タグ:食材 ( 150 ) タグの人気記事

大和芋で磯辺揚げ


今夜の夕食には買っておいた大和芋をすりおろして

久しぶりに磯辺揚げを作りました。

c0177332_20553517.jpg

店頭には大和芋と長芋がありますが

私はねっとりした大和芋の方を買います。

とろろ汁を作ったり、

千切りにして二杯酢をかけ、もみ海苔やおかかを乗せたり、、

でもやはり、磯辺揚げが一番好きですね。

長芋をすりおろしてではサラサラしてまとまらず

磯辺揚げはできませんのでやっぱり大和芋に軍パイが上がります。


どちらも皮をむくとき絶対に手を濡らさずに、、

濡らした手で芋を触るとかゆくなって不愉快。

本当は自然薯が一番ですが、、なかなか売っていない。




by whitelacenonyo | 2017-03-21 20:56 | 食卓のつぶやき | Comments(4)

お皿の上も春いろ花畑

ご機嫌よくレッスンが続いております。

c0177332_08541308.jpg

メンバーになって4ヶ月目のM保さん。

「フルーツのカットをどうしたらいいですか?」

「マスカルポーネのディップをつけるながら食べますから、

お好きに切っていいのよ、、

「え~~困りますぅ少し見本を・・」

「ではね、高低差をつけたほうが素敵に見えますよ。」

私が見本をカットしました

「はい!」

苺やメロン、パイナップル、オレンジなどを

美しく可愛くカットします。

c0177332_09242751.jpg

彼女があまりに楽しそうなので

手の空いた人たちも参加して

カットして素敵に盛り付けました。

マスカルポーネチーズをアレンジした美味しいディップを

つけながらいただきます。

c0177332_23235362.jpg


ガラスのプレートの上には春のお花畑です。

c0177332_09264893.jpg

クリストフルのスプーンとフォークで召し上がっていただきます。

みなさん少女のように頬を染めて・・・



by whitelacenonyo | 2017-03-15 09:06 | クッキングサロンで | Comments(0)

アボカドと鯵でレッスン

3月のサロンレッスンも終盤に差し掛かっております。

Newグループにはアボカドの

熟成度の見分け方

種の取り方などをレクチャーします。

c0177332_09261965.jpg

アボカドのココットは手間をかけず

10分ほどで調理し、

オーブントースターで10分弱入れて

表面に焦げ目をつけるだけ。

出来上がって熱々をフゥフゥ・・・

お口へ。

”わぁ!!美味しい〜”

生で食べることの多いアボカドに火を通すと

特別な味になるレシピ

c0177332_09262936.jpg

鯵のマリネはフレッシュなローズマリーの香りとともに

マリネする時間は45分ほどでできます。

(皮をむいたり、中骨を取り除く手間はかかりますよ)


このほかは

c0177332_09484586.jpg

新人参のガーリックサラダ

c0177332_09453584.jpg

ライスコロッケ、

c0177332_09425651.jpg

焼き菓子の基本マドレーヌなどなど




by whitelacenonyo | 2017-03-13 09:52 | クッキングサロンで | Comments(6)

きな粉と抹茶と黒胡麻で

二月の最終レッスンでした

これを準備して

FBに

さて何を作るのでしょうか、、

c0177332_21301020.jpg

ヒントはデザートです

って投稿しましたら、、

”お◯ぎですか?”

コメントをいただき想像もしていなかった。


なるほど

きな粉と抹茶と黒胡麻なら

おはぎかも、、と思うのは当然でしょう。

が、、

イタリア料理のデザートがおはぎでは、、、ミスマッチ?


マスカルポーネのジャパニーズ風です。

ミレニアムの(2000年)の年にシドニーで

新年を迎えた折、

有名シェフの(名前は忘れた・・)レストランで

食べたデザートからヒントを得て

試行錯誤で作った

とろけるデザートです。



by whitelacenonyo | 2017-02-26 21:37 | クッキングサロンで | Comments(4)

レッスン用のパンをゴミと一緒に出してしまった今朝・・

”可愛いハンバーガー”は

お子さんのお弁当にも重宝する、、と

レッスンしています。

c0177332_22265661.jpg
これを作るはずだった・・・

昨日高島屋のフォションとペックで

2種類のパンを買った、、


昨日の午後高島屋から届いた数々の食材は冷蔵庫に入れ

パンは冷蔵庫より

袋のまま廊下に置いておこう、、

ところが今朝、ゴミ捨ての時

その袋もゴミ袋と一緒にスタコラサッサ、地下室のドラムの中にポイッ!

レッスンの準備をしていてパンが見つからない。

探せど探せど見つからない。大変だ!

c0177332_22283421.jpg

近所のスーパーが開くのと同時に買いに行くと柔らかいふわふわのパンしかない。

急場しのぎにそれを買って作ったけれど

見るも無残な可愛くないハンバーガーが出来てしまった(汗)、、

あ、あ

心優しきメンバーたちは

文句一つ言わない。

本当の可愛いハンバーガーは来月のレッスンの時に作っておいて

お渡ししますね〜〜〜

c0177332_23033134.jpg

それでも他のレシピではこのように素敵に出来上がり

美味しい!って言ってくださりホッとしました。




by whitelacenonyo | 2017-02-21 22:46 | クッキングサロンで | Comments(12)

麻布十番の日進ワールドデリカテッセンへ・・・

春一番が吹いた暖かい一日でした。

薄手のコートを着て

レッスンの食材買い出しのため

麻布十番へ。

c0177332_23015310.jpg

日進ワールドデリカテッセンスーパーマーケットは

広尾のナショナル麻布スーパーマーケットと並んで

外国食材が豊富に揃えている。

外国駐在員の夫人たちやお手伝いさんたちが

買い物に来ている。

サロンではアンチョビフィレを大量に?使うため

大瓶に入っているものを買う。

今日は麻布永坂更科本店で

c0177332_23023253.jpg

長年の経験で

スーパーマーケットへ行く時は無駄なものを買わないように

お腹を満たしてから・・

お蕎麦を食べて

日進スーパーマーケットへ。






by whitelacenonyo | 2017-02-17 23:07 | 街の情景 | Comments(6)

イタリアは楽しいショートパスタがいっぱい!!

フランスの家庭料理と

イタリア料理

時々家庭で楽しめる和食をレッスンしている

Cooking Salon White Laceです。

イタリア料理の定番

パスタは今や国民食?と思われるほど喜ばれますよね。


ロングパスタはスパゲティーニ、リングイネ

カッペリーニ、タリアテッレ

etc・・・


イタリアという国はユーモアのある国だと私は思う・・

見るだけでも楽しいショートパスタが数々あります。

フィスリ

c0177332_20175176.jpg



ペンネ、

c0177332_20120308.jpg

リガトーニ
c0177332_20102538.jpg

ファルファッレ、

c0177332_20124663.jpg

コンキリエは一般的に知られていますが

c0177332_20073755.jpg

ヴェスビオ

c0177332_20253958.jpg

可愛いでしょ。

c0177332_20082277.jpg

ヴェスビオ火山の噴火を形取ったそう。


カゼレッチェ


c0177332_20213030.jpg

日本ではS字マカロニと言われて

c0177332_20240587.jpg

切り口がS字になっている。


トルキエッティ

c0177332_20385971.jpg

ペンネに似ていますが

溝が多くて濃厚なソースが溝に入りこみ美味しい。


これは初めて見た

スプニョーレ

c0177332_20312367.jpg

見るも、複雑な型でしょ

ブーリア州の契約農家栽培されたBioの小麦粉のみを使用し

ブロンズ製の鋳型でこの複雑な溝に抜いて乾燥させたパスタ


クリーミーなソースやトマトソースに合う

これは一昨日アップしましたが、、

c0177332_20335264.jpg

ツナ缶入りのトマトソースにしてみましたら

茹で加減もベストでしたので

まぁ!美味しいこと。

メンバーの皆さまは

喜んでくださいました。

・・・というわけで、

パスタあれこれでした。



by whitelacenonyo | 2017-02-07 20:44 | クッキングサロンで | Comments(4)

スプニョーレという珍しいパスタを使って2月レッスン始まり

2月のレッスン始まりました。

珍しいショートパスタを見つけましたので

早速レシピを作り上げて

昨日のレッスンです。

テーブルセッティングのお当番は

A恵さんです。

c0177332_22285308.jpg


プレートはシックなウェッジウッドの

グレン・ミストを選びました。

プレースマットトのコントラストがいいですね~

c0177332_22234885.jpg


スプニョーレ

c0177332_22240650.jpg

ブーリア州の農家がBioで栽培した小麦粉を使い

ブロンズの射型で抜いた、複雑な形。

ツナ缶とトマトソースを絡ませましたら

茹で加減も絶妙で波打つ溝にソースが絡み

美味しくできました。



by whitelacenonyo | 2017-02-05 22:32 | クッキングサロンで | Comments(4)

築地場内市場の飯田水産とマグロの内藤

ブログ仲間でいつもコメントを下さる

”かるぺ・でぃえむ”のkanaさんから

『築地市場へ行くのは早朝でなければ新鮮なものは手に入らないのでしょうか、、』

と、コメントをいただきました。

全くその通りです。少し出遅れると

新鮮な魚介類は手に入りません。

c0177332_09581529.jpg

その上、馴染みの店とお互いの信頼関係を築くことです。

度々私のブログに登場する

飯田水産

飯田社長自ら店まで連れて行ってくださって紹介された

『マグロの内藤』

c0177332_09582344.jpg

マグロを全てサクと刺身にして売っています。

これは築地でも珍しい売り方です。


しかし、、、

マグロの内藤という店は場内でもあちこちにありますが

ここ、「マグロの内藤」は別格のマグロが

目を見張るうっとりするような

美しいマグロが整然と店頭に並んでいます。

私はトロと中トロ赤身が少しずつ入っているものを買って、

それぞれの味を楽しみます。

口に含むとマグロの良い香りとともにとろけます。

***

築地場内市場のことを少しお話ししましょう。

早朝、プロの料理人や小売の魚屋さんが買い付けに行きます。

その人たちは気に入ったものを

手で直に選り分けて買うため、良いものは残っていないこともある。

つまり残り物だったりするのです。

残り少ないものは私は買いたくないので

馴染みの店では「新しいのあるかしら?」と言うと奥から

「今朝競り落としたものがあるよ」と言って出してくれます。

飯田水産では

三枚おろしにした刺身用の鯛や平目があるにも関わらず

こちらが新しいから、、とわざわざ一尾を三枚におろしてくれます。

”海老の亀福”ではピンピンはねる海老を選り分けて入れてくれ、

必ずおまけを数匹入れてくれています。









by whitelacenonyo | 2017-01-31 10:08 | 築地市場 | Comments(8)

ピカールのムール貝のクリーム煮も・・・


引き続きピカールで買ったムール貝。

袋を開けてみると思ったより多い量でした。


今夜ワインのお供として半分をレンジでチン・・と

c0177332_23240018.jpg

もう半分はフライパンで温めてみた。

あら

美味しい!

c0177332_23281807.jpg

レシートを捨ててしまっていたので


価格は忘却です・・

美味しいのです。

これでパスタを作ってみたい、、、

またピカールへ行って

オマール海老や

ポアロのキッシュも買ってみよう。



by whitelacenonyo | 2017-01-27 23:32 | 食卓のつぶやき | Comments(6)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white
プロフィールを見る
画像一覧