タグ:人とは ( 114 ) タグの人気記事

Parisの日常 明と暗・・・

Parisの日常は幸せに満ちた人々だけではなかった・・・

私は

毎朝、カフェで

簡単朝食をするため近所に出かける、

Jacob通りには、車道を挟んで左右に狭い歩道がある。

c0177332_21325097.jpg
(Jacob通り)

通勤の人たち、散歩をする人、観光客などが歩いている。

アパルトマンを出て左に歩くと

歩道には物乞いする、夫婦と3~4才位の男の子の家族三人が

座り込んでいます。


「ボンジュール、マダム」と手を差し出す母親。

ちらっと見ると夫はやせ細り、絶望した哀しみの表情、

妻はいつからお風呂もシャンプーもしていないだろうと

思われる絡みつき固まった伸び放題の髪の毛。

衣服も破れ褪せた色、

c0177332_21340350.jpg
(妻はお花屋さんに目を留めることがあるのでしょうか、、、)

どこの国から、、と私の乏しい記憶から判断してみた、

シリアかしら、、

一日目は私は戸惑って素通りしてしまった。

c0177332_21332600.jpg

二日目、通りに出ると昨日の場所の反対側の歩道に家族で物憂げに座っている。

僅かばかりのお金を取り出し、

私は多分強張った顔で

「ボンジュール、、」と言いながら、ぎこちなく彼女の手に、、渡した。

「メルシー、、マダム」と母親が言う。


その翌日、私の姿を見つけた男の子が、駆け寄ってきた。

アパルトマンを出るとき手に用意していた、わずかのユーロを渡した。

c0177332_21334578.jpg
(あの男の子はこの店を見ることがあるのでしょうか、、)

その後、私は毎日出かけますが、

通りに出て、行き先が右もあれば左もある、、


右に数メートル歩いて、気がつき振り返ると

男の子は母親の膝で寝転んでいた、、

Parisでは

いろいろな場所で物乞いする人々や

着古した服で道路にうずくまっている姿をあちこちで目にした。

テレビで報道される祖国を逃れ苦難の末にやっと辿り着いた

難民でしょうか、

駆け寄ってきた男の子に未来はあるのでしょうか?



Parisの日常は明と暗が隣り合わせ、、、です。









by whitelacenonyo | 2017-08-16 21:32 | Paris にて | Comments(4)

Parisで見かけた日常風景


カフェ、公園、バス停、レストランで、

見かけた

パリジャンやエトランゼたち。

c0177332_20473187.jpg

コートの色と、着こなしと寄りかかる姿が素敵!


c0177332_20303996.jpg

シガーがお似合いの二人は

サン・ジェルマン・デュプレ

c0177332_20352603.jpg

レ・ドゥ・マゴウで、道行く人を眺めながら、、、


別の日、アパルトマンからブラブラ

ひとり歩き

五分も歩かないうちに

パリ芸術大学です。

c0177332_20433757.jpg
(画像お借りしました))

エコール・デ・ボザール

ここでモネやシスレー多くの画家や彫刻家が学んだという。

c0177332_20342564.jpg

学士院と芸術橋

ポン・デザール(芸術橋)の欄干に

愛の約束?の南京錠は取り払われておりましたが

見上げた先の照明灯に南京錠が!

c0177332_20274009.jpg

どのようにして取り付けたのかかしら、、

ブキニストを、のぞきながら

c0177332_20364247.jpg

ポン・ヌフを歩き、目指すは静かな

DAUPHINE広場


五年前、Lさんが

イヴモンタンを偲ぶ、、と

案内してくださった三角形広場

c0177332_20315512.jpg

パリジャンが

静かに読書したり家族で寛いでいた。

c0177332_20330863.jpg


昔、船長だったのかしら?

c0177332_20323523.jpg

帽子と髭がお似合いのムッシュゥは

数人と

真剣にペタンクを楽しんでいました。

その後ブラブラ歩いて

シテ島のノートルダム大聖堂へ。

c0177332_20380932.jpg

テロがあったにもかかわらず、大勢の観光客

民衆の力はテロに屈しない、光景でした。

サンルイ島まで脚を伸ばすつもりが、

疲れて、、

アパルトマンに戻りました。

パリの日常、明と暗、、、は明日に続きます。



by whitelacenonyo | 2017-08-15 20:28 | Paris にて | Comments(6)

Parisの街をあの道この道に、思い出を刻む・・・

kanafrさんがご案内してくださった

リボリ通りからちょっと入った場所の

c0177332_09145596.jpg

ライブラリー風カフェ

CAFE LIVRES

喉が渇いて私はビールを注文

No2くんのお気に入りのカフェだそうです。

c0177332_09152993.jpg

お客が置いていった多くの本が棚に整然と並んでいる。

それらを読みながらお茶をする、、カフェ

c0177332_09155811.jpg

帽子姿のマダムが熱心に本を読んでいます。


いよいよkanafrさんともお別れの時が、、迫ってきます。

3日間、彼女のご案内で

ショッピングも

普段のパリも

感じることができ

充実した

心強い3日間でした。

サンジェルマン・デュ・プレまで

95番のバスで帰る私を

パレロワイヤルのバス停まで見送ってくださいました

名残惜しく

c0177332_09174896.jpg

バスが来るまでお互い別方向を向いて

つい黙してしまいます、、


次はいつお会いできるのでしょう。

30年間日本に帰っていない

kanafrさん

日本で待っている人たちがたくさんいますよ。

是非日本でお会いしましょう!


Parisを楽しむ旅を計画している人は

ナビゲーターの達人

かるぺ・でぃえむ へ

是非アクセスなさることを

お勧めします。


(勝手に広報担当に名乗りを上げたwhiteです)





by whitelacenonyo | 2017-08-07 09:29 | Paris にて | Comments(4)

滞在はアパルトマン・・・

昔々?のParis滞在は

当然のことホテルでした。

「度々Parisへいらっしゃるならどうぞ、うちのアパートを

お使いください・・」


c0177332_15544968.jpg


c0177332_10542410.jpg

嬉しいお誘いに

今まで数え切れないほど使わせていただいています。

c0177332_10532662.jpg


いわゆる最近パリで流行のAirbnbではない、

親友だからこそ、ご好意で貸してくださっているのです。




c0177332_10582461.jpg

治安が良く便利でお洒落な街

その上

パリジャンが憧れる

サン=ジェルマン=デ=プレ

c0177332_11032956.jpg

ご家族が使わない時は気持ち良く

貸してくださいます

c0177332_10592197.jpg

同じアパートの1階に(日本風に言うと2階)引っ越し

より素敵に快適にリホームされ

静かで心地い滞在でした。

コンシェルジュのマダムや子供とも顔なじみの私は

私のParisのアパートに戻ってきたようななんて

勝手な

錯覚に陥るほど馴染んだアパルトマン。

素敵な楕円形のガラスのダイニングテーブルとアクリルのデザイン椅子の写真を撮り忘れです(汗)


明日は7月最終レッスン日頑張ります。





by whitelacenonyo | 2017-07-29 11:10 | Paris にて | Comments(8)

Parisから抱えきれないほど思い出を胸に帰国、そして・・

約、2週間の旅を満喫して

昨日7月27日

無事に羽田空港到着。

出迎えてくれた夫の嬉しそうな(????)顔を見て

ほっと一息。

そのあとは恒例の私が発する

マシンガントークで家まで

ふん、ふん、、と聞いてくれます。

送迎をしてくれるから、感謝のお土産は

c0177332_14184847.jpg

パナマ帽

左は五年前、右は今回。より極上に格上げ?

c0177332_14185865.jpg



さて

どこに行っても必ずと言っていいほど

友達ができる私は

今回も

機内で席が隣あった日本人の寡黙なマダム

ずっと映画をご覧になっている、、

降りる30分くらい前、話しかけると

物静かに会話が、、

ヴェルサイユにフランス人の夫と四十年住んでいる

剣道の先生(女性ですよ!)

降りる前に彼女は何かメモをしています。

c0177332_14265287.jpg

「今度フランスへいらしたら

是非ベルサイユの私の家にいらして、、」

あわてて私も名刺を差し上げ

再会を約束しました。

到着のバゲッジターンテーブルまでご一緒し

後便でいらっしゃるお嬢さんご夫妻を

「ここで待ちますので、きっとまたお会いしましょう」


固い握手をしてお別れしました。



by whitelacenonyo | 2017-07-28 14:30 | Paris にて | Comments(4)

Parisも素晴らしいけれど、地方都市リヨンも素晴らしい!

Paris六日目

私はリヨン丘にあるフィルヴィエールノートルダム大聖堂に会うために

フランス第二の都市LYON PART DIEUへ

プチトリップを思いついたのかも。

聖堂の写真を見たとき

シテ島のノートルダム大聖堂と同じように、

リヨンの町から古代の人々が仰ぎ見る

大聖堂は、心のよりどころとなったであろう、、と

何故か心を動かされたのです。

Parisリヨン駅早朝、TGVでリヨンパールデュー へ向け出発。

列車の旅はスイスやミラノ、ロンドン、ヴェネチアとしましたが

全て夫と一緒で、任せきりでしたので楽チンでしたが、

ひとり旅はそうはいかない、、

骨身に沁みました。

しかしこれも脳の活性化、、と思えば、頑張れる!

リヨンまで行って、絶対に見たいと願っていた

丘の上にあるノートルダム大聖堂!

ケーブルカーがのんびり運転、なかなかきません。

長蛇の列。

やっと乗れたら、3分ほどで到着するではありませんか。

降りると目の前に荘厳でエレガントなノートルダム大聖堂が!

c0177332_06184470.jpg

あ、あ、あ、

この姿が見たかった。

来てよかった!これほど感動したのは久しぶり!

c0177332_06195110.jpg

ここに来るまでメトロの乗り換えをサポートしてくださった

物腰柔らかなやさしいムッシュウやマダム。

心から感謝です。

大聖堂は息を呑むほど美しく荘厳、

c0177332_06212767.jpg


来てよかった!

今、来なければ

チャンスを逃していたかも、、

古代からの人間は凄い技をもち、神に捧げたのですね。

リヨンは

ポール・ボキューズを代表とする食の町でもあります。

ノックアウトされた食材は、、、

帰国してゆっくりアップさせていだだきますね。

旅人に親切な人たち、

心から感謝いたします。


by whitelacenonyo | 2017-07-22 06:27 | Paris にて

Paris三日目 マダムヴォージェルからプライベートレッスンを受ける

朝、マダムヴォージェルのアパルトマンを10時にお訪ねすると

生徒さんはどなたもいらしていない。

c0177332_22534445.jpg

今日はNさんだけのレッスンです。

え~~~ まぁ

プライベートレッスンを

c0177332_22574146.jpg

準備をしていてくださったのです!

c0177332_22530117.jpg

私は心から感謝いたしました。

c0177332_23132545.jpg


レシピは

タブレ

バスク風鶏肉の煮込み

杏のタルト


バスク地方の貴重な古い本を用意して丁寧に説明。

c0177332_22520382.jpg

バスク地方の料理は初めて作りました。

c0177332_22544637.jpg

タブレも

私のレシピより断然おいしいのです。

杏のタルトのパートプリゼもサクサクになる

c0177332_22552351.jpg

手法に目からウロコ!


諦めなくてよかったマダムヴォージェルの料理レッスン。

ありがとうを千回言っても足りないほど、、でした。



by whitelacenonyo | 2017-07-19 23:06 | Paris にて

Paris、二日目の出来事(急襲)

Parisでの私の料理の先生はマダムヴォージェルです。

初めて彼女に習ったのは、

20年くらい前でしょうか、、

その後

Parisを訪れるたびにアパルトマンの料理教室に通いました。

彼女は絵に描いたような品の良いフランスマダムです。

もちろん今回もレッスンを受けたいと思い連絡を取りましたが

私のミスで電話が通じなく途方にくれていました。


これでは今回の旅の成功が叶わぬ、、

部屋番号も電話もわからないと言う全く

無謀且つ、可能性は、ゼロに近い状態ですが

行動を起こさないと実現できないと言う私のポリシーで

住所だけを頼りにタクシーに乗り、

アパルトマンを

急襲!

インターフォンを押すも応答無し、、(当然)

それでも押し続け、ボージェル、ボージェルと言い続けました。

すると!!!

ムシュウ・ヴォージェルが笑顔で現れたのです。

あ、あ、神さま。

私はこれほど神様に感謝したことはありません。

マダムボージェルのトレードマークの優しさ溢れる笑顔

私の喜びは頂点に達し、ハグとビズは二人で涙、涙。


素敵な部屋のインテリアのテーブルには

三人分のセッティングがなされています。

あれ??レッスン?

「いえ、お食事をご一緒する大好きなお友達がいらっしゃるの」

と、さりげなくセッティングを増やします(私のために)

c0177332_03521502.jpg

マダムのお料理、ワイン、デセール、フロマージュ

c0177332_03535226.jpg

楽しい会話と美味しいお料理を

c0177332_03544906.jpg

急襲した甲斐あって?

至福の時間でした。

c0177332_03560350.jpg

c0177332_03565936.jpg

c0177332_03580821.jpg
ゲストは駐在時の
マダムの教え子でした。
今回は
ルノートル、リッツエスコフィエで
お菓子の勉強にParisを訪れていたそうです。
素晴らしい出来上がりと、
最高の味のミルフィユが登場!
拍手喝采。
c0177332_03591306.jpg

食事中、マダムが優しく

「Nさん、明日は何か予定はありますか?」

「何も予定はありませんフリーです」

「それでは明日いらして下さい。レッスンをします。」

ワァ、今回は、約束をしていないので

レッスンが受けられないと残念と思っていましたから

明日のレッスン参加できるのなら今回のParisは最高だわぁ。。

思いがけない、

お誘いなので嬉しく加えて頂くことに、いたしました。

ところが、、

今日、仰天してしまいました。








by whitelacenonyo | 2017-07-18 04:16 | Paris にて

真夏のサロンレッスンでした。

さてさて、旅支度、、

出したり入れたり、、これも楽しいもの。


o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。


サロンレッスンのブログもアップせねば、、

(私の記録ですけれど、、ね)

c0177332_12064448.jpg

真夏には料理作りに時間をかけたくないけれど

エネルギー補給にはお肉を使いたい、、、

c0177332_12052534.jpg

煮込みは、冬のイメージですが

夏用に煮込む時間を短くしても美味しくできます。

c0177332_12073838.jpg

オードブルはモッツァレラの代用で豆腐とトウモロコシを使って

10分程でこれができます。

c0177332_12085282.jpg
(マチェドニア)

デザートはフルーツをひんやり冷やして

c0177332_12091904.jpg

美しくエレガントに..


c0177332_12120071.jpg
サロンに5年間通ってくださったY梨さん、
産休に入ります。
彼女が5年間勉強した料理の写真全てを
FBにアップしていましたのに
驚きです。
すごい数です!
サロン入会当時は包丁の持ち方から基本的な調理法を
教えました。(厳しくね)
そして結婚し
愛する人にひたすら美味しい料理をを作りたい、、の
一心で努力する姿勢、、、
その甲斐あって
マチェドニアのフルーツを
美しくカットしていることにみんなで大絶賛でした。



by whitelacenonyo | 2017-07-12 12:32 | クッキングサロンで | Comments(6)

天国の親友を思う、、

親友が天国へ旅立って今日は49日です。

昨日

「明日は49日だけれど彼はどうしているかしら、、、」

夕食の時、夫と話したところでした。


昨夜遅くにメールボックスを開くと

彼女のご主人さまからメールが届いていました。

*****

毎日、思い出しては涙が出ていたけれど

これではいけないと

心を切り替えるようにしている、、

ワイフの好きだった花を植えていた庭に出て

水やりをしていると必ず大きな蝶が来ます。

これはフミコ?と思う、、、


私はすぐに返信をしました。

「蝶はフミコさんです。幸せをいっぱい与えてくださった

ご主人様にお礼を言いに来ているのです、、」

今日、

丸の内の伊勢丹メンズに行って


c0177332_21330506.jpg
(画像はHPからお借りしました)

ニコライバーグマンのブリザーブドフラワーを送りました。

お花に水をあげなくても数ヶ月持つお花です。

写真のそばにおいていただければ、、、






by whitelacenonyo | 2017-06-24 21:36 | 友達 | Comments(2)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧