寒くなったら鮭の粕汁を

日の暮れるのも早く

寂しく感じることもあり・・・

そういう日は温かい粕汁を作りましょうか、、、

c0177332_10291385.jpg
(灰汁を取りながら煮ている状態)

秋鮭が店頭に並んでいますが

築地で買う北海道産薄塩の紅鮭を冷凍にしています。

里芋も、大根、牛蒡人参、、あります!

こんにゃくは買ってきました。

野菜を丁寧美しく切りそろえ

ゴボウの灰汁を取り、さっと茹でザルにあげて、、

こんにゃくは手でちぎり塩で揉み

熱湯でさっと湯がく。

*****

出汁を引いて

鍋に入れて

下準備した材料を入れて灰汁を丁寧に取りながら

柔らかくなるまで煮る。

福光屋の”加賀鳶”の酒粕はペースト状で使いやすのですよ。

c0177332_10332867.jpg


酒粕と味噌を溶かしながら加え、

香りが飛ばない程度に火を入れて

c0177332_10292266.jpg

さぁ!熱々をふうふうしながら、、

日本人の食の豊かさを実感します。






Commented by kimanba at 2018-11-10 12:01
いつもいつも思うのは
whitelacenonyoさんのお料理の美しさ。
もう何回も書いているから耳にタコでしょうが
あの白みそのお雑煮・・あの美しさの思い出は強烈でした。
この酒粕の美しさでそれを思い出しています。
こんな風に丁寧な下ごしらえとそして、
こういう風にちょっと少な目にお椀に注ぐも大切なのですね。
..............いつもタップリなみなみのkimanbaなもので
Commented by shinn-lily at 2018-11-10 20:44
酒粕は毎年たくさんいただくのですが、これ作ったことがありません。
これ、真似してみます。
内緒で作って母を喜ばせたいです~♬
Commented by whitelacenonyo at 2018-11-10 20:51
kimanbaさま
お褒めの言葉ありがとうございます。
お雑煮、覚えていてくださったのですね、、
福光屋の酒粕はペーストですので使いやすいのですよ。
料理は丁寧に作るとより美味しくなる、、とレッスンで教えていますが
仕事を持った人にとっては、いつも丁寧に作れませんから
たまには丁寧に作ってみるとその差が出ますよ、、と言っています。
盛り付けもたっぷり、、、は家庭的でいいじゃありませんか!
Commented by whitelacenonyo at 2018-11-10 20:55
shinn-lilyさま
粕汁は根菜類をたくさん使いますし、今の時期、秋鮭が出ていますので
美味しくできますよ。秋鮭は生ですから薄く塩をしてペーパーに包んで15分ほど置いておくと
水分が出て魚独特の臭みが取り除けて美味しくできますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by whitelacenonyo | 2018-11-09 10:42 | 季節 | Comments(4)

幸せは、おいしく作る料理から・・・


by white