを

すぐに大感激❣️のメッセージを下さった。

「さすがのお見立て、、この写真集の発売は知りませんでした」

喜んでいたいただき、よかったぁ~~


by whitelacenonyo | 2017-08-14 13:00 | Paris にて | Comments(6)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧