雛祭りはちらし寿司で・・


今日は雛祭り。
久しぶりにお客様をお迎えして夕食を・・・
c0177332_2365535.jpg


雛祭りならやはり彩り豊かなちらし寿司。
c0177332_239162.jpg

何よりも車海老は華やかに。
干し椎茸が味わい深く煮上がり、レンコンの酢加減もよい、よい
築地市場、八百屋「山伝」のスナップエンドウは
何ともいえない甘味と味の濃さにうっとりする。

夫の実家にも送りましょう。
c0177332_23101486.jpg

準備万端整えて、ワインも冷えています
c0177332_23125585.jpg

おみやげにいただいた、京都祇園、亀屋清永の雛菓子が雅です。
c0177332_23132652.jpg

Commented by shinn-lily at 2012-03-03 23:26
おとなのお雛様パーティー開催だったのですね。
なんといっても三ツ星ちらし寿司があれば、最高のお集まりになりますね。

我が家も海苔巻きで雛祭りをやりましたよ。
来年も母が元気で、こうして雛祭りをやりたいと話しあいました。
クリスマスより雛祭りが好きなのです。
日本の行事を大切にしたいですね。
Commented by ihoko at 2012-03-04 03:31 x
・・・もしかしてこれって一人用の火鉢ですか?
Commented by whitelacenonyo at 2012-03-04 09:56
lilyさま
一人だけのお客様でした。
じっくり,お話がしたかったし、夫の実家へ送るものもアレコレ作らなければならなかったから・・・
夫の後輩である彼女は江戸時代の話を聞きたがり、夫も話していました。
私は夫の知識に驚いた次第です。
ちらし寿司より海苔巻きの方が手間がかかりますよね。
Commented by whitelacenonyo at 2012-03-04 09:57
ihokoさま
そうです。火鉢です。明治時代のもののようです。
普段は植木鉢のカバーに使い、こうしてワインクーラーにも。
Commented by uransuzu at 2012-03-04 10:14
ご主人さまのご実家へ、ちらし寿司を送られるなんて、素敵なお話しですね。
(私は、すぐ横なので持っていきましたが)
お寿司の具材には、何が入っているのか、興味深々です。

↑ 火鉢のワインクーラー、私も真似してみたいです❤
Commented by whitelacenonyo at 2012-03-04 10:41
uransuzuさま
具材は穴子の白焼き、干し椎茸を煮たもの、人参を千切りしてさっと茹で、レンコンの薄切りを甘酢で煮含めたものです。
(ちょっと手抜き)

それらを混ぜ合わせ、錦糸卵を散らし、スナップエンドウを飾り、
ピチピチはねる車海老を静かにさせておしゃれをさせました。
便利な宅急便で今日の夕飯に間に合うようですよ。
Commented by kanafr at 2012-03-05 09:31
宴の日のワインクーラーの火鉢、とても素敵ですねぇ。
美味しいお料理と、ご主人様のお話、最高のおもてなしですね。

ご主人様のご実家にお夕飯に間に合うようにちらし寿司を贈られるなんて、素敵なお話だわぁと感動しましたが、同時にやはり日本は便利だなあとも思いました。

Commented by whitelacenonyo at 2012-03-05 21:36
kanafrさま
火鉢のワインクーラーは氷も沢山入って重宝しています。

夫はどちらかというと無口ですから、得意分野で本領発揮させることが
大切だとやっと最近気がついた私です。(遅すぎですよね)
冷蔵で宅急便を出すと傷まなくて,無事到着。便利な日本です。
Commented by mimosahappy at 2012-03-06 00:01
海老が豪華でおいしそうなちらしずしですね!
食器のブルー&ホワイトと、本家の火鉢が仲良く違和感なく
コーディネートされていて、素敵です♪
Commented at 2012-03-06 00:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by whitelacenonyo at 2012-03-06 16:24
mimosahappyさま
あら!いわれて気がつきました。色の統一、
ブルー&ホワイトでした。
いつもありがとうございます。
Commented by whitelacenonyo at 2012-03-06 16:25
鍵コメ様、
早速!!それはそれは、、、
皆さん喜ばれたことでしょう。
益々,株が上がりますね。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2012-03-03 23:18 | 季節 | Comments(12)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white