タグ:レストラン ( 29 ) タグの人気記事

一年ぶりに念願叶う!!!


昨年の夏のこと

「江戸名物を食べよう、、会」を実施しました

日本橋玉ゐ本店

c0177332_10172342.jpg


大行列に挫折した私たち。

さて、、今年は?

並ぶのはちょっとね~~と考えた私は下見に行くと

あらぁ~~今日はゆったりできそう。

(安心、安心・・・)

レトロな建物は私たちの年齢には小さい頃見なれた

この佇まい。

c0177332_10174472.jpg

好き嫌いのないこの方

鰻はだめだけれどアナゴなら食べられますと

胸を張るこの方


私、推薦の箱めしを注文。

c0177332_10175415.jpg
(画像は全てこすもすさんからお借りしました)

食べ方をレクチャーして

(はい、箱めしは食べる順序があって楽しい)

二人は目を輝かせてまるで

女学生のよう。

お口は食べることと喋ることの二刀流は

得意分野でありますから難なくこなせますわ。

.:*:・’°☆.:*:・'°☆.:*:・

その後は場所を移して三越本店へ。

三越マダムの聖域ティールーム

カフェ・ウィーンで

ケーキセットがまた嬉しい。

あっという間に夕方、、、

じゃぁ、又ねぇ~

解散。



by whitelacenonyo | 2017-06-27 10:27 | 友達 | Comments(6)

夫の誕生日は銀座のレストランバーMASQ

今年、夫の誕生日に選んだ食事処は

お寿司、、早くに予約したが満席!

並ぶのは嫌だ、、というので(当然でしょ)

それならここにしましょ。

大人のレストラン

”MASQ”

鰤門系列のレストラン&バー

予約時間は19時

銀座の真ん中にありながら

入り口は探さなければならないほど

さりげない、、、

出迎えてくださったマネージャーは見覚えのあるお顔。

鰤門創業当時からのベテランさん。

適度に混んでいるカップルたちも

静かに食事して、心地よい。

落ち着いた雰囲気は大人のレストランそのもの

通された半個室のような落ち着いた部屋。

次々出てくる料理は、おいしい、、

c0177332_22351709.jpg

しかし、量が少ない、、

が、皿数が多い。

c0177332_22353069.jpg

ゆえにお腹はいっぱい。

夫の選んだシャンパンもワインもおいしい。

ダンヒルのバーに行く予定が

マネージャーが

「うちのバーも自慢ですよ。バカラのグラスがずらっと並んでいますから、、」

胸を張る。

c0177332_22354116.jpg


バカラ好きの私は即MASQバーのカウンターに座る。

赤と黒のインテリアがセクシーなバーです。

カクテルを飲んで夜の更けるまで楽しみました。

客層も良い。

2017年の夫の誕生日

元気で迎えられた幸せを

しみじみありがたく思った妻です。



by whitelacenonyo | 2017-06-11 22:46 | 思い出 | Comments(8)

Cooking Salon White Laceのメンバーと食事会

「お勧めのお店でお食事会をしたいです。」

メンバーから提案があり

私が候補に挙げた幾つかの中から

メンバー達は

銀座とよだを選びました。

c0177332_22095233.jpg
(画像はHPからお借りしました)

銀座のビルの一角に堅実な営業を、永年続けている

和食の名店です。


食事会だけではものたりないCooking Salon White Lace

充実させなければなりません。

*****

器の勉強もしましょう、、と提案し

早めに集合して

和光で数々の和洋の器を見て

いずれ揃えるのなら

長く使えるこれがお勧めですよ、、

贈り物ならこだわったこれらが

喜ばれるかしら、、

などレクチャーしました。

メンバーは

「敷居の高いイメージで敬遠していましたが

これからは目を肥やすためと勉強のために来てみます」

決心したようです。

***

さてお勧めの

銀座とよだ


久しぶりに訪れましたが

満席です。

私たちは6人ですから個室を

早めに予約して正解でした。


私が店を選ぶ基準の中に

箸がありますが

黒漆塗りの折敷に

吉野杉を使った利休箸が

燻した金色の箸置きに品良く置かれており

これは良い料理を提供する目安ともなり一層の期待が膨らみます。


御酒も選び甲斐のある品揃え

飲めるメンバーです。選ぶにも力が入り

洗心と獺祭を選びました。

次々供される食材の良さと手の込んだ料理の数々には

お家では作れませんね~と満足していました。

和食を堪能した後は

c0177332_22140587.jpg
(画像はHPからお借りしました)

私から話には聞いていたけれど

勇気がなくて行けなかったという

ダンヒルのアクアリウムのラウンジ

おしゃべりの二次会です。

あっという間に夕刻になり

充実した銀座の1日でした。





by whitelacenonyo | 2017-05-26 22:24 | レストラン | Comments(4)

”アマン東京” というホテル


大手町の一角に黒いビルが威風堂々と君臨している、、

初めてそのビル、、いえ、ホテルへ行ったのは

昨年の夏。

NYからプライベートジェットでいらしたご一行様を

築地市場へご案内するため

私は長靴、ジーンズのあ、あ、洒落っ気の無い

築地スタイルで

スタイリッシュなロビーにいた私でした。

c0177332_22413239.jpg

しかし、昨日はあの日のリベンジ?です。

アマンのロビー

高い高い贅沢な吹き抜けの天井と壁面は障子をイメージします。

*****

真っ赤なワンピースにポール・スミスのちょっとお洒落な

黒いカーディガンをはおり

ハイヒールを履いて33階のゆったりしたロビーの椅子に座わって

やがて現れる人と評判のブラック・アフタヌンンテーを楽しむために、、

待ち合わせです。

「お連れ様がお見えになる前にテーブルへご案内させていただきます」

気の利くサービス。

バーの前の席は天井まで届くガラス窓からは

新宿の都庁やパークハイアットなどのビル群が林立している。

お天気が良ければ

富士山も眺められることでしょう。

程なく

欲しい、、と思っていたミネラルウォーターをそっと置くスタッフ。

やがて待ち合わせのお嬢さんは息を切らせて現れ

シャンパンで乾杯!

運ばれてきたのは大人の雰囲気と

乙女心&女心を刺激させる

アフタヌーンティーのセッティグはブラックそのもの、、

c0177332_22394765.jpg
(画像はお借りしました)

パチパチ写真をとるのは我慢して

HPの写真で想像していただきましょう。

食べきれないほど、サーブされます。

シャンパンの後、

紅茶は個性的な香りや味の思考が一致する二人ですから

3種類、堪能して楽しいおしゃべりの時間が

ゆったりと流れ

極上の時間を味わいました。

c0177332_22414369.jpg


ロビーには八重桜が豪華に生けられ

琴の生演奏は

宿泊の外国人客から喜ばれていました。



by whitelacenonyo | 2017-04-19 22:53 | お気に入り | Comments(2)

お正月3が日は晴天!!


もう、3日です(早っ)

昨日は恒例の箱根駅伝往路をテレビで応援。

そして今日も復路のドラマティックな展開に

私の声援も大きくなる。


さてさて、我が家のお正月の恒例は

2日の夜、日本橋鰤門でお寿司。

早くから予約しなければカウンターには座れない。

私の予約は10月でした。

評判の鰤門。

c0177332_11050257.jpg

食べ終わった鰤門自慢の牡蠣・・


それもそのはず食材が優れていて美味しい。

新しい板さんから

「ここに努めるようになって

何が驚いたかというと入ってくる魚が

半端じゃないすごいものばかりなんです」

そうでしょ、そうでしょ。

******

その後はすぐそばのマンダリンオリエンタルホテルの

マンダリンバー

顔なじみのバーウーマン

スーパーバイザーの

yamazakiさんが笑顔で迎えてくれます。

c0177332_11045336.jpg

ドライマティーニは

モダンジャズの生演奏が一層雰囲気を盛りたてます。

外国人の泊まり客が席を埋めて楽しそうです。

夫が2杯目のカクテルを注文。

「さて何にいたしましょうか」とyamazakiさん

すると夫がトランプ大統領にちなんだ何か作ってくれる?

笑顔の彼女しばし考えて

これでいかがでしょか、、

カクテルグラスの中は桜の花の塩漬けに金粉!

シェーカーにはピンクのリキュールと???の酒を入れてリズミカルに振る

即座にピンクのカクテルの出来上がり。

まぁ!女性が好きで(ピンク色)大金持ち(金粉)

「オリジナルカクテルのネーミングはプレジデント・トランプね、、」

楽しい正月2日目の夜は更けていきました。





by whitelacenonyo | 2017-01-03 11:17 | 楽しみ | Comments(8)

たまさか銀座も美味しいですよ〜

お互いに多忙ではあるけれど

食事をご一緒しなければ2016年は暮れませんという

都合の良い?コンセプトのもとパワフルマダムと

冷たい北風の吹く今日、

たまさか銀座へ。

2015年オープン以来訪れなければ、、と思いながら

ご無沙汰していた、、申し訳ない、、

c0177332_22325026.jpg

冷たく寒い銀座のお店の前で立っているのは

和服姿のスタッフ。

初めての私たちを待っていてくださったのです。

丸の内たまさかも美味しいお料理をだしますが

たまさか銀座も負けていません。

c0177332_22331284.jpg

それはそれは繊細で極上の料理が次々と、、、

氷見の鰤、北海道の甘い帆立貝

しめ鯖の美しい包丁目、

ははぁ~~ん格子目を入れると高級感が出るのですね~

カウンターで見ていると丁寧な仕事に感動します。

甘味は無花果のアイスクリームの上に温かい小豆

それを細長い最中に詰めていただきます。

丸の内のたまさかもお勧めですし、

たまさか銀座もお勧めです。

お腹もいっぱいになり隣国の旅行客の大群をかき分け?


c0177332_22370894.jpg

松屋銀座で”白洲正子ときもの”特別展を見て

紬の素敵さを堪能しました。



by whitelacenonyo | 2016-12-28 22:48 | お気に入り | Comments(6)

入院友達と15年ぶりの再会


今から25年前、手術のため済生会中央病院に入院していた

ジュンコさんと私。

入院中の食事は歩ける人は食堂で食べるのが患者の規則。

私は一人で食事をしていましたら

こちらでご一緒しませんか、、と

穏やかに優しくかけてくださった声の美しい人は

NYから手術のために帰国していた

ジュンコさんでした。

c0177332_23061996.jpg

元気になったら絶対NYに来てね。

指切りげんまんをして私たちは退院。

その後、私は家族3人でNYを訪れ

ストレッチリムジンに乗って夜のマンハッタンをドライブ

セントラルパークのガラス張りのレストラン

タバーン・オン・ザ・グリーンで食事など

思い出いっぱいの

楽しい旅をすることができました。

c0177332_23063115.jpg

ジュンコさんは駐在のNYからから帰国後、群馬に住み

Cooking Salon White Laceに

新幹線でお友達とレッスンに通って下さった。

c0177332_23064218.jpg

最後にお会いしたのは15年前我が家にいらした時

アメリカンアンティークのこれをくださったのです。

今でも

毎年私の誕生日には達筆のカードを

届けてくださっています。

そして今日

プレゼントををいっぱい抱えてきてくださった東京駅で

15年ぶりにお会いした。

三菱一号館美術館で

「拝啓ルノワール先生」を案内し、

多分喜ばれるだろうと銀座の

南蛮銀圜亭を案内しましたら、シェフが最初に開いた

レストラン胡椒亭に行ったことがあるとジュンコさんはいう。

焼き加減の美味しいラムステーキをいだだきながらおしゃべりの花が満開。

夕刻、新幹線の改札口までお見送りしました。



by whitelacenonyo | 2016-11-11 23:38 | 友達 | Comments(8)

Cooking Salon White LaceのOG会

Cooking Salon White Laceに

10年も通ってくださったグループが卒業したのは2月でした。

OG会をしましょうと固く約束し

半年後の今日、OG会は

東京ステーションホテル

”カントニーズ 燕”です。


c0177332_01235243.jpg


子育て奮闘中のT美さん、

「暗いレストランで食事するなんて本当に久しぶりですぅ~」の

言葉にはなんだか胸がキュ~~ンとしてしまいました。

シャンパンで再会のカンパ~~イ

次々出てくる美味しいヌーベル・シノワを味わう。


c0177332_01242289.jpg


半年間のあれこれ、報告をしあいながら

充実した時間を過ごしました。

勉強家のTさんが

「もう直ぐ40歳を迎えるのですが、

大人の女性となるには何をすればいいでしょうか、、」と

難しい質問され、ドキッ!!!!!

しばし考えて、、私なりの答えをしましたが

ここでは、な・い・し・ょ

このような質問は、料理を教えるより難しい・・・

彼女のように問題意識を持つことが

先ずは、大人の女性には大切なことだと思いました。




by whitelacenonyo | 2016-08-29 01:31 | 思い出 | Comments(8)

銀座の老舗、西洋料理 南蛮銀圜亭

銀座並木通りのビルの一角に

西洋料理”南蛮 銀圓亭”は存在します。

目まぐるしく変化している銀座の

貴重な老舗です。


c0177332_09263360.jpg


7~8年ほど前

銀座通(つう)の姉に初めて連れて行ってもらった。

食べたものは忘れたが、とても美味しかったことは記憶にある。

一ヶ月ほど前

買い物帰りに一人で久しぶりに訪れた。


オープンキッチンの中には

清潔なコックコートも眩しい、渋いシェフは

ちょっと気むづかしそうだ。

客に媚びないのもいい。

男性3人と女性一人のスタッフたち、

大きな寸胴鍋をひたすら混ぜていたり動きに無駄がない。



ビールにかぼちゃの冷製スープ

オムライスを注文した。

スプーンですくい口に入れたスープ

かぼちゃの品質にこだわり、丁寧に濾し

滑らかさ、奥深さは

いかに手間をかけて調理したであろうことが感じられた。

媚びない態度は自信の表れでしょう。


オムライスの姿形には目を見張りました。

まるで芸術品のように美しいです。

トマトソースはルビー色。ビロードのようななめらかさと艶が

オムライスを一層引き立てている。

食事が終わって私は

八年間もご無沙汰していた、、ことを悔いたほど

それはそれは美味しいかった。

c0177332_09351281.jpg


先日は食通パワフルマダムと再度訪問。

オードブル3種は二人して顔を見合わせたほどの逸品でした。

月に一度は訪れたい南蛮 銀圜亭

正統派の西洋料理が今や、影を潜める時代


c0177332_09345938.jpg


そんじょそこらのフレンチが恐れをなすような料理を提供する

老舗の西洋料理南蛮銀圓亭を

応援をしたい、、と心から思ったのです。

もう1軒銀座が誇る老舗がある、、、

明日に続きます。





by whitelacenonyo | 2016-08-08 09:47 | 街の情景 | Comments(2)

ジョエル・ロブションで夫の誕生日を祝う

今日は夫の誕生日です。

元気で誕生日を迎えられることが何よりも幸せだと

しみじみ思います。

普段のレストラン選びにあまりうるさく言わない夫ですが


c0177332_23010229.jpg


誕生日にはガストロノミ・ジョエル・ロブションを希望します。


山地総支配人のお話では

今年から少し変化をつけました。



c0177332_22575996.jpg


デザートとミニャルディーズの二種をワゴンサービスにし、

サマーガーデンをイメージしたワゴンです。

存分にお楽しみください。

わぁ!!ますます期待が膨らみます。



メニュー選びは時間をかけて、、

ワインも選びにもあれこれ迷う夫と私。

アミューズブーシュは二種!


c0177332_22571119.jpg


ゆで卵の卵黄を抜き、その中にキャビアを詰めています

抜いた黄身は生クリームと共にトッピングしました。

ぜひ半分に割ってくださいと言われ、わぁ!!



c0177332_22574644.jpg


キャビアがびっしり詰まっています。

ソースはバジルのグリーン

周りは花畑のようなデコレーション。



c0177332_22572007.jpg


温かいパリパリゴーフルにエビやなんとか?のすり身を挟んだ

2皿目のアミューズ



スタートから驚き、次の料理にますます期待が膨らみます。

前菜はアーティチョークと

鯵のカルパッチョ

メインは


c0177332_22573107.jpg


魚料理は鱈 肉料理は子羊

チーズも好きなだけ選んで

堪能する。


c0177332_23165007.jpg


いよいよデザートその前にレストランからのバースデプレゼント


c0177332_23190614.jpg


照れながらも嬉しそうな夫。




by whitelacenonyo | 2016-06-10 23:31 | 思い・・・

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧