タグ:人とは ( 103 ) タグの人気記事

Cooking Salon White Laceの初期の頃のメンバーと

昨日のこと

Cooking Salon White Laceが初期の頃の

サロンメンバーだったお二人は

現役キャビンアテンダントで

責任ある仕事をしているM子さん。

もったいないと惜しまれながら

キャビンアテンダントを退職し、

理解あるご主人様と幸せな結婚、

男女のお子さんに恵まれている

S保さん

新橋駅で待ち合わせ。

c0177332_10111414.jpg

周りの人混みの中でキラキラオーラを放つのは

職業柄ね、、と私が言いますと

照れて否定していましたが、、

本当のことです。


賑わう銀座の久兵衛でお寿司のおいしさに満足、満足。

GINZA Sixをチラッと案内。

やっぱりおしゃべりを楽しみましょとウエストで

お茶とケーキ。

数年ぶりの再会は積もる話が

てんこ盛りをお代わりするほど続き

気づくと5時過ぎ!

c0177332_10130037.jpg

「また、お会いしましょ」

固い約束を交わした

気持ち良い五月の一日でした。



by whitelacenonyo | 2017-05-18 10:15 | 日々に思う | Comments(8)

転倒してもすぐに起き上り?サロンレッスン開催


左足太もも左側と左腕に

打撲の痣が鮮やかに青色になっています。

これは許容範囲です。


White Laceのメンバーの皆さまが

ブログを読んで、心配してくださり、

お見舞いのLINEをいただきました。

みなさまありごとうございました。

c0177332_22455678.jpg

今日から5月のレッスン開始。

「果たしてレッスンはできるのでしょうか、、」

「ハイ、大丈夫ですから予定通りどうぞ!」

c0177332_22400421.jpg

「レッスン中は座っていただくとして食材の買い出しがありましたらお申し付けください」

嬉しい申し出など

優しい言葉をかけてくださいます。

c0177332_22395152.jpg

本当にありがたいことです

そして、、

今日、

滞りなくいつもの料理レッスンができました。

感謝です。




by whitelacenonyo | 2017-05-11 22:51 | クッキングサロンで | Comments(10)

銀座和光の前で転倒した私・・・

さて、、私に起こったハプニングは、、

銀座三越で食材を買った後

和光で見かけていたバッグを買うつもりで

いつもは晴海通りの入り口から入るのですが

なぜか中央通りから和光に入ろうとした、、

c0177332_15573582.jpg

少しの段差も知っていたつもりがパンプスの先端が

(今思えば)

滑って

前のめりにドッタ~~ン!!

 転び、左太腿あたりをコンクリートで強打。

恥ずかしさと恐怖の交差する頭の中。

すぐに立ち上がる。

そばにいたマダム二人、駆け寄ってくださった。

通りがかりのマダム二人も汚れを払ってくださりながら

「大丈夫ですか?お怪我は骨は?」心配してくださる。

「はい、大丈夫だと思います。立っていられますし、

歩けそうですから。ご親切にしていただきありがとうございます」

4人にお礼を言って

店内でスタッフに転んだことを話し

「打ったところがどうなっているか見たいのですが、、」

「3階のフィッティグルームにご案内します」

怪我の状態というと左横の太ももが

ほんの少し腫れているようであるが大丈夫らしい、、

足もあちこち動かせる。

待っていたスタッフに大丈夫のようですから、と伝えて

バッグを見るため売り場の1Fへ

鏡に写した自分の姿、、あれ?持っていた

バッグが無い!

c0177332_15571790.jpg

******

これからが老舗和光のスタッフ4人の対応です。

フィッティグルームを見に行く女性フロアーマネージャー

(念のためにと2度も!)

和光店内忘れ物係まで行ってくれたスタッフ

落し物かも、、と4丁目交番まで行ってくれたスタッフ

最終的には防犯カメラで私の行動と

持っていたバッグの存在までも時間をかけて確認してくださった

フロアーチーフマネジャー。

彼女が最後に提案してくださったことは

「もう一度フィッティングルームを確認してみますか?」

「そうですね、それで諦めますわ」

再度入ったフィッティングルーム。

どこにもバッグは見当たらない、、

あ、ぁぁ~~ないわ・・

大きなスツールを指差し、

「ここに三越のペーパーバッグと一緒にバッグも置きましたの」

「私が確認した時、何もありませんでしたわ」

ところが、、

スツールの下の隅っこにスタンドランプに挟まれて

隙間に落ちていました。

「ありました!!」


私の喜びの大きな声。

スツールの端からプラスチックの部分が滑り落ちたのでしょう。

マネージャーと私は手を取り合って喜びあいました。

彼女は

「私が至りませんでした。隅まで確認しませんで、、」

なんども謝るのです。

「とんでもありません。滑り落ちたのですから、、」

「目的のバッグを買いますわ!」

c0177332_15572556.jpg

タクシーで帰る私を通りまでマネージャーとスタッフ二人で

タクシーを止め、見送ってくださった。

老舗のスタッフの対応の素晴らしさと

心意気をかみしめました。

*****

バッグの中身はカード類全てと

鍵、アドレス帳、保険証など

全て大切なものが入っている、、

失くしてからの手続きなどを思うと気が遠くなる、、

見つかってよかった!

怪我の状態は帰ってすぐに近所の病院でレントゲンを撮って異常なし!

今朝、届いたバッグに全てを入れ替える。

(ちなみに和光は買い物した品を無料で配送してくれます)

銀座和光の皆さま、本当にありがとうございました。



by whitelacenonyo | 2017-05-09 16:15 | 街の情景 | Comments(14)

親友の訃報・・・


今朝のこと、8時になった途端、iPhoneのベルが鳴った、、

表示をを見た途端、もしや、、と感じた。

が、覚悟を決めて電話に出た、、が

もう、涙が溢れた私。

彼女の夫君からでした。

やはり、、、の知らせでした。

永年バンコクに住み、

夢のような生活をしていた。

c0177332_22571567.jpg

私が何度もバンコクを訪れるたびに楽しい旅の思い出を

いっぱい、いっぱい、与えてくださった冨美子さん

長く、長く癌と闘い

運の強さと良い医者との出会い

やがてバンコクから帰国し、故郷の淡路島に住んでいた。

エネルギッシュな夫君からは溢れるほどの愛情を降り注がれ

電話すると、その声は元気だったり、

時には消え入りそうな声だったり、、の一喜一憂でした。

供花を送るため銀座へ行き

お好きだったピンクと白いバラや白いお花を探した、、

が、母の日が近いためフローリストにあるのは

カラフルなお花ばかり、、数軒回って

やっと見つけたGINZA SIXの親切なフローリストから

送ることができました。

パリから帰ったら

やはりパリが大好きだった冨美子さんにお土産を持って

淡路島へ会いに行こうと、、決めていたのに、、、

冨美子さん安らかにお眠りください。



お花を送った後、、和光へ買い物に。

ところが!私に大変なことが!!!

次に、、続きます...






by whitelacenonyo | 2017-05-08 23:07 | 友達 | Comments(6)

プレゼントの上手な人

バターが5月からまた値上がりだそうです。

White Laceではバターの消費量がとても多いので

困ります。

c0177332_08431537.jpg

料理に

風味や旨味をプラスさせるため

たっぷりバターを加えますと

メンバーは

『えぇぇぇぇぇ?そんなに使うのですかぁ』

目を見張ります。

「この量を一人で食べるのではないのですよ。

今日のメンバーの人数で割れば少しでしょ、、」

出来上がった料理の美味しさは

バターの風味が加味されていますから

納得してくださいます。

エシレバターをいただきました。

c0177332_23170549.jpg


彼女はとてもプレゼント上手です。

私の好きなものを熟知していて

何かの折にはさりげなくプレゼントしてくださるのです。

c0177332_23160221.jpg

朝食のパンにたっぷり塗り、

又は、バターナイフで塊を乗せて食べますと

上質なミルクの味が口中に香りが鼻に抜けて

至福の朝食タイムとなり感謝しながらいただいています。




by whitelacenonyo | 2017-05-02 08:53 | 食卓のつぶやき | Comments(2)

White Laceそれぞれの卒業後


卒業後でもOG会をしたり、

未だに嬉しいコミュニケーションのあるグループ。

卒業後の

それぞれに生活が変化しているようです。

c0177332_09043870.jpg

代表委員に選ばれるなどたくましく育っている

M美さんちのカイトくん。

ママのお友達を招待してお食事会では

White Laceのレシピでいろいろな料理を作って振る舞ったところ

カイトくん

「なんだぁ、、、いつもと違って美味しいじゃないかぁ

White Laceのレシピで作ってよ~」

って言われたので

普段もWhite Laceのレシピで作るように心がけます。

早速イワシのパン粉焼きと唐揚げを作ったら

カイトくんから大絶賛だったそうです。

N子さんは

c0177332_09134251.jpg

ホタルイカのパスタを作るため

目やクチバシを取る下処理中につまみ食いしていたら

パスタ完成後は、ホタルイカが半分に減っていました、、


A子さんからは

「友だちとのランチ会には

必ずWhite Laceのレシピで作ります。

『料理上手ね』誤解を受けています!」

そういえば、A子さん、

サロンメンバーとなったあ頃、

c0177332_09004140.jpg

”これで料理作り大丈夫かしら、、”

私を一瞬不安させたお嬢さんでしたのですが

10年間の永きに渡って私の

叱咤激励に耐えて、応えて、努力して

今や立派に料理を振る舞う料理上手。

ママ友たちから絶賛を浴びているのです。

c0177332_09042830.jpg

みなさん立派に育って巣立って

嬉しいわぁ~~


(水森亜土さんの無料イラストをお借りしました)



by whitelacenonyo | 2017-04-28 09:42 | 日々に思う | Comments(4)

国立西洋美術館で・・


松方コレクションのロダン彫刻”地獄の門”が

国立西洋美術館入り口で出迎えてくれる。

c0177332_09564480.jpg

そう、ここは

松方コレクションが数多く展示されています。

c0177332_09584005.jpg

常設展は松方氏から寄贈された数多くの絵画などが

ルノワール、ゴッホ、モネ、、

.展示されており、

個人蔵も寄贈されておりました。

c0177332_09561792.jpg

藤田画伯の絵もやはり目を惹きます。
c0177332_09560730.jpg

この絵、、

c0177332_09563258.jpg


「え?え〜〜〜どこが美しい尾の牝牛なの??」

愉快でしたわ〜〜

心いくまで楽しみました



その後は、、

”スケーエン デンマークの芸術村”を

鑑賞した。


興味を引いたのは

私の好きな映画のトップにあたる、

”バベットの晩餐会”を彷彿とさせる

舞台となったユトランド半島

漁師の絵の数々、、

難破した船の救助に向かう村民たち。

助け合って暮らす寒村の風景画は

素朴で、、


感動しました。





by whitelacenonyo | 2017-04-27 10:07 | 文化芸術 | Comments(6)

六本木のマダムS宅でのディナー

4月のWhite Laceのレッスンが終わる日、

マダムSから「ディナーにいらっしゃいませんか?」

とお誘いを受けました。

「それともレッスンの後はお疲れ?」

「イエ、イエ、まだまだ元気な70代です!」と

駆けつけました。

私が以前住んでいた六本木の懐かしいマンションに

マダムはお住いです。

ゲストは

c0177332_22255790.jpg

藤田嗣治画伯のフランスの自宅で数枚を修復された

80歳過ぎながら意気軒昂な絵画修復家

来日中のフランス人の女性画家や

タイ人の若いイラストレーター

いつもながらインターナショナルな芸術家の顔ぶれと

3歳の頃から知っている逞ましく成長されたマダムの次男坊くん。

京都から届いた筍料理や築地市場で仕入れた鰆のオーブン焼き

葉山の新鮮な若芽を使った若竹汁や酢の物、、

全てマダムお手製のお料理が次々並びます。

c0177332_22254078.jpg
写真の竹筒の中はうかい亭東京タワー店のお豆腐です。

フランス人も私たちも喜んでいいただきました。

盛り付けられた和食器は

品の良い絵付けの古九谷などの骨董品。

画家のフランス人女性は手にとってしみじみ眺めておりました。

超がつくほど多忙なマダムSのホスピタリティーに感心させられます。

フィリピン人のお手伝いさんに写真撮影を頼んで

全員でハイポーズ!

話題は尽きなく夜が更けていきました。

(ところが、、)

翌日マダムSからメッセージが入りました。

今、機中から、、です。

フランスの友人が人生の幕を下ろしたお知らせで

葬儀出席のため

機中2泊、現地0泊の弾丸旅です、、って!


友情のあつさ、、みなぎるマダムSです。







by whitelacenonyo | 2017-04-25 22:45 | 友達 | Comments(6)

プロ意識を・・・

「娘が料理教室をしているんだけれど

今一つ迷っているようなの、、」

会うのは月日があっという間に過ぎるので

10年以上会っていなかった友人の話題でした。

二人いるお嬢さんとは、娘と同世代で遊んだ仲。

全く知らないわけでもなく

「私の長年の経験とアドバイスをお話してもいいわよ」

**

10年以上ぶりに会ったM果ちゃんは

明るさと元気さは昔と同じ。

c0177332_09553763.jpg

注文したお茶も飲まないで

ノートを開いて熱心に

私の一言一言をメモを取り質問攻めにする、、

渡した資料も食い入るように目を通す。

と、言うことは熱意の現れですね。

私も本気を出しました。


伝えた最初の言葉は

「プロ意識を持つこと」

たとえレッスン料を1000円でもいただいたら

プロですよ。

家庭の暇な奥様がちょっと料理ができるから

自宅で料理教室でもやろうか、、なんて

考えているのならやめたほうがいい。

c0177332_09545241.jpg

教えることは自分があらゆる勉強することです。

その上、労力を惜しまない、、など

私の経験と実戦をお話しした2時間でした。

夕刻、友人から電話があり、

「明るい笑顔でイキイキと帰ってきたわ」

少しはお役に立てたようね。




by whitelacenonyo | 2017-03-29 10:05 | 思い・・・ | Comments(10)

フィアンセはドイツ人


サロンのメンバーM恵さんが

”マダムにフィアンセを紹介したい、、と、LINEをいただき、

c0177332_23493517.jpg

え、え、??ドイツ人、そりゃぁ大変!

iPad mini翻訳アプリを使って

昨日はにわかドイツ語を勉強。

しかし、音声を聞いても

ドイツ語は難しい(英語もだけれどね・・)

その心配は吹っ飛び

今日、現れたステファンは

ブルーと白のストライプのシャツに赤いネクタイ

ブルーのジャケットを礼儀正しくお召しになって

流暢な日本を話す

人懐っこい笑顔もルックスも魅力的な

29歳の好男性。

美味しいドイツワインを持参してくださり

全員で乾杯!

メイン料理のスペアリブが大好物とのことで

c0177332_23492675.jpg

スパイシーオーブン焼きを召し上がってくださり

c0177332_23501793.jpg

初めて食べる、、というホタルイカと新玉ねぎのパスタも喜んでくださった。

嬉しい。

c0177332_23494843.jpg

隣どうしに座らせた幸せカップルは

ずぅ~~~と手を重ねていたのを私が見つけて

みなさんから、、わぁ!!と羨望の声が。

メンバーが次々、結婚し妊娠の朗報もあり

今日のデザート、幸せ感あふれるデコレーションのように

c0177332_23551468.jpg

ちなみに今日のテーブルセッティングのお当番は

幸せオーラいっぱいのM恵さんでした。

c0177332_00044680.jpg


しみじみWhite Laceはパワースポットを実感しました。




by whitelacenonyo | 2017-03-26 23:58 | クッキングサロンで | Comments(10)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧