タグ:旅 ( 30 ) タグの人気記事

Parisの日常 明と暗・・・

Parisの日常は幸せに満ちた人々だけではなかった・・・

私は

毎朝、カフェで

簡単朝食をするため近所に出かける、

Jacob通りには、車道を挟んで左右に狭い歩道がある。

c0177332_21325097.jpg
(Jacob通り)

通勤の人たち、散歩をする人、観光客などが歩いている。

アパルトマンを出て左に歩くと

歩道には物乞いする、夫婦と3~4才位の男の子の家族三人が

座り込んでいます。


「ボンジュール、マダム」と手を差し出す母親。

ちらっと見ると夫はやせ細り、絶望した哀しみの表情、

妻はいつからお風呂もシャンプーもしていないだろうと

思われる絡みつき固まった伸び放題の髪の毛。

衣服も破れ褪せた色、

c0177332_21340350.jpg
(妻はお花屋さんに目を留めることがあるのでしょうか、、、)

どこの国から、、と私の乏しい記憶から判断してみた、

シリアかしら、、

一日目は私は戸惑って素通りしてしまった。

c0177332_21332600.jpg

二日目、通りに出ると昨日の場所の反対側の歩道に家族で物憂げに座っている。

僅かばかりのお金を取り出し、

私は多分強張った顔で

「ボンジュール、、」と言いながら、ぎこちなく彼女の手に、、渡した。

「メルシー、、マダム」と母親が言う。


その翌日、私の姿を見つけた男の子が、駆け寄ってきた。

アパルトマンを出るとき手に用意していた、わずかのユーロを渡した。

c0177332_21334578.jpg
(あの男の子はこの店を見ることがあるのでしょうか、、)

その後、私は毎日出かけますが、

通りに出て、行き先が右もあれば左もある、、


右に数メートル歩いて、気がつき振り返ると

男の子は母親の膝で寝転んでいた、、

Parisでは

いろいろな場所で物乞いする人々や

着古した服で道路にうずくまっている姿をあちこちで目にした。

テレビで報道される祖国を逃れ苦難の末にやっと辿り着いた

難民でしょうか、

駆け寄ってきた男の子に未来はあるのでしょうか?



Parisの日常は明と暗が隣り合わせ、、、です。









by whitelacenonyo | 2017-08-16 21:32 | Paris にて | Comments(4)

Parisで見かけた日常風景


カフェ、公園、バス停、レストランで、

見かけた

パリジャンやエトランゼたち。

c0177332_20473187.jpg

コートの色と、着こなしと寄りかかる姿が素敵!


c0177332_20303996.jpg

シガーがお似合いの二人は

サン・ジェルマン・デュプレ

c0177332_20352603.jpg

レ・ドゥ・マゴウで、道行く人を眺めながら、、、


別の日、アパルトマンからブラブラ

ひとり歩き

五分も歩かないうちに

パリ芸術大学です。

c0177332_20433757.jpg
(画像お借りしました))

エコール・デ・ボザール

ここでモネやシスレー多くの画家や彫刻家が学んだという。

c0177332_20342564.jpg

学士院と芸術橋

ポン・デザール(芸術橋)の欄干に

愛の約束?の南京錠は取り払われておりましたが

見上げた先の照明灯に南京錠が!

c0177332_20274009.jpg

どのようにして取り付けたのかかしら、、

ブキニストを、のぞきながら

c0177332_20364247.jpg

ポン・ヌフを歩き、目指すは静かな

DAUPHINE広場


五年前、Lさんが

イヴモンタンを偲ぶ、、と

案内してくださった三角形広場

c0177332_20315512.jpg

パリジャンが

静かに読書したり家族で寛いでいた。

c0177332_20330863.jpg


昔、船長だったのかしら?

c0177332_20323523.jpg

帽子と髭がお似合いのムッシュゥは

数人と

真剣にペタンクを楽しんでいました。

その後ブラブラ歩いて

シテ島のノートルダム大聖堂へ。

c0177332_20380932.jpg

テロがあったにもかかわらず、大勢の観光客

民衆の力はテロに屈しない、光景でした。

サンルイ島まで脚を伸ばすつもりが、

疲れて、、

アパルトマンに戻りました。

パリの日常、明と暗、、、は明日に続きます。



by whitelacenonyo | 2017-08-15 20:28 | Paris にて | Comments(6)

ムール貝なら、Léonでしょ

Léon de Bruxelles - Saint Germain

ムール貝で名高いレストランですよね~~

ボン・マルシェへ一人でぶらぶらした後

メトロでサンジェルマンデュプレの

Mabillon駅で降り、階段を上がったら

目の前に

Léonが!!

c0177332_20461141.jpg

出発前、夫が

「ムール貝を食べるの?」って聞いたから

「もちろん!」と答えたのを思い出し

レオン、忘れていた!!

Paris最後のランチはここだわぁ~~

オレンジ色が濃い小さなムール貝

一人前のお鍋に多分60個くらい入っているかしら、、

c0177332_20464609.jpg

貝殻をフォーク代わりにして貝をつまむ

食べても食べてもまだあるムール貝

パクパク、パク

セロリの香りがなお良い。

c0177332_20475933.jpg
(貝殻入れです)

ベルギービールの喉ごしも良く

フレンチフライポテトもたっぷり

バゲットも!もう降参状態

目的達成でした。


一人であちこちで食事したParis、、、

しつこくアップいたします・・・



by whitelacenonyo | 2017-08-10 20:51 | Paris にて

Parisの朝はカフェから始まります

アパルトマンは6区のRue jacobです。

*****

右か左に

1~2分歩くとカフェがある。

c0177332_22452637.jpg

毎朝、素顔のまま?2軒のどちらかで

カフェ(エスプレッソ)またはカフェクレームと

c0177332_22444517.jpg

クロワッサンの朝食をカウンターか、テーブル席でとります。

パリにいるんだぁ~~の醍醐味を味わう時間です。

カフェのムッシュゥとも顔なじみなって

c0177332_22455289.jpg

ア・リ・ガ・ト・ウって日本語で言ってくれます。


ある日早く行くと、掃除中のおばあさんが床をキレイに拭いいていたり、

これから出勤の工員風のムッシュゥたちが

カウンターでカフェを飲みながら一日のスタートをしています。

それを眺めて私の一日も始まるのです、、



by whitelacenonyo | 2017-08-07 22:56 | Paris にて

Parisの街をあの道この道に、思い出を刻む・・・

kanafrさんがご案内してくださった

リボリ通りからちょっと入った場所の

c0177332_09145596.jpg

ライブラリー風カフェ

CAFE LIVRES

喉が渇いて私はビールを注文

No2くんのお気に入りのカフェだそうです。

c0177332_09152993.jpg

お客が置いていった多くの本が棚に整然と並んでいる。

それらを読みながらお茶をする、、カフェ

c0177332_09155811.jpg

帽子姿のマダムが熱心に本を読んでいます。


いよいよkanafrさんともお別れの時が、、迫ってきます。

3日間、彼女のご案内で

ショッピングも

普段のパリも

感じることができ

充実した

心強い3日間でした。

サンジェルマン・デュ・プレまで

95番のバスで帰る私を

パレロワイヤルのバス停まで見送ってくださいました

名残惜しく

c0177332_09174896.jpg

バスが来るまでお互い別方向を向いて

つい黙してしまいます、、


次はいつお会いできるのでしょう。

30年間日本に帰っていない

kanafrさん

日本で待っている人たちがたくさんいますよ。

是非日本でお会いしましょう!


Parisを楽しむ旅を計画している人は

ナビゲーターの達人

かるぺ・でぃえむ へ

是非アクセスなさることを

お勧めします。


(勝手に広報担当に名乗りを上げたwhiteです)





by whitelacenonyo | 2017-08-07 09:29 | Paris にて | Comments(4)

シャンゼリゼ通りのゲランは美の殿堂

翌日も

kanafrさん、

ご案内くださいます。

162.png169.png162.png

フォーシーズンズ・ジョルジュ・サンクで待ち合わせ

ぶらぶら歩いて

ジャンゼリゼ通りに君臨する

美の殿堂

”GUERLAIN”(ゲラン)

c0177332_14442652.jpg

敷居が高くて今まで素通りでしたが

初めて入りました!!

ゴージャスの極みでしょうか、、

ライティング ディスプレイ 

c0177332_14453830.jpg

Parisならではエスプリに、ため息が出ます。

オーデ・パヒューム

c0177332_15493689.jpg


地下のレストランでお茶かランチをしましょう、、

c0177332_15550729.jpg

時間が早すぎて、、、開店時間はまだまだ、、

後ろ髪が引かれます。

フォーブルサントノーレをブラブラ

エリゼ宮の門が偶然開き

ちらっと中が見えました。

c0177332_14525928.jpg


(TVで、映画で見た記憶が、、)

マンダリンオリエンタルホテルで

c0177332_14543335.jpg

ティータイム休憩

ボージュ広場で

サーモンのクラブハウスサンドイッチのランチ

kanafrさんご提案

「量が多いから1人前を二人で、、ね」

c0177332_15011953.jpg

この量です!お腹いっぱい。

紅茶の店

DAMMANN fréres


マリアージュ・フレールより

歴史が古く1662年創業

風格がありますねぇ

c0177332_15123641.jpg

私は

ネーミングと香りに魅了され

Noël Paris,

購入

その後マレまで歩き

名所、Merci、、

ここ、買うもの何もなし、、見るだけ

裏通りで見つけた小さなショップで

c0177332_15362763.jpg

ティーカップを買いました。


つづく、、、



by whitelacenonyo | 2017-08-03 16:12 | Paris にて | Comments(8)

TGVの快適さとポール・ボキューズ中央市場

パリ~フランス南東部リヨンへ行くのは

パリリヨン駅から(あ、あややこしい)

TGV(新幹線)で2時間

LYON PART DIEU

到着。


c0177332_11110812.jpg

日本の新幹線との大きな違いは

2時間ノンストップ

車内放送車内販売は一切なし。

売店があり、食べるコーナもある。

一等車の一人座席も快適

車窓に見えるのはどこまでも続く広い畑、牛や山羊の放牧

フランスが農業国ということを実感した。

さて

ノートルダム大聖堂を後にして

是非訪れたかった場所、

食の殿堂

Les Halles de Lyon Paul Bocuse

ポール・ボキューズ中央市場

築地場内市場も圧巻ですが

ここはフランスリヨン

c0177332_11124476.jpg

おしゃれさで圧巻です。

フロマージュがフランス人にとって重要なことも納得。

野菜のデイスプレイ、

サラミや生ハム

鮮魚(これはちょっと新鮮さに欠けますね)

ランチタイムも過ぎようとして、、お腹が減った、、

レストランも賑わっています。

c0177332_10481778.jpg

目に止まったここ、私を惹きつけました

*****

メニューに

フォアグラとトリュフのラビオリ?

食べねばならないでしょ。

c0177332_10430157.jpg

クリームのソースが濃厚

c0177332_10442840.jpg
(ラビオリの中、茶色はフォアグラ、黒い粒々はトリュフ)


ブルゴーニュの赤ワインに魅かれるも

喉がカラカラ、、白ワインを~~

ウゥゥゥ~~~

濃厚、美味

黒トリュフの香りが私を酔わせる、、



by whitelacenonyo | 2017-07-31 11:14 | Paris にて

さようならParis、またいつの日に、、

いよいよParisとお別れ、、

アパルトマンにタクシーが来て、

Parisの友人が見送りに来てくださり、

感激。

乗り込んだのが17時、

いつもParisの街を去る時は、涙が出ます。

今回も雨と一緒に私の瞳も雨粒、、


途中大渋滞、心配だったがさすがベテランドライバー、

到着後余裕のチェックイン

c0177332_09563330.jpg

ラウンジで、シャンパンと、オードブル、フロマージュを楽しみ

搭乗。

c0177332_09530156.jpg

ほとんど満席。

シャンパンを飲みながら機内Wi-Fi。

ところがつながらない、、

乗務員のお手を煩わせ、成功しました



by whitelacenonyo | 2017-07-27 07:23 | Paris にて | Comments(10)

Paris 五日目 パレロワイヤルとパッサージュ

Paris五日目

一人旅の自由を満喫しています。

起きるのも自由、予定無しの思いついた場所に

ぶらりと足の向くまま、気の向くまま、、

Parisに来たら必ず散歩する


パレロワイヤル

木々はもう、紅葉を初めていました。

c0177332_02251069.jpg

静謐なお昼前のひととき、噴水の音だけを聞いているひと、

考え事をしている人、、

c0177332_02185367.jpg

東京では先ず、見ることが出来ない光景です。。

ギャルリーヴィヴィエンヌで出会った日本人ご夫妻に

一人旅ゆえの叶わぬ写真をお願いしましたら、

お上手じゃなくて、

c0177332_02201355.jpg

寒い日でしたのでストールグルグル巻きの私、

かえって嬉しい、、

その後老舗デパート

ボンマルシェのLa Tableでランチ

多分三越本店のよう、、

c0177332_02534634.jpg

お買い物のマダムたちの御用達でしょう。

c0177332_02530045.jpg

白ワインとスパイシーなガスパチョが美味しくて、、

ヘビーな赤ワインを買っていましたので

フォアグラのテリーヌやアンチョビ入りのオリーブを調達。

明日は早いので、これが夕食です。


明日はリヨンへTGVで日帰りの旅へ、、




by whitelacenonyo | 2017-07-21 02:28 | Paris にて

Paris、二日目の出来事(急襲)

Parisでの私の料理の先生はマダムヴォージェルです。

初めて彼女に習ったのは、

20年くらい前でしょうか、、

その後

Parisを訪れるたびにアパルトマンの料理教室に通いました。

彼女は絵に描いたような品の良いフランスマダムです。

もちろん今回もレッスンを受けたいと思い連絡を取りましたが

私のミスで電話が通じなく途方にくれていました。


これでは今回の旅の成功が叶わぬ、、

部屋番号も電話もわからないと言う全く

無謀且つ、可能性は、ゼロに近い状態ですが

行動を起こさないと実現できないと言う私のポリシーで

住所だけを頼りにタクシーに乗り、

アパルトマンを

急襲!

インターフォンを押すも応答無し、、(当然)

それでも押し続け、ボージェル、ボージェルと言い続けました。

すると!!!

ムシュウ・ヴォージェルが笑顔で現れたのです。

あ、あ、神さま。

私はこれほど神様に感謝したことはありません。

マダムボージェルのトレードマークの優しさ溢れる笑顔

私の喜びは頂点に達し、ハグとビズは二人で涙、涙。


素敵な部屋のインテリアのテーブルには

三人分のセッティングがなされています。

あれ??レッスン?

「いえ、お食事をご一緒する大好きなお友達がいらっしゃるの」

と、さりげなくセッティングを増やします(私のために)

c0177332_03521502.jpg

マダムのお料理、ワイン、デセール、フロマージュ

c0177332_03535226.jpg

楽しい会話と美味しいお料理を

c0177332_03544906.jpg

急襲した甲斐あって?

至福の時間でした。

c0177332_03560350.jpg

c0177332_03565936.jpg

c0177332_03580821.jpg
ゲストは駐在時の
マダムの教え子でした。
今回は
ルノートル、リッツエスコフィエで
お菓子の勉強にParisを訪れていたそうです。
素晴らしい出来上がりと、
最高の味のミルフィユが登場!
拍手喝采。
c0177332_03591306.jpg

食事中、マダムが優しく

「Nさん、明日は何か予定はありますか?」

「何も予定はありませんフリーです」

「それでは明日いらして下さい。レッスンをします。」

ワァ、今回は、約束をしていないので

レッスンが受けられないと残念と思っていましたから

明日のレッスン参加できるのなら今回のParisは最高だわぁ。。

思いがけない、

お誘いなので嬉しく加えて頂くことに、いたしました。

ところが、、

今日、仰天してしまいました。








by whitelacenonyo | 2017-07-18 04:16 | Paris にて

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧